にいがたガイダンス YouTubeチャンネル

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはXもご覧ください。





  

2023年09月22日

【バス旅×列車旅】(2023年9月22日更新)米坂線は鉄道で復旧の方向へ!トイレなし、ウネウネ道でバス酔いしやすい、2時間耐久、だけど景色は只見線や磐越西線にも負けてない!米坂線の坂町駅から今泉駅までの代行バスに乗る!

yonesaka-line20230826-13.jpg
JR米坂線の坂町〜今泉間は2022年8月の豪雨で被災した影響で不通状態となってから1年以上復旧できておらず、現在もバスによる代行輸送が行われていますが、2023年9月8日に「鉄道として復旧する」という方向になりました。
米坂線はかねてより赤字が続いており、輸送密度も1日1000人未満であることなどから、鉄道としての復旧および存続が危うい状況でした。
しかし、米坂線と同時期に豪雨で被災し赤字が続き利用者が少ない青森県の津軽線、被災したわけではないけど赤字が続き利用者が少ない千葉県の久留里線(久留里〜上総亀山間)についてはすでに「存廃の協議」をやっているのに対し、米坂線についてはそのようなことはしておらず、これまでの記者会見などで「復旧」というワードが出るなど状況が異なっていました。
これはもしかしたら鉄道としての復旧はあり得るんじゃないかと思っていましたが、今のところは復旧の方向へ進むようです。

2023年6月3日に米坂線の代行バスに乗車し記事にしたのですが、その時は天気が悪かったので、天気が良かった2023年8月26日に再び代行バスに乗車し、写真を撮り直して来ました。
写真をその日のものに差し替えて、改めて記事を書き直したいと思います。


★記事全文を読む☆
posted by 八七 at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

【日本海美食旅】JR大糸線増便バス

【JR大糸線増便バス】
ooito-bus1.jpgooito-bus2.jpg
「JR大糸線増便バス」は新潟庄内DCの期間中にJR大糸線の糸魚川駅〜南小谷駅〜白馬駅の区間をバスで代行する形で増便運行する取り組みです。
糸魚川市や長野県の大糸線沿線の自治体、地域振興局、JR西日本で構成される大糸線活性化協議会による大糸線の利用促進および沿線地域の活性化への取り組みも兼ねています。
糸魚川バスによる運行ですが、JRの券売機やみどりの窓口などで買えるきっぷや定期券で乗車でき、糸魚川駅〜南小谷駅の区間は各駅前の臨時バス停に停車し、そこから白馬駅まではノンストップで運行します。

この記事ではそのバスから見える大糸線沿線の風景やオススメスポットなどを紹介していきます。



★記事全文を読む☆
posted by 八七 at 05:55 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする