sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろい」とは「興味深い」という意味のことを指します。
新潟県は非常に興味深いところが多いことからこのようなタイトルにしました。

実際に行ってみる・やってみるをモットーに
● 政令指定都市・開港5港の港町・水と土から成る街 新潟市
● 街歩き・街づくり・再開発
● 鉄道・バス・BRT(公共交通)
● 観光地・イベント
● 美食・美酒
● マンガやアニメを中心としたオタク文化
など新潟県に関するおもしろいこと(興味深いこと)について取り上げた記事を載せていきます。
また、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ずこのブログ名とURLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
感想、応援、意見、反論、情報提供など何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なもののみにさせていただくこともありますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。


2020/01/14



sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。

美食乃国新潟



注目の記事

 

地域別記事


  

2020年04月03日

【マンガ・アニメの展覧会】ドラえもん連載開始50周年おめでとう! THE ドラえもん展 NIIGATA 2020

【THE ドラえもん展 NIIGATA 2020】
doraemonten1.jpgdoraemonten2.jpg
「THE ドラえもん展 NIIGATA 2020」は2020年4月1日〜6月7日の期間中、新潟県立万代島美術館で開催のドラえもんの展覧会で、「あなたのドラえもんをつくってください」をテーマに国内外で活躍する28組のアーティストによる芸術作品が展示されています。
これまでに藤子・F・不二雄先生のふるさと富山県高岡市(2018年)と東京(2017年)、名古屋(2018年)、大阪(2019年)の3大都市で開催されてきており、今回の新潟の後は京都でも開催されます。
入場料は一般1,400円、大学生・高校生1,200円、中学生以下無料です。

当記事ではこの展覧会の様子(撮影可能なエリアの一部)と買ったグッズなどについて載せていきます。



★記事全文を読む☆

2020年03月13日

【マンガ・アニメの展覧会】五等分の花嫁展 REVIVAL

【五等分の花嫁展 REVIVAL】
gotoubun1.jpggotoubun2.jpg
「五等分の花嫁展REVIVAL」は新潟市マンガ・アニメ情報館で2020年2月22日(土)〜3月22日(日)の期間中に開催のマンガ作品「五等分の花嫁」の展覧会です。
これまでに東京、大阪、福岡といった大都市で開催されてきており、3月27日には名古屋でも開催される展覧会。
それら大都市と並んで開催される新潟会場へは3月10日(火)に行きましたが、平日でなおかつ流行病による外出自粛ムードが高まる中でもたくさんの来場者で賑わっていました。
この記事では展覧会に行った感想や買ったグッズ、ドリンク、スタンプラリーなどについて詳しく書いていきます。


<基本情報>
会場:新潟市マンガ・アニメ情報館
開催期間:2020年2月22日(土)〜3月22日(日)
入場料:一般1,500円(前売1,300円)、中学生・高校生1,300円、小学生1,000円
関連ウェブサイト:
五等分の花嫁展 公式サイト
新潟市マンガ・アニメ情報館 開催概要



【マンガ・アニメの展覧会】
anime-seichi1-1.JPGanime-seichi1-4.JPG
訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に3年連続で選ばれている新潟市のマンガ・アニメ関連の観光施設「新潟市マンガ・アニメ情報館」と「新潟市マンガの家」をはじめとする県内の各施設で開催されるマンガ・アニメ関連の展覧会ですが、これからなるべくすべての展覧会へ行き、それについての感想や買ったグッズなどについて書いた記事を順次載せていきます。



★記事全文を読む☆

2020年02月25日

【にいがたゆるキャラ】その2 万代シテイPRキャラクター ばんにゃい

【その2 万代シテイPRキャラクター ばんにゃい】
bannyai1.jpgbannyai12.jpg
ばんにゃいは新潟市の万代シテイにかつてあったレインボタワーをモチーフにした猫のキャラクターです。
万代シテイのPRキャラクターとして毎週土曜、日曜、祝日にバスセンターやイベント開催時には会場内の色々なところに登場しています。
子どもたちにとても人気で、「〜にゃい」が口ぐせのばんにゃいの写真をこれからたくさん撮っていき、順次載せていこうと思うにゃい♪

<更新履歴>
2020年2月25日 初投稿


【にいがたゆるキャラ】
新潟県には自治体や地域などをPRするマスコットキャラクター「ゆるキャラ」がたくさんいます。
当ブログでは魅力的でかわいいゆるキャラの写真をキャラクター別に記事を作って載せていこうと思っています。

<目次>




★記事全文を読む☆

2020年02月08日

【にいがたゆるキャラ】その1 SLばんえつ物語マスコットキャラクター オコジロウ&オコミ

【にいがたゆるキャラ】
新潟県には各自治体や地域などをPRするマスコットキャラクター「ゆるキャラ」がたくさんいます。
当ブログではこれまでにイベントなどで撮影してきた魅力的でかわいいゆるキャラの写真をキャラクター別に記事を作って載せていこうと思っています。





 


【その1 SLばんえつ物語マスコットキャラクター オコジロウ&オコミ】
201905tsugawa3-14.jpg
オコジロウとオコミは磐越西線で主に土曜日・休日に運行している「SLばんえつ物語」のマスコットキャラクターでオコジョをモチーフにしています。
上の写真の左がオコジロウ(オス)で右がオコミ(メス)です。
主に新津駅や津川駅、新潟駅などで、臨時列車の運行時や鉄道イベントの開催時などに登場することが多いです。
見た目がかわいいだけでなく、実はオコジロウとオコミは結婚しており、さらに阿賀町の津川駅ホーム上に一戸建ての邸宅を構えているなどうらやましい一面も持っています。

この記事では臨時列車やイベント時に撮影したオコジロウとオコミや駅構内にある邸宅などを載せていきます。


<更新履歴>
2020年2月8日 初投稿(臨時列車「阿賀野川ごっつぉまつり号」、サンタのコスプレをしたオコジロウとオコミ、臨時快速「磐越西線紅葉満喫号」、臨時快速「つがわ狐の嫁入り号」津川駅到着後イベント、ベンチに座っているオコジロウとオコミ、オコジロウの邸宅)


★記事全文を読む☆

2019年09月29日

【アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)】その7 富山県 高岡市 「ドラえもんの作者 藤子・F・不二雄先生のふるさと」 A 万葉線、藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

【A ドラえもんトラム、藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー】
takaoka-doraemon11.jpgtakaoka-doraemon28.jpg
この記事では「ドラえもんトラム」と「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」について書いていきます。


【その7 富山県 高岡市 「ドラえもんの作者 藤子・F・不二雄先生のふるさと」】
富山県第二の都市である高岡市は国民的人気作品「ドラえもん」の作者の藤子・F・不二雄先生のふるさとで、学生時代も高岡市で過ごしてきました。
その高岡市では近年先生のふるさとであることをもっとアピールしようといろいろなことに取り組んでいます。

当ブログではまず高岡市にあるドラえもんスポットや関連施設について2つの記事に分けて紹介していきます。
さらに富山県にはマンガやアニメの聖地が多いことについても触れ、なぜ富山県はアニメの聖地が多いのか、一方で新潟県は多数の漫画家を輩出しているのにも関わらずなぜアニメの聖地がないのかについても考えてみたいと思います。



★記事全文を読む☆