sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。 「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地
など「新潟のおもしろいところ」を紹介・応援をし、他の多くの人にも新潟に興味を持ってもらえる、おもしろいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/03/24

政令市で都会の新潟市

新潟県の主要駅

大成功の新潟市BRT

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

新潟県内の観光地・イベント

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)



  

2019年04月22日

【日本酒王国にいがた】越後長岡蔵開き その1 臨時快速「越後長岡蔵開き号」【新潟県内を走る臨時列車】

【越後長岡蔵開き】
kurabiraki1-1.jpgkurabiraki3-1.jpg
「越後長岡蔵開き」は2019年4月20日に長岡市にある4つの酒蔵(吉乃川株式会社、長谷川酒造株式会社、お福酒造株式会社、朝日酒造株式会社)が同時に蔵開きを開催するイベントです。
長岡市内には県内の自治体で最も多い16の酒蔵があることから全国屈指の酒どころであり、地域の観光資源としても注目されています。そのため、これまでに独自に蔵開きを開催していた吉乃川さんと朝日酒造さんがそれをアピールしよう、盛り上げようと考え、このような複数の酒蔵が蔵開きを同日開催するイベントを発案し、今回初めて開催に至ったとのことです。
イベント内容は各会場で若干異なる部分はあるものの、大体は無料の振る舞い酒の提供、有料での日本酒の試飲、酒蔵や工場内の見学、日本酒や飲食物などの販売が行われていました。
どの会場もたくさんの人で賑わっていたため、大成功のイベントだったのではないかと思いました。
また、新潟駅〜長岡駅・宮内駅・来迎寺駅の区間の臨時快速列車や各酒蔵間を結ぶシャトルバスも運行されていました。
当ブログではその臨時快速列車と各酒蔵のイベントの様子を5つの記事に分けてお見せしていこうと思います。

<目次>
その1 臨時快速「越後長岡蔵開き号」
その2 吉乃川株式会社「吉乃川蔵開き2019」
その3 長谷川酒造株式会社「長谷川酒造蔵開き2019」
その4 お福酒造株式会社「お福酒造蔵開き2019」
その5 朝日酒造株式会社「蔵フェス2019in朝日山」


【その1 臨時快速「越後長岡蔵開き号」】
kurabiraki1-1.jpgkurabiraki1-6.jpg
kurabiraki1-2.jpgkurabiraki1-3.jpg
kurabiraki1-5.jpgkurabiraki1-4.jpg
kurabiraki1-7.jpgkurabiraki1-9.jpg
kurabiraki1-8.jpgkurabiraki1-15.jpg
kurabiraki1-12.jpg
「越後長岡蔵開き号」は当イベントに合わせて運行していた臨時快速列車です。
車両は115系一次新潟色を使用し、全車指定席で、新潟駅〜長岡駅・宮内駅(吉乃川さん、長谷川酒造さん、お福酒造さんの最寄駅)・来迎寺駅(朝日酒造さんの最寄駅)の区間を往復運行していました。


kurabiraki1-10.jpgkurabiraki1-11.jpg
往路の車内では無料で4つの酒蔵の振る舞い酒が提供されていました。


kurabiraki1-13.jpgkurabiraki1-14.jpg
今回行きも帰りも当列車を利用し、行きは宮内駅で下車、帰りは来迎寺駅から乗車しました。



日本酒王国にいがた 目次
新潟県の主要駅・鉄道車両・イベント 目次
posted by あおはな at 01:11 | Comment(0) | 新潟県の主要駅・列車・鉄道イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

【春満開!】分水駅の夜桜と臨時快速「夜桜Shu*Kura」【新潟県内を走る臨時列車】【新潟県内のイベント】

【分水駅の夜桜と臨時快速「夜桜Shu*Kura」】
2019bunsuiyozakura10.jpg2019bunsuiyozakura1.jpg
分水駅は燕市にある越後線の駅で、吉田駅よりも南西方面にあります。
近くには信濃川からの洪水を防ぐために作られた大河津分水路があり、その川沿いには約2600本の桜の木が植えられライトアップされた夜桜も楽しめる上、同時期にその川沿いで「分水おいらん道中」というお祭りも開催されているため、毎年多くの観光客で賑わっているようです。

今回はその大河津分水路の桜ではありませんが、分水駅にも桜が植えられており、夜には桜がライトアップされます。
そして4月10日・11日には新潟駅〜分水駅を信越本線、弥彦線、越後線経由で臨時往復運行する「夜桜Shu*Kura」(普段は週末などに上越妙高駅〜十日町駅・越後湯沢駅・新潟駅の区間を往復している「越乃Shu*Kura」)とその分水駅のライトアップされた夜桜が同時に楽しめるということで分水駅まで行ってきました。


<分水駅>
2019bunsuiyozakura6.jpg2019bunsuiyozakura2.jpg2019bunsuiyozakura4.jpg
2019bunsuiyozakura1.jpg2019bunsuiyozakura5.jpg2019bunsuiyozakura3.jpg
2019bunsuiyozakura9.jpg2019bunsuiyozakura7.jpg2019bunsuiyozakura8.jpg
まずは列車が停車していない時の夜の分水駅の様子から。
この期間中は駅前で飲食物の販売も行われています。


<分水駅の夜桜と夜桜Shu*Kura>
2019bunsuiyozakura10.jpg2019bunsuiyozakura11.jpg
2019bunsuiyozakura14.jpg2019bunsuiyozakura17.jpg
2019bunsuiyozakura15.jpg2019bunsuiyozakura16.jpg
2019bunsuiyozakura13.jpg2019bunsuiyozakura12.jpg
ライトアップされた夜桜と越乃Shu*Kuraの車両がマッチしていて一段とカッコよく見えますね。
この車両を使った分水駅までの臨時列車は昨年が初めてで、それ以前はNO.DO.KAを使用していましたが、他の方が撮った写真を見て比べてもShu*Kuraの車両の方が夜桜に合っていると思いました。


<夜桜Shu*Kura>
2019bunsuiyozakura18.jpg2019bunsuiyozakura21.jpg2019bunsuiyozakura22.jpg
2019bunsuiyozakura19.jpg2019bunsuiyozakura23.jpg2019bunsuiyozakura24.jpg
行きは普通列車で行きましたが、帰りは夜桜Shu*Kuraに乗って帰りました。
車内は通常の越乃Shu*Kuraと同じように楽しめます。
それと、この列車が停車していた2番線ホームでは日本酒「分水さくらの酒」が販売されていたのでお土産として買いました。
この日本酒には大河津分水路沿いに咲いている本物の桜の花が添付されていて、これをお酒のぬる燗に入れると花びらが開いて桜の香りも楽しめるお酒に変わります。






新潟県の主要駅・列車・鉄道イベント 目次
新潟県内の観光地・イベント 目次
posted by あおはな at 06:50 | Comment(0) | 新潟県の主要駅・列車・鉄道イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

【春満開!】日本三大夜桜 第94回 高田城百万人観桜会 その1 臨時快速「高田お花見号」【新潟県内を走る臨時列車】

【第94回 高田城百万人観桜会】
「高田城百万人観桜会」は日本三大夜桜のひとつ上越市高田地域にある高田公園で毎年4月上旬〜中旬(今年は4月1日〜15日)に開催されるお花見イベントです。
この高田公園とその周辺には約4000本もの桜の木が植えられており、期間中は約3000個のぼんぼりが設置され、夜にはライトアップがされるなど美しい夜桜が楽しめることから、東京の上野恩賜公園、青森の弘前公園と並ぶ日本三大夜桜のひとつとされており、毎年県内外からの多くの観光客で賑わっています。
当ブログでは高田公園の昼の様子、夜の様子はもちろんのこと、期間中のうち4月6日・7日・13日・14日に新潟駅〜高田駅間を臨時で運行する快速列車「高田お花見号」と高田駅、中心市街地、上越妙高駅の様子についても記事にしたいと思います。

<目次>
その1 臨時快速「高田お花見号」
その2 上越妙高駅、高田駅、中心市街地の様子
その3 高田公園 昼の様子
その4 高田公園 夜の様子


【その1 臨時快速「高田お花見号」】
2019takadayozakura1-1.jpg2019takadayozakura1-2.jpg
2019takadayozakura1-3.jpg2019takadayozakura1-4.jpg
2019takadayozakura1-5.jpg2019takadayozakura1-6.jpg
「高田お花見号」は高田城百万人観桜会開催期間のうち、4月6日・7日・13日・14日に新潟駅〜高田駅間を臨時で運行する快速列車です。
この快速列車は羽越本線特急「いなほ」で使われる7両編成のE653系を使用していますが、快速であるため特急料金が一切かかりません。
かつての「快速くびき野」のような、青春18きっぷも使える(ただしトキ鉄の区間は使用不可)いわゆる「乗り得列車」です。
ただし指定席車両(2、3、4号車)とグリーン席車両(1号車)もあり、それらに乗る場合は指定席の場合は指定席券(全ての区間で520円)、グリーン席の場合はグリーン券(距離によって変動、770円〜1670円)が必要になります。
E653系いなほの車両には黄色とオレンジ色の基本塗装と瑠璃色塗装、ハマナス色塗装の3種類がありますが、そのうち今回の臨時列車には桜の色にも合うハマナス色塗装の車両が使われていました。


2019takadayozakura1-7.jpg2019takadayozakura1-8.jpg
長岡駅を過ぎたあたりから写真のような観桜会や上越市に関するパンフレット5種類と高田城三重櫓と上越市立歴史博物館の入場割引券がもらえます。
この入場割引券を各施設に提示すると割引が受けられるだけでなく記念品ももらえます。それについては その3 高田公園 昼の様子 の記事に載せます。


2019takadayozakura1-11.jpg2019takadayozakura1-12.jpg2019takadayozakura1-13.jpg
帰りも同じ列車に乗って帰りました。






新潟県の主要駅・列車・鉄道イベント 目次
新潟県内の観光地・イベント 目次
posted by あおはな at 13:42 | Comment(0) | 新潟県の主要駅・列車・鉄道イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

【新潟県内を走る列車】新潟駅を発着する列車(新幹線)

【新潟駅を発着する列車(新幹線)】
niigatasta3-13.jpg
2019年4月現在、上越新幹線の新潟駅を発着する列車種別は「とき」と「MAXとき」の2種類のみであるものの、車両自体は2019年3月のダイヤ改正から新たにE7系が加わり、E7系、E2系、E3系、E4系の4種類が運行しています。
当記事ではその車両を紹介していきます。
<関連記事>【新潟駅】1−4 新潟駅 上越新幹線コンコース・ホーム


<E7系>
E7-3.jpgE7-6.jpg
E7-10.jpgE7-9.jpg
2019年3月のダイヤ改正から運行開始したE7系です。北陸新幹線でもすでに使用されています。
2020年のダイヤ改正までの1年間は上記のような上越新幹線限定デザインの車両が運行します。
詳しくは【新潟県内を走る列車】上越新幹線専用E7系


<E2系>
E2-1.jpgE2-2.jpg
2019年4月現在、上越新幹線と東北新幹線で使われている車両です。
数年後にE4系が全廃した後もしばらくの間は上越新幹線で使用されます。


<E3系(700番台)>
gembi14.jpggembi3.jpg
2016年4月から上越新幹線の新潟県内区間(越後湯沢駅〜新潟駅)で「現美新幹線」として運行開始した車両です。
「世界最速の芸術鑑賞」をコンセプトに、車内には芸術作品が展示されています。
詳しくは【のってたのしい列車】GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)


<E4系>
E4-1.jpgE4-2.jpg
E4-4.jpg
2019年4月現在、上越新幹線限定で運行している2階建ての新幹線車両です。高速列車としては世界最大の輸送量を誇ります。
上越新幹線用として朱鷺ピンク色のラインと朱鷺のイラストがプリントされています。
この車両は現在は定期利用者の減少や車両の老朽化といった問題を抱えており、そして上越新幹線のさらなる高速化を進めたいとのことから、2020年度末までには全廃される予定です。



新潟県の主要駅・鉄道車両・イベント 目次
posted by あおはな at 20:53 | Comment(0) | 新潟県の主要駅・列車・鉄道イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

【新潟県内を走る列車】上越新幹線専用E7系

【上越新幹線専用E7系】
E7-3.jpgE7-6.jpg
2019年3月16日のダイヤ改正により上越新幹線(新潟駅〜東京駅)で運行開始した「上越新幹線専用E7系」の車両の外観を紹介します。

@E7-4.jpgAE7-3.jpg
BE7-18.jpgCE7-19.jpg
DE7-6.jpgEE7-5.jpg
FE7-17.jpgGE7-16.jpg
@ 1号車側先頭 A 12号車側先頭 BC 反対側のホームから見たE7系 D 上越新幹線E7系限定デザインの朱鷺の羽と稲穂をイメージしたシンボルマークと朱鷺ピンク色のライン E E7系のシンボルマーク F フルカラーLCDによる列車名、行き先、停車駅 G 2階コンコースにある列車編成のご案内(該当列車は一番上)
このE7系は老朽化が進む2階建て車両E4系の置き換えと将来的な上越新幹線の最高速度向上などを目的に新しく導入されたもので、今後数年間のうちに全てのE4系を全廃しE7系をさらに増やしていく予定です(E2系はしばらく残ります)。
北陸新幹線ですでに使用されているE7系と同じものではありますが、写真Dのように2020年3月のダイヤ改正までの1年間は上越新幹線限定で朱鷺の羽と稲穂をイメージしたシンボルマークと朱鷺ピンク色のラインが入ったデザインの車両が使用されます。
車内は北陸新幹線のE7系と全く同じで、1〜10号車が普通車、11号車がグリーン車、12号車がグランクラスになっています。
車内では無料のWi-fi「JR-EAST FREE Wi-Fi」が使えます。
なお、車内については2020年のダイヤ改正までにグランクラスやグリーン車にも乗ってみて当ブログでも紹介したいと考えています。


HE7-9.jpgIE7-10.jpg
JE7-12.jpgKE7-13.jpg
LE7-14.jpgME7-15.jpg
HI 12号車グランクラス出入口 J ホーム上にあるグランクラスののりば位置 K 11号車グリーン車出入口 L グリーン車のりば位置 M 普通車のりば位置
グランクラス、グリーン車の出入口とホーム上に貼られているのりばの位置です。


NE7-1.jpgOE7-20.jpg
N 在来線2階コンコース通路の壁に貼られてあるプレート O 新幹線2階コンコースにある垂れ幕
新潟駅の在来線2階コンコースにはNのようなプレートが貼られています。
また、新幹線2階コンコースにはOのような垂れ幕がかかっています。


新潟県の主要駅・鉄道車両・イベント 目次
posted by あおはな at 15:30 | Comment(0) | 新潟県の主要駅・列車・鉄道イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする