sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



地域別記事


  

2020年12月04日

【バス旅・新潟県外の街】バスに乗ってバスを応援!(高速バス編) その3 高速バス新潟−仙台線に乗って仙台と松島へGOTOトラベル【東北・新潟応援!絆キャンペーン】

highwaybus-sendai24.jpg
11月12日に高速バス新潟−仙台線に乗って仙台へ行きました。
本数は普段は深夜便も含め1日8往復運行しており、これは県外高速バスの中では新潟−東京線に次いで2番目に多い本数になっています。
料金は日によって変動し、料金設定は5段階あり、最大で片道5,500円、最小で3,900円になっており、最も利用者が多い土曜日と休日は料金が高くなる傾向にあります。
ちなみに今回乗った便は4,300円でした(前回10月31日にも山形経由で仙台へ行きましたが、その帰りに乗った便は5,200円でした)。
所要時間は昼行便が約4時間20分、夜行便が約5時間50分です。

新潟から仙台へ公共交通を利用して行く場合、JR磐越西線を経由して行くと時間がかかる上、料金も少し高いし、新幹線で大宮経由で行くと所要時間は短いけど料金がとても高いので、JRを利用するよりも高速バスの方が料金が安く便利なのは確かです。

この新潟−仙台線について、車内の設備や車窓、途中の休憩箇所などについて書いていきます。
そしてついでに新潟県と東北6県では共同で「東北・新潟応援!絆キャンペーン」という観光キャンペーンをやっているので、仙台市と松島町で観光もしたいと思います。
観光しに行った場所、食べたものや買ったもの、そして今回は宿泊もしたので泊まったホテルについても書いていきます。


【バスに乗ってバスを応援!(高速バス編)】
新型コロナウイルスの影響で新潟県内のバスは厳しい状況になってしまいました。
バス事業は都市内を走る路線バスだけでなく、距離の離れた都市間を結ぶ高速バスもあります。
高速バスにも乗ってバスを応援しつつ、ついでに行った先で観光や宿泊などもして観光業・宿泊業の応援もしていこうと思います。



★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 09:00 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

【バス旅】バスに乗ってバスを応援!(新潟市編) その6(2020年11月6日) 明日11月21日のダイヤ改正で消滅!BRT・新バスシステム開業後に定期運行開始した深夜便に乗ってみた。・・・あれ?でも乗車人員は結構多いぞ?(BRT 萬代橋ライン)

bustrip-niigata6-1.jpg
新潟駅を発車する電車の最終便は2020年現在JR白新線が23時37分発の新発田行き、JR越後線が23時39分発の吉田行き、JR信越本線が23時46分の新津行きです。
そのうち、JR越後線沿線地域(と新潟駅〜古町〜市役所前の沿線地域)においては、JR越後線の最終便よりも遅く新潟駅を発車するバスが存在します。
それが23時42分発と0時12分発のBRT萬代橋ライン西部営業所行きの2本と0時10分発のW20西小針線内野営業所行きの1本です。

これらは深夜便と呼ばれ、元々BRT・新バスシステム開業前に、たしか西小針線で12月と1月の忘年会・新年会シーズン限定で1日1本運行していたものだったと思いますが(記憶が曖昧なので間違えてるかもしれません)、BRT・新バスシステム開業後、萬代橋ラインの2本も加わり、合計3本毎日定期運行されるようになりました。
運賃は深夜特別運賃ということで通常の2倍かかりますが、それでもタクシーよりは安いのは明らかです。
この深夜便のおかげでJR越後線の終電に乗り遅れても、上越新幹線東京駅発車の最終便に乗って24時ごろに新潟駅に到着しても、まだバスが運行しているので新潟駅前〜古町〜市役所前の沿線とJR越後線沿線に住んでいる人にとってはとても便利です。
(萬代橋ラインでは新潟駅から小針駅の付近まで、西小針線では新潟駅から内野西が丘駅の付近まで行けます。)

しかしながら、これも新型コロナの影響により11月21日のダイヤ改正で消滅してしまうことになりました。
というわけでこの深夜便がなくなってしまう前に乗ってみようと思い、11月6日に乗ってみました。
せっかくなので「夜遅くまで繁華街の居酒屋でお酒を飲んで、最終便に乗って自宅に帰る」というていでやってみようと思います。



【バスに乗ってバスを応援!(新潟市編)】
新型コロナウイルスの影響で新潟市内のバスもピンチに陥ってしまいました。
バスは自分が普段移動の足としてよく利用する公共交通ですし、今後も、そして高齢者になってもずっと使い続けていきたいので、こんなところで利便性が低下してしまっては困ります。
というわけでバスを応援していこうと思い、これからしばらくの間ただひたすら新潟市内のいろいろな路線に乗って応援していこうと思います。
しかし、ただふつうに乗るだけではおもしろくないので何かテーマを決めて乗ることにしたいと思います。
新潟市外および新潟県外の人でも分かりやすくなるように乗車ルートや運賃、所要時間、遅延があったかどうか、沿線の見どころなども書いていきます。

運賃精算については乗り換えの時に割引が適用される「りゅーと」や期間限定で販売されている新潟市内の対象エリア内の路線バスが1日乗り放題になる「ぶらばすチケット」などがありますが、今回は基本的にそれらは使いません。
割引などは一切ありませんが、ネットがつながればクレジットカード精算でいつでもチャージでき、乗車履歴の確認もできて便利な「モバイルSuica」を使いたいと思います。


<目次>
その1(2020年9月5日) BRT開業5周年ということで、BRT系統とC系統のバスにひたすら乗る(BRT 萬代橋ライン→C2 浜浦町線→C3 信濃町線→青山循環線→BRT 萬代橋ライン→C1 県庁線→C8 新大病院線)
その2(2020年9月11日) いろいろな路線に乗り換えながら港の周りを大きくぐるっと回る(C6 八千代橋線→C4 東堀通線→C5 西堀通線→E1 臨港線→みなと循環線(Negiccoバス)→C7 柳都大橋線)
その3(2020年9月11日) 新潟駅から朱鷺メッセや佐渡汽船、そして新潟空港とを結ぶ公共交通はあったほうが良いと思う(佐渡汽船線、E2 空港・松浜線、空港リムジン線)
その4(2020年10月18日) JR越後線を境に北と南で利用者と本数が大きく異なる W系統のバスにひたすら乗る(W1 有明線、W2 西小針線、BRT 萬代橋ライン、W3 寺尾線、W4 大堀線、W5 小新線)
その5(2020年11月4日・6日) 衰退している古町にトドメを刺したのはBRTではなくイオンモール!BRTはむしろ街の再生・発展に貢献してます!バスに乗って郊外型大規模SCを巡ってみた(BRT 萬代橋ライン、W5 小新線、C3 信濃町線、W7 大野・白根線、S6 長潟線、E4大形線)



★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 15:33 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

【バス旅】バスに乗ってバスを応援!(新潟市編) その5(2020年11月4日・6日) 衰退している古町にトドメを刺したのはBRTではなくイオンモール!BRTはむしろ街の再生・発展に貢献してます!バスに乗って郊外型大規模SCを巡ってみた(BRT 萬代橋ライン、W5 小新線、C3 信濃町線、W7 大野・白根線、S6 長潟線、E4大形線)

bustrip-niigata5-4.jpgbustrip-niigata5-26.jpg
「BRT・新バスシステムが衰退している古町にトドメを刺した」
BRT・新バスシステム開業当初、地元メディアの報道やネットなどでこんな発言を聞くことがよくありました。


続きを読む


【バスに乗ってバスを応援!(新潟市編)】
新型コロナウイルスの影響で新潟市内のバスもピンチに陥ってしまいました。
バスは自分が普段移動の足としてよく利用する公共交通ですし、今後も、そして高齢者になってもずっと使い続けていきたいので、こんなところで利便性が低下してしまっては困ります。
というわけでバスを応援していこうと思い、これからしばらくの間ただひたすら新潟市内のいろいろな路線に乗って応援していこうと思います。
しかし、ただふつうに乗るだけではおもしろくないので何かテーマを決めて乗ることにしたいと思います。
新潟市外および新潟県外の人でも分かりやすくなるように乗車ルートや運賃、所要時間、遅延があったかどうか、沿線の見どころなども書いていきます。

運賃精算については乗り換えの時に割引が適用される「りゅーと」や期間限定で販売されている新潟市内の対象エリア内の路線バスが1日乗り放題になる「ぶらばすチケット」などがありますが、今回は基本的にそれらは使いません。
割引などは一切ありませんが、ネットがつながればクレジットカード精算でいつでもチャージでき、乗車履歴の確認もできて便利な「モバイルSuica」を使いたいと思います。


<目次>
その1(2020年9月5日) BRT開業5周年ということで、BRT系統とC系統のバスにひたすら乗る(BRT 萬代橋ライン→C2 浜浦町線→C3 信濃町線→青山循環線→BRT 萬代橋ライン→C1 県庁線→C8 新大病院線)
その2(2020年9月11日) いろいろな路線に乗り換えながら港の周りを大きくぐるっと回る(C6 八千代橋線→C4 東堀通線→C5 西堀通線→E1 臨港線→みなと循環線(Negiccoバス)→C7 柳都大橋線)
その3(2020年9月11日) 新潟駅から朱鷺メッセや佐渡汽船、そして新潟空港とを結ぶ公共交通はあったほうが良いと思う(佐渡汽船線、E2 空港・松浜線、空港リムジン線)
その4(2020年10月18日) JR越後線を境に北と南で利用者と本数が大きく異なる W系統のバスにひたすら乗る(W1 有明線、W2 西小針線、BRT 萬代橋ライン、W3 寺尾線、W4 大堀線、W5 小新線)
その5(2020年11月4日・6日) 衰退している古町にトドメを刺したのはBRTではなくイオンモール!BRTはむしろ街の再生・発展に貢献してます!バスに乗って郊外型大規模SCを巡ってみた(BRT 萬代橋ライン、W5 小新線、C3 信濃町線、W7 大野・白根線、S6 長潟線、E4大形線)




★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 18:10 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

【バス旅・新潟県外の街】バスに乗ってバスを応援!(高速バス編) その2 仙台行きの高速バス始発便が新型コロナウイルスの影響で空いてるかと思いきや満席だったので、山形経由で仙台へ行くことにしました【東北・新潟応援!絆キャンペーン】

highwaybus-yamagata27.jpg
10月31日に宮城県仙台市で開催されるイベントに行きたかったので高速バス新潟−仙台線の予約をしようと思ったら満席でした。
まぁ1週間前から行こうと決めて予約状況を見たので当たり前なのかもしれませんが、新型コロナの影響で空いているのかと思いきやそうでもなかったようです(でもそれはそれでとても良いことだと思います)。
というわけでもうひとつのルート、高速バス新潟−山形線に乗って山形県山形市を経由して、そこから仙台行きの高速バスに乗って仙台へ行くことにしました。


【バスに乗ってバスを応援!(高速バス編)】
新型コロナウイルスの影響で新潟県内のバスは厳しい状況になってしまいました。
ただ、バス事業は何も都市内を走る路線バスだけでなく、距離の離れた都市間を走る高速バスもあります。
路線バスだけでなく高速バスにも乗ってバスを応援しつつ、ついでに行った先で観光や宿泊などもして観光業・宿泊業の応援もしていこうと思います。



★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 21:21 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

【バス旅・新潟県外の街】バスに乗ってバスを応援!(高速バス編) その1 開設30周年おめでとう!高速バス新潟−長野線に乗って信州観光をしに行った【中央日本四県】

highwaybus-nagano21.jpghighwaybus-nagano37.jpg
10月25日に新潟市と長野県長野市を結ぶ高速バス新潟−長野線に乗車しました。
バス車内や沿線の風景、ついでに観光や飲食、宿泊などもしてきたのでそれについても簡単に書きます。


【バスに乗ってバスを応援!(高速バス編)】
新型コロナウイルスの影響で新潟県内のバスは厳しい状況になってしまいました。
ただ、バス事業は何も都市内を走る路線バスだけでなく、距離の離れた都市間を走る高速バスもあります。
路線バスだけでなく高速バスにも乗ってバスを応援しつつ、ついでに行った先で観光や宿泊などもして観光業・宿泊業の応援もしていこうと思います。



★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 17:55 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする