sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地など
「新潟のおもしろいところ」を紹介・応援をし、多くのいろいろな人にも新潟に興味を持ってもらえる、おもしろいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。
なお、たまに新潟県外の地域の記事を出すことがありますが、新潟との関連性が強い内容のものを出していきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/03/24

政令市で都会の新潟市

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

大成功の新潟市BRT

新潟県の主要鉄道駅

新潟県内を走る鉄道車両・鉄道イベント

日本酒王国にいがた

新潟県内の観光地・イベント

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)



  

2019年07月18日

【新潟開港150周年】夏が似合う新潟県の小さな島・粟島の冒険 その1 粟島新潟航路便 高速船 awaline きらら

【夏が似合う新潟県の小さな島・粟島の冒険】
awashima1-4.jpgawashima1-0.jpg
粟島は新潟県北部の日本海に浮かぶ小さな離島で、島全体の自治体が粟島浦村であり、2019年時点で353人の村民が住んでいます。
特に夏休みの時期は観光客が多く訪れる場所で、民宿に泊まり、海水浴や魚釣り、サイクリングなど自然を満喫して過ごす人が多いようです。
粟島へは普段は村上市の岩船港から出るフェリーや高速船に乗れば行けますが、今回は新潟開港150周年記念事業のひとつとして2019年5月25日〜7月21日の期間の土曜・日曜・祝日(6月16日を除く)のみ新潟港と粟島港を結ぶ期間限定航路が1往復運行されているので、7月13日にそれに乗って粟島へ行きました。

その粟島汽船の高速船の様子や航行中の周辺の景色、粟島の風景などを3つの記事に分けて載せていきます。
当記事はその1 粟島新潟航路便 高速船 awaline きららです。


<目次>
その1 粟島新潟航路便 高速船 awaline きらら
その2 粟島(粟島港周辺)の冒険
その3 岩船港行き定期便



【その1 粟島新潟航路便 高速船 awaline きらら】
粟島新潟航路便は1974年(昭和49年)までは定期便として運航しており、その後廃止されたものですが、昨年新潟開港150周年事業のひとつとして、2018年6月29日〜2018年7月20日の平日のみの期間限定で44年ぶりに復活しました。
今年もそれに続く形での期間限定運航が実施されていました。
当記事ではその高速船の外観や船内、船からの景色などを載せていきます。

★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 12:53 | Comment(0) | 新潟開港150周年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

【新潟開港150周年】みんなとみなとでクラフトビーーール! 〜港町150〜 にいがたクラフトビールランド

【にいがたクラフトビールランド】
craftbeerland-1.jpgcraftbeerland-3.jpg
「にいがたクラフトビールランド」は6月21日〜23日に大かま(万代島多目的広場)で開催されたクラフトビールイベントです。
クラフトビール発祥の地でもある新潟のこの会場に全国から28社のブルワリーがブースを出店し、開港150周年にちなんで150種類以上のクラフトビールが販売されていました。

チケット販売所で1杯あたり500円の当日券を購入、あるいはコンビニで前売り券をあらかじめ購入しておいて、別途カップも50円で購入し、各ブースにて飲みたいクラフトビールと引き換えてもらうことで飲めます。
前売り券は1800円で4杯分のものと4000円で8杯+オリジナルグラス引換券セットのものがあります。
僕は事前に4000円のオリジナルグラス付きのものを購入し、当日グラスと引き換えてもらって楽しみました。

当記事では会場の様子と飲んだクラフトビールを載せていきます。


★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 06:45 | Comment(0) | 新潟開港150周年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

【新潟市内のイベント】白根大凧合戦 2019 その2 お祭り広場と街の様子【新潟開港150周年】

【白根大凧合戦・お祭り広場と街の様子】
shironeoodako2019-27.jpgshironeoodako2019-41.jpg
白根大凧合戦は毎年6月上旬に新潟市南区白根地域と味方地域に挟まれた中之口川沿いで開催されるお祭りです。
江戸時代から始まったとされる伝統あるお祭りで、2015年には新潟県無形民俗文化財に指定されています。
今回は新潟開港150周年記念事業のひとつとしての位置付けもされており、開港150周年を祝う大凧もいくつかあげられていました。

当ブログではそのイベントの様子と6月9日に同時に白根の商店街で開催されたイベントの様子および街の様子も載せていきます。
当記事は「その2 お祭り広場と街の様子」の記事です。

<目次>
その1 白根大凧合戦
その2 お祭り広場と街の様子


★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 03:41 | Comment(0) | 新潟開港150周年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【新潟市内のイベント】白根大凧合戦 2019 その1 白根大凧合戦【新潟開港150周年】

【白根大凧合戦】
shironeoodako2019-5.jpgshironeoodako2019-11.jpg
白根大凧合戦は毎年6月上旬に新潟市南区白根地域と味方地域に挟まれた中之口川沿いで開催されるお祭りです。
江戸時代から始まったとされる伝統あるお祭りで、2015年には新潟県無形民俗文化財に指定されています。
今回は新潟開港150周年記念事業のひとつとしての位置付けもされており、開港150周年を祝う大凧もいくつかあげられていました。

当ブログではそのイベントの様子と6月9日に同時に白根の商店街で開催されたイベントの様子および街の様子も載せていきます。
当記事は「その1 白根大凧合戦」の記事です。

<目次>
その1 白根大凧合戦
その2 お祭り広場と街の様子


★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 03:37 | Comment(0) | 新潟開港150周年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

【新潟市内のイベント】東京ラーメンショー in 新潟 2019・新潟レモンサワーの陣 2019【新潟開港150周年】

【東京ラーメンショー in 新潟 2019・新潟レモンサワーの陣 2019】
ramen_lemon_2019-1.jpgramen_lemon_2019-2.jpg
「東京ラーメンショー in 新潟 2019」は2019年6月5日〜9日に万代シテイで開催された全国から8つの名店のラーメンが楽しめるイベントです。
ラーメンは当日チケット売り場で1食800円のチケットを購入してお店に渡すとラーメンと引き換えてもらえます。
今年は富山県の「麺家いろは」、北海道の「らぁめん銀波露札幌」、秋田県の「秋田稲庭中華そばの会」、東京都の「煮干拉麺凪」、「牛骨らぁ麺マタドール」、「SOBAHOUSE金色不如帰」、福島県の「活力再生麺屋あじ庵食堂」、福岡県の「拉麺 久留米 本田商店」の8店舗が出店しています。

これと同時に「新潟レモンサワーの陣 2019」も開催されており、これは8種類のレモンサワーと2種類のノンアルコールのレモンソーダを楽しめるイベントです。
事前に1杯500円、11杯4000円の前売り券をコンビニで購入するか、当日チケット売り場で1杯500円の当日券を購入してブースに渡すと好きなレモンサワーと引き換えてもらえます。
レモンサワーはオリジナルレモンサワー、スウィートレモンサワー、ストロングレモンサワー、ジンジャーレモンサワー、ミントパンチレモンサワー、梅レモンサワー、ブルーマリンレモンサワー、日本酒(笹祝酒造)レモンサワーの8種類、ノンアルコールのレモンソーダは自家製レモンソーダ、レモンコーラの2種類が飲めます。

また、上記以外にもフードメニューのブースや生協のPRブースも設置されていました。

当記事ではそのイベントの様子と購入したラーメンとレモンサワーの写真を載せていきます。


★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 13:45 | Comment(0) | 新潟開港150周年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする