注目の記事

 

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



地域別記事


  

2020年11月20日

【新潟市内路線バス旅】 その6(2020年11月6日) 明日11月21日のダイヤ改正で消滅!BRT・新バスシステム開業後に定期運行開始した深夜便に乗ってみた。・・・あれ?でも乗車人員は結構多いぞ?(BRT 萬代橋ライン)

bustrip-niigata6-1.jpg
新潟駅を発車する電車の最終便は2020年現在JR白新線が23時37分発の新発田行き、JR越後線が23時39分発の吉田行き、JR信越本線が23時46分の新津行きです。


★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 15:33 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

【新潟市内路線バス旅】 その4(2020年10月18日) JR越後線を境に北と南で利用者と本数が大きく異なる W系統のバスにひたすら乗る(W1 有明線、W2 西小針線、BRT 萬代橋ライン、W3 寺尾線、W4 大堀線、W5 小新線)

bustrip-niigata4-12.jpg
今回は主に西区を走る路線にただひたすら乗ってみたいと思います。
西区は中央区に負けないくらい公共交通の利用者が多く、バスの本数も路線にもよりますがそれなりに多いのも特徴です。
特に新潟駅から西大通りを経由して新潟大学や信楽園病院、内野営業所などへ向かう西小針線とそれよりも海側を通る有明線はBRT・新バスシステム開業前からトップクラスの利用者数を誇り、本数も多くなっています。
一方JR越後線よりも南側を通る寺尾線、大堀線、小新線などは同じ西区でもそれらに比べると利用者・本数ともに少なくなっています。


なお、新潟市内路線バスのダイヤ改正が11月21日に行われ、この日からバスの本数が減り、発着時刻も変わってきます。
11月20日以前に乗車したバスの発着時刻については、21日以降は時刻が変わっていたり無くなっていたりするのでご注意ください。


★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 18:48 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

【日本海美食旅】JR大糸線増便バス

【JR大糸線増便バス】
ooito-bus1.jpgooito-bus2.jpg
「JR大糸線増便バス」は新潟庄内DCの期間中にJR大糸線の糸魚川駅〜南小谷駅〜白馬駅の区間をバスで代行する形で増便運行する取り組みです。
糸魚川市や長野県の大糸線沿線の自治体、地域振興局、JR西日本で構成される大糸線活性化協議会による大糸線の利用促進および沿線地域の活性化への取り組みも兼ねています。
糸魚川バスによる運行ですが、JRの券売機やみどりの窓口などで買えるきっぷや定期券で乗車でき、糸魚川駅〜南小谷駅の区間は各駅前の臨時バス停に停車し、そこから白馬駅まではノンストップで運行します。

この記事ではそのバスから見える大糸線沿線の風景やオススメスポットなどを紹介していきます。



★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 05:55 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

【日本海美食旅】「にいがたMaaS Trial」をトライアルしてみた その2 観光循環バス1日乗車券で新潟市内観光【新潟開港150周年】

【その2 観光循環バス1日乗車券で新潟市内観光】
niigatamaas2-3.pngniigatamaas2-10.png
この記事では実際に観光循環バス1日乗車券を購入して、観光循環バスに乗車して新潟市内観光をした様子を載せていきます。



【にいがたMaaS Trial】
niigatamaas1.jpg
「にいがたMaaS Trial」は新潟庄内DCの期間中にJR東日本が新潟市内で実証実験をしているウェブアプリの観光型MaaSです。
「MaaS」とは Mobility as a Service の略で、単純に「マース」とも読み、運営主体を問わず情報通信技術を活用することにより、自家用車以外のすべての交通手段による移動を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動」の概念です。
要するに、これにより、ひとつのスマートフォンで交通・観光案内の検索や閲覧、観光循環バス1日乗車券の支払いと発券、レンタカーの予約、飲食店チケットの支払いと発券ができるようになるということです。
ウェブアプリなのでアプリをダウンロードする必要はなく、全てブラウザ上でできます。
なお、実証実験ということで名称の後ろに「Trial」が付いています。

今回この にいがたMaaS Trial を使い、観光循環バスを利用して新潟市内観光をしたり、ほろ酔いチケットを購入して美食の街古町花街で美食を食べたり、それにより獲得したぽんしゅ館の福引券を使ったりしたので、それらについて詳しく書いていこうと思います。


<目次>
その1 サービスを簡単に紹介・会員登録
その2 観光循環バス1日乗車券で新潟市内観光
その3 ほろ酔いチケットで美食の街古町花街の美食旅
その4 ぽんしゅ館で日本酒の利き酒・レンタカーの予約



★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 05:47 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする