sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



地域別記事


  

2020年11月25日

【のってたのしい列車】SLばんえつ物語 その8 門鉄デフ仕様のSLばんえつ物語に乗って磐越西線沿線の紅葉を楽しみながら会津若松、そしてついでに郡山までGOTOトラベル【日本海美食旅・新潟庄内アフターDC】

SLbanetsu5-17.jpgSLbanetsu5-20.jpg
今年の10月〜12月は新潟県全域と山形県庄内地域で「新潟県・庄内エリア アフターデスティネーションキャンペーン」(以下新潟庄内アフターDC)が開催されています。
その企画のひとつとして、11月運行のSLばんえつ物語の機関車は通常とは異なる仕様になっています。
以前は夏に乗りましたが、秋の磐越西線沿線の景色を楽しみたいと思い、11月8日にそのSLばんえつ物語に乗車しました。
通常とは異なる「門鉄デフ」仕様の機関車の外観や秋の磐越西線沿線の景色、車内で食べたものなどを載せていきます。


【ばんえつ物語】
「ばんえつ物語」は主に毎週土曜日・日曜日や連休に新津駅から磐越西線を経由して福島県会津若松市の会津若松駅までを往復運行するのってたのしい列車です。
1999年4月29日から運行開始したもので、2019年4月29日でちょうど20周年になります。
普段はSL(C57-180)が客車を牽引して運行しており、「森と水とロマンの鉄道」という愛称の付けられた同区間の阿賀野川や五頭連峰などの風光明媚な景色を眺めながら列車旅を楽しむことができます。

快速列車のため特急料金はかかりませんが、全車指定席なので指定席料金が必要になり、普通車指定席の場合はどの区間でも520円、グリーン車の場合は距離によって変動し最低770円、最高1670円かかります。
(2019年10月1日以降は消費税増税による値上げにより、普通車指定席の場合はどの区間でも530円、グリーン車の場合は距離によって変動し最低780円、最高1700円になります。)

このばんえつ物語について、車両の外観や車内の様子、車内でのイベント、沿線の風景などの記事をこれから順次載せていきます。


<目次>
その1 DLばんえつ物語 車両の外観・車内の様子
その2 DLばんえつ物語 沿線の景色 往路(新津駅→会津若松駅)
その3 DLばんえつ物語 沿線の景色 復路(会津若松駅→新津駅)
その4 完全復活!SLばんえつ物語 車両の外観・車内の様子・グッズなど
その5 完全復活!SLばんえつ物語 沿線の景色 往路 新潟県内区間(新潟駅→新津駅→日出谷駅)編
その6 完全復活!SLばんえつ物語 沿線の景色 往路 福島県内区間(野沢駅→会津若松駅)編
その7 完全復活!SLばんえつ物語 復路(会津若松駅→新津駅)編
その8 門鉄デフ仕様のSLばんえつ物語に乗って磐越西線沿線の紅葉を楽しみながら会津若松、そしてついでに郡山までGOTOトラベル


★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 20:12 | Comment(0) | 列車旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【のってたのしい列車】2020年12月に引退! 現美新幹線 その4 現美新幹線が引退するまでにひたすら乗る B(とき452号自由席、とき451号指定席、ついでにMaxとき306号グリーン車・2020年11月7日・8日)

genbi4-9.jpg
12月の引退までに現美新幹線にひたすら乗ろうと思います。
この記事では2020年11月7日にとき452号自由席、11月8日にとき451号指定席に乗ったときのことを書いていきます。


【2020年12月に引退! 現美新幹線】
genbi1-1.jpggenbi1-2.jpg
現美新幹線は上越新幹線の新潟県内区間である越後湯沢駅〜新潟駅の区間を土日祝日や連休限定で運行するのってたのしい列車で、「世界最速の芸術鑑賞」をコンセプトにE3系車両を改造した車内に芸術作品の展示とキッズスペース・カフェの設置がされています。
乗車(入場)するには通常の新幹線に乗車する時と同じように該当区間の乗車券と特急券を駅の券売機や窓口などで購入して乗るだけで大丈夫です。
自由席特急券の場合は芸術作品やカフェがある12〜16号車、指定席特急券の場合はそれらに加え指定席車両の11号車にも乗車できます。

2016年4月から運行していましたが、車両の老朽化により2020年12月末に引退することになりました。
当ブログではこの車両の外観や車内の様子、グッズ、車内での過ごし方など様々な記事を出していきます。



<目次>
その1 車両の外観・車内の様子・売店販売商品など
その2 現美新幹線が引退するまでにひたすら乗る @(とき452号指定席、とき453号指定席・2020年9月12日)
その3 現美新幹線が引退するまでにひたすら乗る A(とき454号びゅう旅行商品、とき455号指定席・2020年10月10日)
その4 現美新幹線が引退するまでにひたすら乗る B(とき452号自由席、とき451号指定席・2020年11月7日・8日)
その5
その6 いろいろな駅で撮影した現美新幹線(新潟駅、燕三条駅、長岡駅、浦佐駅、越後湯沢駅、大宮駅、上野駅、仙台駅)



★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 17:59 | Comment(0) | 列車旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

【列車旅】トキてつ×ほくほく×大糸線 駅スタンプラリー2020 その5 ほんとだ、JR西日本とJR東日本で格差がすごい路線 JR大糸線(2020年9月28日)

stamp-ooito25.jpg
今年のトキてつ×ほくほく×大糸線 駅スタンプラリーではJR大糸線南小谷駅が新しく追加されました。
大糸線は糸魚川駅から長野県方面へ伸びる路線で、沿線には姫川が流れており、山、川、田んぼといった田舎の風景が眺められます。
また、糸魚川駅〜南小谷駅間はJR西日本が、南小谷駅〜松本駅間はJR東日本が管理・担当しており、JR西日本区間とJR東日本区間で利用者が大きく異なることから、それぞれ走っている車両や本数などにも大きな違いが見られるところも特徴です。

この記事では沿線の風景の写真を載せつつ、JR西日本区間とJR東日本区間の違いについても紹介したいと思います。



【トキてつ×ほくほく×大糸線 駅スタンプラリー2020】
stamp-hokuhoku0.jpgstamp-tokitetsu.jpg
えちごトキめき鉄道と北越急行では駅を巡ってスタンプを集めるスタンプラリーイベントを実施しています。
3回目となる今回(2020年9月18日〜11月3日)は上記2つの会社の路線に加え、JR大糸線の南小谷駅も加わりました。
スタンプを一定数集めると景品としてオリジナルのバッジがもらえます。

今回はこのスタンプラリーに初めて挑戦してみました。
このブログでは僕がどのようにしてスタンプを集めていったかを紹介しつつ、各路線・駅の沿線の景色や見どころなども紹介していこうと思います。


<目次>
その1 かつて北陸のための首都圏アクセス特急「はくたか」が活躍していた路線 北越急行ほくほく線 前編(2020年9月26日)
その2 結局昔も今も新潟県は北陸に対して良いことしかしていない 北越急行ほくほく線 後編(2020年9月26日・27日)
その3 上越地域の中でも利用者が特に多い一方、スイッチバックの駅や妙高山など見所も多い路線 えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン(2020年9月27日)
その4 のどかな日本海と田舎の風景、トンネルの中にある駅筒石駅など見どころがたくさんあり心が癒される路線 えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン
その5 ほんとだ、JR西日本とJR東日本で格差がすごい路線 JR大糸線(2020年9月28日)



★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 20:07 | Comment(0) | 列車旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【列車旅】トキてつ×ほくほく×大糸線 駅スタンプラリー2020 その4 のどかな日本海と田舎の風景、トンネルの中にある駅筒石駅など見どころがたくさんあり心が癒される路線 えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン

stamp-tokitetsu2-18.jpg
えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインは直江津駅から西のほうへ日本海沿いを通る路線で、トンネル内にホームがある筒石駅や糸魚川市の小さな港町糸能生地域、新幹線の停車駅でもある糸魚川市、北陸道最大の難所であり西日本と東日本の分かれ目でもある親不知などがあります。

スタンプが設置されているのは糸魚川駅、能生駅、筒石駅ですが能生駅と筒石駅はまだ降り立ったことがないので、このスタンプラリーを機に降り立つことになります。
この記事では日本海ひすいラインの沿線の景色や見どころなども紹介します。


【トキてつ×ほくほく×大糸線 駅スタンプラリー2020】
stamp-hokuhoku0.jpg
えちごトキめき鉄道と北越急行では駅を巡ってスタンプを集めるスタンプラリーイベントを実施しています。
3回目となる今回(2020年9月18日〜11月3日)は上記2つの会社の路線に加え、JR大糸線の南小谷駅も加わりました。
スタンプを一定数集めると景品としてオリジナルのバッジがもらえます。

今回はこのスタンプラリーに初めて挑戦してみました。
このブログでは僕がどのようにしてスタンプを集めていったかを紹介しつつ、各路線・駅の沿線の景色や見どころなども紹介していこうと思います。


<目次>
その1 かつて北陸のための首都圏アクセス特急「はくたか」が活躍していた路線 北越急行ほくほく線 前編(2020年9月26日)
その2 結局昔も今も新潟県は北陸に対して良いことしかしていない 北越急行ほくほく線 後編(2020年9月26日・27日)
その3 上越地域の中でも利用者が特に多い一方、スイッチバックの駅や妙高山など見所も多い路線 えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン(2020年9月27日)
その4 のどかな日本海と田舎の風景、トンネルの中にある駅筒石駅など見どころがたくさんあり心が癒される路線 えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン
その5 ほんとだ、JR西日本とJR東日本で格差がすごい路線 JR大糸線(2020年9月28日)



★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 19:30 | Comment(0) | 列車旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

【のってたのしい列車】2020年12月に引退! 現美新幹線 その3 現美新幹線が引退するまでにひたすら乗る A(とき454号びゅう旅行商品、とき455号指定席・2020年10月10日)

genbi3-10.jpg
12月の引退までに現美新幹線にひたすら乗ろうと思います。
この記事では2020年10月10日にとき454号ととき455号に乗ったときのことを書いていきます。


【2020年12月に引退! 現美新幹線】
genbi1-1.jpggenbi1-2.jpg
現美新幹線は上越新幹線の新潟県内区間である越後湯沢駅〜新潟駅の区間を土日祝日や連休限定で運行するのってたのしい列車で、「世界最速の芸術鑑賞」をコンセプトにE3系車両を改造した車内に芸術作品の展示とキッズスペース・カフェの設置がされています。
乗車(入場)するには通常の新幹線に乗車する時と同じように該当区間の乗車券と特急券を駅の券売機や窓口などで購入して乗るだけで大丈夫です。
自由席特急券の場合は芸術作品やカフェがある12〜16号車、指定席特急券の場合はそれらに加え指定席車両の11号車にも乗車できます。

2016年4月から運行していましたが、車両の老朽化により2020年12月末に引退することになりました。
当ブログではこの車両の外観や車内の様子、グッズ、車内での過ごし方など様々な記事を出していきます。



<目次>
その1 車両の外観・車内の様子・売店販売商品など
その2 現美新幹線が引退するまでにひたすら乗る @(とき452号指定席、とき453号指定席・2020年9月12日)
その3 現美新幹線が引退するまでにひたすら乗る A(とき454号びゅう旅行商品、とき455号指定席・2020年10月10日)
その4 現美新幹線が引退するまでにひたすら乗る B(とき452号自由席、とき451号指定席・2020年11月7日・8日)
その5
その6 いろいろな駅で撮影した現美新幹線(新潟駅、燕三条駅、長岡駅、浦佐駅、越後湯沢駅、大宮駅、上野駅、仙台駅)



★記事全文を読む☆
posted by Blue_hana at 12:06 | Comment(0) | 列車旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする