sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟のことをとことん書いて応援していく、
新潟の新潟による新潟のためのブログです

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指し、
新潟に移住する前、移住を考えるようになるきっかけである朱鷺メッセの展望室からの夜景や古町周辺の街並みを見て感動し「新潟は今後おもしろい街になりそう」と思ったことがこのタイトルの由来です。

「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり、街歩きの起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
それらから派生して水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地
など「新潟のすごいところ」を紹介・応援をし、他の多くの人にも新潟に興味を持ってもらえる、新潟がおもしろいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマも募集しています。
記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2018/11/24

政令市で都会の新潟市

新潟県の主要駅

大成功の新潟市BRT

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)



  

2019年01月28日

【アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)】その2 静岡県 沼津市「ラブライブ!サンシャイン!!」C 沼津市 沼津駅構内、沼津駅南口・北口、ラッピングバス

【C 沼津市 沼津駅構内、沼津駅南口・北口、ラッピングバス】
numazu-sunshine5-1.jpgnumazu-sunshine5-2.jpg
沼津駅は沼津市の中心駅で東海道本線と御殿場線が乗り入れています。
周辺は沼津市の中心市街地で商業ビルやオフィスビル、商店街、マンションなどが立ち並んでいます。
アニメでは頻繁に登場しています。
駅構内や周辺にはパネルやポスター、コラボカフェ・ショップなどがあり、ラッピングバスも乗り入れ、JR東海の売店キオスクにも地域限定のお土産が販売されているなど駅全体をあげてサンシャインを応援している様子が伺えます。


【目次】
⓪ 作品や聖地などの基本情報
@ 沼津市 内浦地域、伊豆・三津シーパラダイス
A 沼津市 あわしまマリンパーク
B 伊豆の国市 伊豆長岡駅
C 沼津市 沼津駅構内、沼津駅南口・北口、ラッピングバス
D 沼津市 中心市街地、商店街
E 沼津市 沼津港
F お土産、限定グッズ、その他


<駅構内>
numazu-sunshine5-8.jpgnumazu-sunshine5-9.jpg
numazu-sunshine5-10.jpgnumazu-sunshine5-24.jpg
南口の改札口付近には上記のような垂れ幕、2階にある観光案内所入口付近には劇場版のビジュアルを使ったパネルが設置されています。
それと南口改札口付近の売店キオスクにはコラボのっぽパンの広告も貼られています。


<南口駅前>
numazu-sunshine5-3.jpgnumazu-sunshine5-4.jpg
numazu-sunshine5-6.jpgnumazu-sunshine5-5.jpg
numazu-sunshine5-7.jpg
繁華街は南口側にあります。
南口駅前にはコラボカフェ・ショップ「Sun!Sun!サンシャインCafe」があります。


<ラッピングバス・レンタカー>
numazu-sunshine5-11.jpgnumazu-sunshine5-14.jpg
numazu-sunshine5-12.jpgnumazu-sunshine5-13.jpg
numazu-sunshine5-15.jpg
東海バスオレンジシャトル

numazu-sunshine5-17.jpgnumazu-sunshine5-18.jpg
numazu-sunshine5-16.jpgnumazu-sunshine5-20.jpg
numazu-sunshine5-21.jpg
伊豆箱根バス

numazu-sunshine5-23.jpgnumazu-sunshine5-22.jpg
日産レンタカー沼津駅前店のラッピングレンタカー

ラッピングバスは南口側のバスターミナルに集中して乗り入れており、東海バスオレンジシャトルと伊豆箱根バスのラッピングバス数種類が見られます。
伊豆箱根バスのラッピングバスについては今回は残念ながら乗れませんでしたが、1年前に訪問した時に乗った時は運転席がオタク部屋のごとくグッズが大量に飾られていてすごいことになっていました(笑)
また、日産レンタカー沼津駅前店にはSun!Sun!サンシャインCafeとのコラボラッピングレンタカーが1台あり、レンタカーとして利用することができます。


<北口駅前>
numazu-sunshine5-25.jpgnumazu-sunshine5-27.jpg
numazu-sunshine5-33.jpgnumazu-sunshine5-26.jpg
numazu-sunshine5-29.jpgnumazu-sunshine5-28.jpg
numazu-sunshine5-30.jpgnumazu-sunshine5-34.jpg
numazu-sunshine5-31.jpgnumazu-sunshine5-32.jpg
北口側にもアニメで登場するシーンが多く、北口駅舎、バスターミナル、商業ビル「BiVi沼津」、コンベンション施設「プラサヴェルデ」付近、「リコー通り」などがあります。
おそらく冬季限定だと思いますがイルミネーションも設置されています。



アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) 目次
posted by あおはな at 08:05 | Comment(0) | アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

【アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)】その2 静岡県 沼津市「ラブライブ!サンシャイン!!」B 伊豆の国市 伊豆長岡駅

【B 伊豆の国市 伊豆長岡駅】
numazu-sunshine4-1.jpg
「伊豆長岡駅」は伊豆の国市の中心地域であり温泉街でもある伊豆長岡地域(旧伊豆長岡町)の最寄りの駅(厳密には伊豆長岡地域にある駅ではないとのこと)で、伊豆箱根鉄道駿豆線が乗り入れています。
1日に数本東京駅から直通の特急「踊り子」も乗り入れています。
アニメでは第2期第2話で伊豆長岡温泉が登場、3rdシングル「HAPPY PARTY TRAIN」のPVには当駅が登場しています。
駅舎や構内にはサンシャインの装飾やパネルの設置、グッズの販売などがされており、見どころが満載です。

駿豆線内ではラッピング車両も走っていますが、これについては残念ながら時間の都合上撮影できなかったので次の機会に必ず撮影しに行きたいと思います。


ちなみに、新潟県にも長岡市があるのでとても親近感が湧きますね。



【目次】
⓪ 作品や聖地などの基本情報
@ 沼津市 内浦地域、伊豆・三津シーパラダイス
A 沼津市 あわしまマリンパーク
B 伊豆の国市 伊豆長岡駅
C 沼津市 沼津駅構内、沼津駅南口・北口、ラッピングバス
D 沼津市 中心市街地、商店街
E 沼津市 沼津港
F お土産、限定グッズ、その他


<駅舎>
numazu-sunshine4-1.jpgnumazu-sunshine4-2.jpg
numazu-sunshine4-3.jpg
駅舎は3rdシングル「HAPPY PARTY TRAIN」がテーマの装飾がされています。


<バス・バス停>
numazu-sunshine4-7.jpgnumazu-sunshine4-8.jpg
numazu-sunshine4-5.jpgnumazu-sunshine4-6.jpg
当駅からもバスで伊豆・三津シーパラダイスへアクセスできます。
バス停には聖地へのアクセスの際に分かりやすくキャラクターがプリントされています。
伊豆箱根バスのラッピングバスも乗り入れています。


<駅構内>
numazu-sunshine4-9.jpgnumazu-sunshine4-10.jpg
numazu-sunshine4-11.jpgnumazu-sunshine4-12.jpg
駅構内には高海千歌ちゃんのパネル、メッセージボード、足跡帳、垂れ幕などが設置されています。
売店のヤマザキショップにはサンシャインの地域限定グッズも販売しています。


<駅周辺>
numazu-sunshine4-4.jpg
伊豆長岡温泉は当駅からは離れたところにあります。
温泉まんじゅうなどを販売している土産物店がいくつかあります。



アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) 目次
posted by あおはな at 05:36 | Comment(0) | アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

【アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)】その2 静岡県 沼津市「ラブライブ!サンシャイン!!」A 沼津市 あわしまマリンパーク

【A 沼津市 あわしまマリンパーク】
numazu-sunshine3-1.jpg
「あわしまマリンパーク」は内浦地域の海に浮かぶ小さな島「淡島」全域を水族館、飲食店、ホテルなどで構成している施設です。
島への入場には入場料金が必要になり、船着場付近の入場券販売窓口で入場券を購入し、連絡船に乗って島へ入場することになります。
アニメでは第1期第1話から登場しており、島内にある「カエル館」や「淡島神社」、「淡島ホテル」、「BlueCave」などの様々なスポットや施設がアニメで登場しています。
当記事ではアニメで登場したシーンはもちろん、ラッピング船やキャラクターのパネル、ポスターなどの紹介もしていきます。

ちなみに、新潟県にも小さな島「粟島」があるためすごく親近感が湧きますが、ここでの「あわしま」は漢字で「淡島」と書きます。


【目次】
⓪ 作品や聖地などの基本情報
@ 沼津市 内浦地域、伊豆・三津シーパラダイス
A 沼津市 あわしまマリンパーク
B 伊豆の国市 伊豆長岡駅
C 沼津市 沼津駅構内、沼津駅南口・北口、ラッピングバス
D 沼津市 中心市街地、商店街
E 沼津市 沼津港
F お土産、限定グッズ、その他


<本土側船着場>
numazu-sunshine3-2.jpgnumazu-sunshine3-3.jpg
numazu-sunshine3-4.jpgnumazu-sunshine3-5.jpg
numazu-sunshine3-7.jpgnumazu-sunshine3-6.jpg
上の写真のように、島に入る前からサンシャインの装飾であふれており見どころ満載です。
サンシャインのオリジナル陶器を作成できるデコレーション工房もあります。
この船着場付近に入場券販売窓口があり、そこで入場料を支払って入場券を買います。


<連絡船「Aqours丸」>
numazu-sunshine3-8.jpgnumazu-sunshine3-9.jpg
numazu-sunshine3-10.jpgnumazu-sunshine3-12.jpg
numazu-sunshine3-11.jpgnumazu-sunshine3-13.jpg
連絡船は船全体にサンシャインのラッピングがされており、「Aqours丸」という愛称がつけられています。
船外船内ともに見どころが満載ですので海に転落しないように気をつけながらぜひ歩き回って見てほしいです。
ただし乗船時間は片道約3分しかないのでご注意。撮影したいところはサッと撮ってしまいましょう。
また、島側には小原鞠莉ちゃんのラッピング船「シャイニー丸」も停泊しています。


<島内のスポット・施設>
numazu-sunshine3-14.jpgnumazu-sunshine3-16.jpg
淡島水族館です。



numazu-sunshine3-17.jpgnumazu-sunshine3-18.jpg
numazu-sunshine3-19.jpg
カエル館です。
世界中の様々な種類のカエルが展示されており、展示数は日本国内で最大級だそうです。
アニメでは松浦果南ちゃんの自宅兼ダイビングショップのモデルになっており、第1期第1話から登場しています。


numazu-sunshine3-21.jpgnumazu-sunshine3-22.jpg
numazu-sunshine3-23.jpgnumazu-sunshine3-24.jpg
淡島神社です。
島の山の山頂に神社があり、そこにたどりつくためには傾斜のキツイ階段をただひたすら上る必要があります。
僕は少し急いで上ったので上り終えた頃にはヘトヘトになりました(笑)
アニメでは第1期第4話で登場しています。


numazu-sunshine3-36.jpgnumazu-sunshine3-37.jpg
numazu-sunshine3-38.jpg
BlueCaveです。
短いトンネル内に青い電飾を飾り付け、青く光るトンネルを作り出しています。
アニメでは第2期第10話で登場しています。


<その他>
numazu-sunshine3-33.jpgnumazu-sunshine3-34.jpg
numazu-sunshine3-35.jpgnumazu-sunshine3-40.jpg
numazu-sunshine3-41.jpgnumazu-sunshine3-30.jpg
numazu-sunshine3-27.jpgnumazu-sunshine3-28.jpg
numazu-sunshine3-29.jpg
パネルやポスター、垂れ幕、Aqoursウォーター!を販売している自動販売機、ちょうちんなどが島内のいたるところにあります。



アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) 目次
posted by あおはな at 00:18 | Comment(0) | アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

【アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)】その2 静岡県 沼津市「ラブライブ!サンシャイン!!」@ 沼津市 内浦地域、伊豆・三津シーパラダイス

【@ 沼津市 内浦地域、伊豆・三津シーパラダイス】
numazu-sunshine2-4.jpgnumazu-sunshine2-7.jpg
ラブライブ!サンシャイン!!(以下「サンシャイン」)のメインの舞台となる沼津市内浦地域の聖地巡礼です。
アニメに登場したシーンや2ndシングル「恋になりたいAQUARIUM」にも登場した水族館「伊豆・三津シーパラダイス」などの関連する施設を中心に紹介していきます。



【目次】
⓪ 作品や聖地などの基本情報
@ 沼津市 内浦地域、伊豆・三津シーパラダイス ←今ココ
A 沼津市 あわしまマリンパーク
B 伊豆の国市 伊豆長岡駅
C 沼津市 沼津駅構内、沼津駅南口・北口、ラッピングバス
D 沼津市 中心市街地、商店街
E 沼津市 沼津港
F お土産、限定グッズ、その他


【内浦地域の位置】
numazu-sunshine0-9.pngnumazu-sunshine0-8-2.png
左:沼津市全体地図 右:内浦地域の地図
左の全体図の@Aで囲った部分が内浦地域です。
沼津駅からは10km以上離れたところにあります。


【沼津駅からバスに乗って内浦地域へ】
numazu-sunshine2-0-3.jpgnumazu-sunshine2-0-2.jpg
沼津駅南口駅前の8番のバス停(キャラクターがプリントされているバス停)から発車するバス(東海バスオレンジシャトル)に乗って内浦地域へ。
当記事の次の記事で紹介する「あわしまマリンパーク」の最寄りのバス停までは約32分(距離は約11km、運賃710円)かかりました。
上の写真のようにラッピングバスが来ることがあり、このバスでは内浦地域に入る少し前から高海千歌ちゃん(CV.伊波杏樹さん)による元気いっぱいなアナウンスがされますのでぜひ乗ってみてほしいと思います(ラッピングバス以外のバスと内浦地域以外の区間では通常のアナウンスになります)。


【内浦地域】
numazu-sunshine2-1.jpgnumazu-sunshine2-2.jpg
numazu-sunshine2-3.jpgnumazu-sunshine2-8.jpg
内浦地域は海に沿って形成された街で、海岸の道路沿いには住宅や個人商店、旅館、水族館などが立地しています。
アニメでも上の写真の道路沿いの様々なスポットが頻繁に登場します。


<アニメで登場したスポット>
Anumazu-sunshine2-3.jpgBnumazu-sunshine2-5.jpg
Cnumazu-sunshine2-6.jpgDnumazu-sunshine2-4.jpg
A:三津三差路
アニメやシングルのPV内などでよく登場するスポットです。
B:松月
第1期第6話で初登場する和洋菓子屋さんです。
C:安田屋旅館
高海千歌ちゃんの実家のモデルとなった旅館です。
D:沼津大瀬湾内めぐりのりば
Cの安田屋旅館の近くにあります。こちらもアニメの中で頻繁に登場します。


【伊豆・三津シーパラダイス】
numazu-sunshine2-7.jpgnumazu-sunshine2-11.jpg
「伊豆・三津シーパラダイス」は伊豆箱根鉄道が運営する水族館です。通称「みとしー」。入場料金は大人2,200円です。
日本で2番目に歴史が長く、日本で初めてイルカ、セイウチ、ラッコの飼育を行ったそうです。
サンシャインでは2ndシングルのPVで初登場し、アニメ第2期第4話にも登場しています。
セイウチをモチーフにしたマスコットキャラクター「うちっちー」もアニメなどで登場しています。




<バス停>
numazu-sunshine2-9.jpgnumazu-sunshine2-10.jpg
伊豆箱根バスのバス停です。
伊豆長岡駅方面のバスが発着しています。


<水族館館内>
Anumazu-sunshine2-16.jpgBnumazu-sunshine2-15.jpg
Cnumazu-sunshine2-18.jpgDnumazu-sunshine2-19.jpg
Enumazu-sunshine2-17.jpg
A、B:イルカの海
バンドウイルカが泳いでいます。
C、D:当作品とのコラボイラスト
2ndシングル「恋になりたいAQUARIUM」の衣装を着たキャラクターのイラストが貼られています。
E:館内マップ


<セイウチ(うちっちー)>
numazu-sunshine2-14.jpgnumazu-sunshine2-13.jpg
numazu-sunshine2-12.jpg
この水族館の見どころのひとつであり、「うちっちー」のモチーフでもあるセイウチです。
セイウチと触れ合うことのできるイベントもあります。


<お土産コーナー>
numazu-sunshine2-21.jpgnumazu-sunshine2-22.jpg
numazu-sunshine2-20.jpgnumazu-sunshine2-23.jpg
お土産コーナーには水族館オリジナルのグッズがたくさん売られていますが、サンシャインの限定グッズも売られています。
また、上の写真のような展示品やキャラクターのパネルなどの設置もされています。



アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) 目次
posted by あおはな at 20:36 | Comment(0) | アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

【アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)】その2 静岡県 沼津市「ラブライブ!サンシャイン!!」⓪ 作品や聖地などの基本情報

【その2 静岡県 沼津市「ラブライブ!サンシャイン!!」】
numazu-sunshine0-1.jpgnumazu-sunshine0-3.jpg
numazu-sunshine0-2.jpgnumazu-sunshine0-4.jpg
沼津市は静岡県の伊豆半島を含む静岡県東部地域にある人口約19万人の都市で、東部地域における中心都市でもあり、沼津港を抱える港町として発展した都市です。
当記事では沼津市が聖地である「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場した地域やシーン、関連する施設やスポットを紹介しつつ、当ブログのテーマと逸脱しないように新潟との関連性や沼津の街から学ぶべきところ、取り入れるべきところなども書いていきます。
(訪問日:2018年12月28日・29日)



【目次】
⓪ 作品や聖地などの基本情報
@ 沼津市 内浦地域、伊豆・三津シーパラダイス
A 沼津市 あわしまマリンパーク
B 伊豆の国市 伊豆長岡駅
C 沼津市 沼津駅構内、沼津駅南口・北口、ラッピングバス
D 沼津市 中心市街地、商店街
E 沼津市 沼津港
F お土産、限定グッズ、その他


【ラブライブ!サンシャイン!!とは】
アスキー・メディアワークス、ランティス、サンライズの3社によるスクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」シリーズの第2弾。
前作同様、現実とアニメをリンクさせた活動を展開しています。
2015年2月26日から企画が開始、2015年6月30日にアイドルグループ「Aqours」が結成、2016年7月2日にテレビアニメ第1期放送開始、2017年10月7日にテレビアニメ第2期放送開始、2019年1月4日には劇場版の上映が開始されました。
2018年には東京ドームや海外での公演やNHK紅白歌合戦へ出場するなど、前作の「μ's」にも負けないくらいの勢いになってきています。

また、アニメでは静岡県沼津市内浦地域などが主な舞台になっており、高海千歌ちゃんをはじめとする架空の私立高校浦の星女学院の生徒9人でスクールアイドルグループ「Aqours」を結成、物語の途中で発覚した廃校の危機に陥った学校の存続、そしてラブライブ!の優勝を目指して活動していきます。


【沼津市の位置】
numazu-sunshine0-9.png
沼津市の位置と聖地巡礼した場所。
上記【目次】の地域に該当の番号を地図上に記載しています。


【沼津市へのアクセス】
numazu-sunshine0-5.jpgnumazu-sunshine0-6.jpg
左:えきねっと経由で購入したきっぷ 右:東海道新幹線改札口にEX-ICカード(モバイルSuica)をタッチすると出てくるEXご利用票
我らが新潟市からは、新潟駅から約2時間上越新幹線で東京駅へ、そこから東海道新幹線に乗り換え、ひかりで約45分、こだまで約56分で三島駅へ、さらにそこから東海道本線に乗り換え約4〜8分で行けます。
東京方面から上野東京ライン(東海道本線)の直通便も1日数本あり、その場合は東京駅から約2時間で行けます(ただし、Suicaエリアが熱海駅まで、TOICAエリアがその隣の函南駅からである関係上、Suicaでは沼津駅まで通しで行けないので直通便1本で行きたい場合は紙の切符が必要です)。

今回は日照時間の短い冬季(なるべく明るい時間帯の風景を撮影したいため)に2泊3日で複数の聖地へ訪れる都合上、時間短縮のため上越新幹線と東海道新幹線を利用して行きました。
新潟駅からJR東日本のえきねっと「お先にトクだ値35」を利用して通常の乗車券+新幹線指定席特急券の料金(10,570円)の35%安い料金で上越新幹線で東京駅へ、東京駅からJR東海のEX予約を利用して東海道新幹線で三島駅へ行き乗り換えて沼津駅へ行きました。

余談ですが、えきねっととモバイルSuica特急券、EX予約は通常よりも安い料金で新幹線が使えることが多いので積極的に利用することをオススメします。
ただし、えきねっととモバイルSucia特急券はクレジットカードが、EX予約はビューカードなど特定のクレジットカードが必要になります。


【聖地巡礼のルート】

<2018年12月28日>
沼津駅 → A あわしまマリンパーク → @ 内浦地域、伊豆・三津シーパラダイス → B 伊豆長岡駅 → D 沼津市中心市街地、商店街 → C 沼津駅構内、南口 → (「ちびまる子ちゃんランド」のある静岡県静岡市へ) → 沼津市内のホテルで宿泊

<2018年12月29日>
C 沼津駅北口 → E 沼津港 → (「とある」シリーズの聖地 東京都立川市へ)




アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) 目次
posted by あおはな at 15:45 | Comment(0) | アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする