注目の記事


 

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



地域別記事


  

2022年04月21日

【のってたのしい列車】えちごトキめきリゾート 雪月花 その4 雪月花とあいの風とやま鉄道「一万三千尺物語」の初の相互乗り入れ!糸魚川駅、黒部駅、魚津駅で2つの車両の写真撮影をしに行った!

setugekka4-13.jpg
2022年3月21日と25日に雪月花と富山県のあいの風とやま鉄道の観光列車「一万三千尺物語」の相互乗り入れ運転をしていました。
雪月花はこれまでに北越急行ほくほく線乗り入れ、JR大糸線乗り入れ、JR信越本線乗り入れ、長野県のしなの鉄道「ろくもん」との相互乗り入れなど他社線への乗り入れを何回かやっていましたが、あいの風とやま鉄道との相互乗り入れは今回が初めてとなります。
僕は25日が暇だったのと、天気がとても良く、それから富山県は自分の地元ということもあり、せっかくなので相互乗り入れの様子を写真撮影しに糸魚川駅、黒部駅、魚津駅に行ってきました。


★記事全文を読む☆
posted by 八七 at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月16日

【引退する車両】2023年3月に上越新幹線から一足早く引退!E2系新幹線!いわゆる「墓場」は東北新幹線に!「上越新幹線が冷遇されている」と言われる時代はもう終わった・・・! その1 車両の外観・車内の様子

E2kei1-1.jpg
E2系新幹線は1997年3月に東北新幹線で、1998年に北陸新幹線(長野新幹線)(2017年3月に運行終了)で、1999年に上越新幹線で営業運転開始した新幹線車両です。
200系を置き換える目的で投入され、それ以来「JR東日本の新幹線車両」として定着していました。

上越新幹線では1999年の運行開始後、2004年には一時撤退したものの、2013年には運用が復活し、そして2023年3月には運行終了する予定です。
上越新幹線から引退した後は東北新幹線での運用が最後となり、山形新幹線の新型車両「E8系」が2024年以降に導入後、順次E5系に置き換えられて引退する予定になっています。

つまり、この新幹線車両の、いわゆる「墓場」と言われる場所が東北新幹線になるということです。
これまでに引退した新幹線車両の多くは上越新幹線が最後の運用になっていたことから「新幹線車両の墓場」と揶揄されていたようですが、この車両についてはそうではないというわけです。

ちなみに、上記に加え、2023年3月からは上越新幹線で走る車両は全てが新型車両に統一され、E7系の本領を発揮する(設計最高速度275km/hで走る)のは北陸新幹線ではなく上越新幹線で、鉄道の未来を切り開く新幹線の自動運転の試験は上越新幹線で行われているなど、上越新幹線が(あるいは新潟県が)冷遇されていると言われる時代はすでに終わり、今や東北新幹線や北陸新幹線よりも重要な路線になっていると言えるでしょう。


このブログではE2系新幹線について、車両の外観や車内の様子、乗車記、イベント、グッズなどについていくつかの記事に分けて書いていきます。


★記事全文を読む☆
posted by 八七 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月19日

【新潟産の新型鉄道車両】新潟産の新型鉄道車両 宇都宮線・日光線E131系600番台に乗ってみた!

E131kei600-17.jpg
2022年3月12日に栃木県の宇都宮線(東北本線)の小山〜宇都宮〜黒磯間と日光線全線で走る新型鉄道車両E131系600番台がデビューしました。
これは新潟産の鉄道車両で総合車両製作所新津事業所で製造されたものです。
3月13日にこの車両に乗車してきたので、車両の外観や車内の様子などを載せていきたいと思います。★記事全文を読む☆
posted by 八七 at 17:23 | Comment(0) | 鉄道車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月16日

【引退した車両】E127系電車も、JR東日本新潟エリアから引退・・・!

niigatasta-E127kei-1.jpg
E127系電車は1995年に新潟県で登場し、以来115系電車とともに準エースとして活躍し多くの新潟県民を乗せてきましたが、こちらも115系と同じく2022年3月11日にJR東日本新潟エリアから引退しました。


★記事全文を読む☆
posted by 八七 at 11:12 | Comment(0) | 鉄道車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月12日

【引退した車両】115系電車、JR東日本新潟エリアから引退・・・! その1 車両の外観・車内の様子・新津鉄道資料館での展示

115kei1-0.jpg
新潟県では1976年に登場し、それ以来新潟エリアの鉄道車両のエースとして活躍し長年多くの新潟県民や鉄道ファンを乗せてきた115系電車ですが、2022年3月11日に引退しました。
これまでに車両の老朽化が進んでおり順次廃止されていたのですが、新型車両E129系電車への置き換えが進んでいることや新潟駅が2022年6月に全線高架化することなどから残った7編成もまもなく全廃されるだろうという噂を聞いていましたが、なんと事前になんの告知もなく引退となりました。

E4系新幹線や現美新幹線、キハ40系気動車などは事前に告知があり、いろいろなイベントやグッズ販売などもやっていたのになぜ?といろいろ疑問はありますが、そんな115系電車についていくつか記事を作っていきたいと思います。

この記事は「その1 車両の外観・車内の様子・新津鉄道資料館での展示」です。



★記事全文を読む☆
posted by 八七 at 07:20 | Comment(0) | 鉄道車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする