注目の記事

 

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



地域別記事


  

2021年11月19日

【列車旅】新潟県は何地方なのか?・・・実は西日本だった!? 新潟から「JR西日本どこでもきっぷ」で西日本を巡る! その1 新潟に住んでいると滅多に行かないであろう場所もこれなら気軽に行ける!というわけで鳥取県と島根県へ行く!

dokodemo1-0.jpg
どこでもきっぷの旅1日目です。


【新潟からJR西日本どこでもきっぷで西日本を巡る!】
dokodemo0-1.jpg
新潟県上越市や糸魚川市にも路線があるJR西日本では2021年10月8日から特別企画乗車券「JR西日本どこでもきっぷ」を販売しています。
これはJR西日本全線の普通列車や快速列車などはもちろん、特急列車(寝台特急を除く)や新幹線の自由席にも22,000円で3日間乗車できるというものです。
昨年「どこでもドアきっぷ」という人数が2名以上という点以外はほぼ同じ内容のきっぷが販売されていましたが、今回のこのきっぷは1名でも利用できます。
乗車する日の7日前までにインターネットの予約サイト「e5489」で予約購入し、JR西日本の駅の「みどりの券売機」で受け取ることで使用可能になります。
指定席も6回まで取ることができ、きっぷの受け取り前はe5489で、受け取り後はみどりの券売機で操作すると指定席券を発行することができます。
このきっぷを使った旅行についていくつかの記事に分けて書いていきたいと思います。


<目次>
その0 糸魚川駅できっぷを受け取り、上越妙高駅前のホテルで前泊する!
その1 新潟に住んでいると滅多に行かないであろう場所もこれなら気軽に行ける!というわけで鳥取県と島根県へ行く!



dokodemo1-1.jpg
11月9日の朝6時過ぎの上越妙高駅です。

dokodemo1-2.jpg
ここから北陸新幹線の始発列車の6時35分発はくたか591号金沢行きに乗ってまずは金沢へ行きます。

dokodemo1-4.jpgdokodemo1-5.jpg
7時38分に金沢駅に到着しました。
次に乗る特急サンダーバード12号の発車時間は8時15分で、待ち時間が37分もあるのでいったん改札を出て時間を潰します。
これよりも前にサンダーバード10号があるはずなんですが、この日はコロナの影響で利用者が少ないことから運休になっています。

dokodemo1-6.jpgdokodemo1-7.jpg
発車時間が近づき、ホームに列車が入線してきたので乗車します。

dokodemo1-9.jpgdokodemo1-8.jpg
ここで1回目の指定席の確保をしました。
みどりの券売機で操作して指定席券を発行すると、どこでもきっぷのほうには星マークが1つ付きます。

さてこの特急列車ですが、2024年春に北陸新幹線が敦賀まで延伸開業すると、特急の運転区間は大阪〜敦賀間に短縮になってしまいます。
なので、金沢から大阪まで特急列車1本で乗り通せるのも残り1年と数ヶ月になってしまいます。
敦賀延伸開業までなるべくたくさんこの車両を金沢〜大阪間で乗っておきたいところです。

dokodemo1-10.jpg
11時6分、約2時間50分ほどで終点の大阪駅に着きました。

ちなみに新潟駅からこのルートで大阪駅まで行くと所要時間は乗り換え時間も含めて6時間7分〜6時間27分かかります。
北陸新幹線が敦賀まで延伸した場合はどれくらい時間が縮むのか気になりますね。


dokodemo1-12.jpg
次は11時25分発の特急スーパーはくと5号倉吉行きに乗ります。途中の鳥取駅まで行きます。
なぜ鳥取なのかというと、今までに大阪や京都、神戸、岡山、広島など西日本の主要都市は何回か行っているので、今回はこの格安きっぷがあるからこそ、今までに行ったことのない場所をなるべくたくさん巡っていこうと思ったからです。

この特急は途中の上郡駅〜智頭駅は第3セクターの智頭急行線を通り、車両も通智頭急行所有のもので3セクらしい特徴的なデザインになっています。
ちなみに、智頭急行線もこのきっぷで乗車することができます。

dokodemo1-14.jpgdokodemo1-13.jpg
この列車も指定席を取りました。

dokodemo1-16.jpg
窓側にはコンセントもついており、無料のWi-Fiもあります。
この前に乗っていたサンダーバードにはコンセントがなく、サンダーバード乗車中にスマホの電池が半分くらいになってしまっていたのでとても助かりました。


dokodemo1-17.jpgdokodemo1-18.jpg
大阪や神戸のような都会を過ぎると、進行方向左側には海と淡路島が見えてきます。

dokodemo1-19.jpgdokodemo1-20.jpg
兵庫県の西側にある上郡駅から智頭急行線に入ると、これまで都会や海の風景だったのが田舎や山の風景へと一変します。

dokodemo1-21.jpg
智頭駅からは再びJR線に入り、30分ほど進むと、13時51分に鳥取駅に到着します。

dokodemo1-22.jpgdokodemo1-23.jpg
次に乗る列車までしばらく時間があるので、鳥取市の市街地を探索して時間を潰します。

dokodemo1-24.jpg
次は15時9分発の特急スーパーまつかぜ7号益田行きに乗ります。途中の松江駅で降ります。
JR西日本の車両ですが、主に鳥取県、島根県、山口県の路線で活躍しているので、新潟県民のほとんどの人にとってはあまり見慣れない感じのデザインだと思います。
鳥取は初めて来たので不慣れながらも新鮮な気分にもなりましたが、こういう見慣れないデザインの車両に乗るのもまた新鮮な気分になりますね。

dokodemo1-25.jpg
この列車は指定席は取らず自由席に乗りました。
お腹が空いたので鳥取駅で買った駅弁を車内で食べました。

dokodemo1-26.jpgdokodemo1-27.jpg
16時38分ごろ、松江駅に到着しました。

dokodemo1-29.jpgdokodemo1-30.jpg
次に乗る列車は17時1分発特急やくも26号岡山行きです。終点の岡山まで行きます。

dokodemo1-31.jpg
この列車は指定席を取りました。これで3回目です。

dokodemo1-32.jpg
18時過ぎくらいに松江駅で買った駅弁を食べました。
この駅弁はとても美味しかったです。また食べたいです。

dokodemo1-33.jpg
岡山駅には19時39分に到着しました。

dokodemo1-34.jpg
すぐに19時48分発の山陽新幹線のぞみ49号博多行きに乗り換えます。途中の広島まで行きます。
今回の旅で何気にこれが初めての山陽新幹線の乗車です。

dokodemo1-35.jpg
20時24分ごろ、広島に到着しました。
この日の旅はこれにて終了。広島駅前にあるホテルに泊まります。
posted by 八七 at 08:00 | Comment(0) | 列車旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]