ブログインフォメーション

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟のことをとことん書いて応援していく、新潟の新潟による新潟のためのブログです
Twitterでツイートした内容もまとめられて記事になります。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただく場合がありますのでご了承ください。

2018/07/17

注目のコンテンツ
カテゴリ
タグクラウド
新着記事
メイン記事
  

2018年07月14日

【新潟市中心市街地の街歩き】A 万代エリア【政令市で都会の新潟市】

政令指定都市の千葉市、川崎市、仙台市、岡山市、熊本市などの中心市街地と良い勝負ができそうな、人口80万人の政令指定都市であり都会の新潟市の中心市街地の様子を写真を使って紹介していきます。
この記事では明石通りより北側から信濃川までのエリアにあたる万代エリア(万代、万代シテイ、東万代町、南万代町、万代島、萬代橋など)の風景写真を載せていきます。
地図上にそれぞれの撮影ポイントと方向を番号と矢印で示しています。
bandai1.jpg


<関連記事>
【大成功の新潟市BRT】G 03 万代シテイ Bandai City【失敗はしていない】


【萬代橋通り・万代シテイ】
bandai_map1.png
流作場五差路〜萬代橋手前(東港線十字路)までの大通りは「萬代橋通り」と呼ばれており、周辺は「万代」が入る地名が多いエリアとなっています。
「萬代橋」は新潟地震という大きな地震にも耐え抜き、復興に希望を与えたことから新潟市民の誇りの橋となっており、国道に掛かる橋の中では東京の日本橋の次に国指定重要文化財に指定されました。
また、「万代シテイ」は上越新幹線と関越自動車道が開業するのをきっかけに、民間の企業(新潟交通)によって作られたバスセンターを核とした様々な商業ビルが集積した大規模な街です。今では三井不動産も都市開発に携わるようになり、新潟県および本州日本海側最大級のファッションビル街へと変貌しています。

@bandai1.jpgAbandai3.jpg
Bbandai4.jpgCbandai7.jpg
Dbandai5.jpgEbandai6.jpg
Fbandai8.jpgGbandai9.jpg
Hbandai10.jpgIbandai11.jpg
Jbandai12.jpgKbandai15.jpg
Lbandai16.jpgMbandai16.jpg
Nbandai28.jpg



【東万代町・万代島】
bandai_map2.png
明石通りよりも北側のエリアは東万代町で、中規模なオフィスビルや住宅が集中するエリアになっています。
萬代橋のひとつ隣にある柳都大橋や本州日本海側で一番高い万代島ビル、コンベンションセンターの朱鷺メッセなどがあるエリアは万代島と呼び、佐渡汽船や水上バスなど旅客船ターミナルもあるため、新潟西港とも呼ばれます。

@bandai32.jpgAbandai30.jpg
Bbandai31.jpgCbandai20.jpg
Dbandai21.jpgEbandai27.jpg
Fbandai23.jpgGbandai24.jpg
Hbandai25.jpgIbandai26.jpg
Jbandai22.jpg
posted by あおはな at 09:08 | Comment(0) | 政令市で都会の新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

【新潟市中心市街地の街歩き】@ 新潟駅前(新潟駅万代口側)【政令市で都会の新潟市】

政令指定都市の千葉市、川崎市、仙台市、岡山市、熊本市などの中心市街地と良い勝負ができそうな、人口80万人の政令指定都市であり都会の新潟市の中心市街地の様子を写真を使って紹介していきます。
この記事では新潟駅万代口駅前の大通りや路地裏の歓楽街などを紹介していきます。
地図上にそれぞれの撮影ポイントと方向を番号と矢印で示しています。
東大通り流作場五差路から新潟駅方面


<関連記事>
【新しい新潟駅まとめ】@ 2階在来線コンコース
【大成功の新潟市BRT】C 01 新潟駅前 Niigata-eki-mae[Niigata Sta.]


【新潟駅前大通り(東大通り、明石通りなど)】
新潟駅前マップ撮影ポイントと方向
東大通り、明石通りといった4車線以上の大通りと2車線の通りの風景を紹介します。
これらの通り沿いにはオフィスビルや商業ビル、ホテルなどの背の高いビルが立ち並ぶため、目抜き通り(メインストリート)や表通りとも言えます。

@新潟駅前A新潟駅前
B新潟駅前東大通りC新潟駅前東大通り
D新潟駅前E新潟駅前
F新潟駅前G新潟駅前
H新潟駅前I東大通り流作場五差路から新潟駅方面
J新潟駅前明石通りK新潟駅前明石通り
L新潟駅前明石通り



【歓楽街・路地裏】
niigatasta_map_2.png
上記の通りが表通りと呼ぶのに対してこれから紹介するエリアは主に裏通りになります。
このエリアはいわゆる大人のお店や居酒屋が集中する歓楽街でもあり、新潟市最大の歓楽街古町に次ぐ規模になっています。

@DSC_0527.jpgADSC_0029.jpg
BDSC_0535.jpgCDSC_0540.jpg
DDSC_0534.jpgEDSC_0536.jpg
FDSC_0538.JPGGDSC_0537.jpg
HDSC_0522.jpgIDSC_0047.jpg
JDSC_0049.jpg



<関連記事>
【新しい新潟駅まとめ】@ 2階在来線コンコース
【大成功の新潟市BRT】C 01 新潟駅前 Niigata-eki-mae[Niigata Sta.]
posted by あおはな at 00:56 | Comment(20) | 政令市で都会の新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

【政令市で都会の新潟市】新潟市は都会なのか?【もう面倒なので都会で良いと思います^^】

〈関連ページ〉
大成功の新潟市BRTシリーズ
新しい新潟駅・新潟県の主要駅
新潟市の中心市街地 新潟駅前


IMG_0020.jpg
新潟市は都会なのか?
いきなり結論から言いますが、めんどくさいのでもう「都会」で良いと思います。
厳密に言うなら「都会の仲間入りを果たしている」、「小〜中規模な都会」という感じでしょうか。

では、完全に私自身の考えになってしまうかもしれませんが、上記の結論に至る理由を以下に書いていきます。

【大都市制度】
・政令指定都市であること

【街の雰囲気・規模】
・中心市街地がビルが密集しており都会の雰囲気
・中心市街地のエリアが大きく分けて3つある上、規模が大きいこと
新潟市と他の政令市の中心市街地をGoogleの航空写真で比べてみる

【コンテンツ】
・規模の大きい都市・都市圏にしか出店しない都市型商業店舗、中心駅駅前・繁華街にしか出店しない店舗が多数ある。
(ジュンク堂書店(11)、紀伊国屋書店(11)、ヨドバシカメラ(22)、ビックカメラ(11)、メロンブックス(9)、らしんばん(9)、とらのあな(7)、Loft(11)、三越(38)、伊勢丹(34)、ディズニーストア、イトーヨーカドー(28年以上)、ドン・キホーテ(駅前型)。
以上()内の数字は出店してからの年数。)
・上記の店舗が最低9年以上と長続きしていること
→もしも新潟が都会ではないと言うのであればここまで長続きはしませんし、そもそもその前にこんなに揃うことはありません。
「田舎」の場合、金沢市のLoftや東急ハンズのように補助金を使ってかろうじて誘致できた(「埋まらぬ大型テナント 金沢・竪町周辺 まちなか集客に影響懸念」)としても、オープンしてから5年以内にはなくなっていると思います。
・上記以外で主に郊外のロードサイドに出店する商業店舗が新潟駅前や繁華街にもいくつかある。
・地下街(西堀ローサ)があること
・JRAの大規模競馬場があること
・4万人以上収容できる大規模スタジアム(ビッグスワン)があること
・3万人収容できる大規模野球場(ECOスタジアム)があること
・1万人収容できるコンベンションセンターがあること

【貿易・鉄道・交通】
・開港5港のひとつであり、国際拠点港湾、中核国際港湾に指定されている新潟港があること
・35年前から新幹線があること。それくらい昔から大都会東京と新幹線で繋げる価値がある都市だということ。
・公共交通の利用者もそれなりに多い。
・JRの大都市近郊区間が(仙台エリアよりも先に)JR新潟エリア内で設定されていること
・トレインチャンネルが(仙台エリアよりも先に)電車内に設置されていること
・一桁国道、二桁国道、高速道路、鉄道網の結節点であり、それぞれ周辺県に伸びていること(交通における拠点性)
・都市高速並みの高規格バイパス網があること


これだけ都会的要素が揃ってる都市ってあまり多くないというか、むしろ「都会」じゃないとそういう要素が揃うことはないので、到底「田舎」とは言い難い。


だから「面倒なのでもう『都会』で良いと思います」という結論になるんですよね。


ただ、もちろん豊栄や新津、内野などといった「田舎」の地域もありますが、でもそれって他の政令指定都市にもありますよね。
posted by あおはな at 10:43 | Comment(2) | 政令市で都会の新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【政令市で都会の新潟市】新潟市は都会なのか?新潟市と他の政令市の中心市街地をGoogleの航空写真で比べてみる

〈関連ページ〉
大成功の新潟市BRTシリーズ
新しい新潟駅・新潟県の主要駅
新潟市の中心市街地 新潟駅前


新潟市は政令指定都市ですから、新潟市の中心市街地と他の政令指定都市の中心市街地の様子を航空写真で比べてみようと思います。
中心市街地がなるべく全て画面内に収まるようにキャプチャしたので、角度や縮尺などは統一されていません。
深刻に受け止めず、軽く受け流すような感覚で見ていただいた方が良いですよ。

皆さんも実際にGoogleマップの航空写真で色々な都市を色々な角度からご覧になってはいかが?


【新潟市】
niigata1.pngniigata2.png
niigata3.png
左上:中心駅(新潟駅)から繁華街方面 右上:繁華街から中心駅(新潟駅)方面
左下:朱鷺メッセから新潟駅〜繁華街方面




【他の政令指定都市】
以下全ての写真は左が各都市の中心駅から中心繁華街方面、右が各都市の中心繁華街から中心駅方面


<平成の大合併時に誕生した政令市>

静岡市
shizuoka1.pngshizuoka2.png

浜松市
hamamatsu1.pnghamamatsu2.png

熊本市
kumamoto1.pngkumamoto2.png

岡山市
okayama1.pngokayama2.png


<首都圏にある政令市>

川崎市
kawasaki.pngkawasaki2.png

千葉市
chiba1.pngchiba2.png


<札仙広福>

札幌市
sapporo1.pngsapporo2.png

仙台市
sendai1.pngsendai2.png

広島市
hiroshima1.pnghiroshima2.png

福岡市
fukuoka1.pngfukuoka2.png



どの都市もやっぱりデカイですね。
でも、中心市街地だけで比較すれば、この中で仙台、千葉、川崎、岡山、熊本とは良い勝負ができそうな気がします。
人口や中心街の賑わいなどそういうのを入れてしまうと難しいところがありますけど。
もちろん、ケンカを売ってるわけじゃありませんよ?個人的に思ったことを述べているだけです。
タグ:新潟市
posted by あおはな at 05:26 | Comment(0) | 政令市で都会の新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

【政令市で都会の新潟市】新潟県は何地方なのか?

【ご注意】
何か間違っていることがあれば、遠慮なくご指摘ください。



新潟県は何地方なのか?
結論から言うと新潟県は「関東甲信越」というくくりで間違いないと思います。
ではその理由を以下に書いていきます。

【新潟県の特徴】

<地理的な区分>
新潟県は横に長い県で、
・上越地方には北陸地方の富山県と甲信越地方の長野県
・中越地方には関東地方の群馬県
・下越地方には東北地方の山形県と福島県
に隣接するという、地理的には「北陸」「関東」「東北」のどの地方にもなりうる県です。

<管轄・天候・店舗・道路などの区分>
・国の地理的な区分や様々な機関の管轄する地域の区分、全国チェーン店の店舗情報の分類としては「甲信越」や「関東甲信越」というのがほとんど
・天候の区分や五畿七道の北陸道、高速道路の北陸自動車道など道路の管轄の区分では「北陸」
・高速道路の日本海東北道も一部区間に通っているのと、電力会社の管轄が東北電力ということで「東北」

<都道府県間流動>
新潟県民が県外へ旅行へ行く時どこが多いのか(都道府県間流動)というと、
1番目が東京都をはじめとした首都圏・関東(多分これは長野県や山梨県、関東各県も同じのような気がします)
2番目以降は長野県→東北→北陸→関西・・・という順番になるようです。

<文化や方言>
文化的には「新潟」と「東京」
方言やイントネーションは東京(首都圏・関東)を意識している、あるいは無意識にそうなっている(ただし、方言は新潟弁が多い)


【隣接してる北陸と東北の特徴】
ちなみに、自分は北陸地方の富山県出身で18年間過ごしていますし、東北地方の福島県にも2年ほど住んでいるので、それぞれの地域の特色が分かります。

<北陸地方の都道府県間流動>
北陸地方の都道府県間流動は
1番目は富山・石川・福井の3県同士で中でも石川が一番多い
2番目と3番目は関西と首都圏
新潟県への流動は上記3つに比べれば比較的少ないようです。

<北陸地方の文化・方言>
北陸3県で共通している・似ている部分が多く、関西寄りのイントネーション

<東北地方の都道府県間流動>
宮城県以外の県の多くは宮城(主に仙台)
2番目と3番目に首都圏(関東)と東北地方(福島・山形・宮城・秋田・岩手・青森)の各隣接県
新潟県への流動は北陸に比べればそこそこ多いようですが上記3つに比べれば少ない。

<東北地方の文化・方言>
文化や方言・イントネーションは東北6県で共通している・似ている部分が多く、東北方言やいわゆる東北イントネーションが使われています。


というわけで、新潟県は少なくとも北陸でもなく、東北でもないということが分かります。
それに関東甲信越というくくりは、各県の流動が東京都へ向かう人が多いことと文化的・イントネーション的に東京の影響を受けているかどうかから来ていると思いますので、やはり新潟県は関東甲信越で良いと思います。
posted by あおはな at 07:01 | Comment(0) | 政令市で都会の新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする