注目の記事

 

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



地域別記事


  

2021年10月08日

【引退する車両】2021年10月17日に引退!E4系新幹線! その10 E4系新幹線引退後は新津鉄道資料館でE4系新幹線を見に行こう!ついでに埼玉県の鉄道博物館で ”元祖オール2階建て新幹線" E1系新幹線も見に行こう!

E4kei10-4-2.jpg
2021年10月1日にE4系新幹線の定期運行は終了し、残りは臨時列車の運行を残すのみとなりました。
E4系新幹線が完全に引退したらもう見られなくなるのか・・・と思われがちかもしれませんが、実は引退後も車両がいつでも見られる場所があります。
ご存知の方も多いと思いますが、新潟市秋葉区の「新津鉄道資料館」です。
E4系新幹線が展示されているのは多分この新津鉄道資料館だけなのではないでしょうか?
というわけで、この記事では新津鉄道資料館に展示されているE4系新幹線について簡単に書きたいと思います。

そしてついでに、埼玉県さいたま市にある「鉄道博物館」にはオール2階建て新幹線の”元祖”であるE1系新幹線が展示されています。
それについても簡単に紹介したいと思います。


【2021年10月に引退!E4系新幹線】
E4kei1.jpg
E4系新幹線は1997年12月に東北新幹線、2001年に上越新幹線で運行開始した新幹線車両です。



<新津鉄道資料館>
E4kei10-1.jpgE4kei10-2.jpg
新潟市秋葉区の新津駅から徒歩20分のところには新津鉄道資料館があります。
入場料は大人300円です。

E4kei10-3.jpg
その屋外にはE4系新幹線をはじめ、新潟県内で活躍していた、あるいは今も活躍中の鉄道車両が展示されています。

E4kei10-4-2.jpgE4kei10-5.jpg
E4kei10-6.jpgE4kei10-7.jpg
E4kei10-8.jpgE4kei10-9.jpg
E4系新幹線はグリーン車側が展示されています。
駅のホームでは見られないアングルから、車輪やスノープラウ、機器類、連結部分など駅のホームでは見づらいところもじっくり観察することができます。


<鉄道博物館>
E4kei10-11.jpg
埼玉県さいたま市には鉄道博物館があります。
上越新幹線の起点駅である大宮駅からニューシャトルに乗って一駅となりの鉄道博物館駅で降りるとすぐ近くにあります。
入場料は大人1,330円(前売りは1,230円)です。

E4kei10-19.jpgE4kei10-18.jpg
館内や屋外には主にJR東日本エリアで活躍していた鉄道車両が展示されています。
かつて在来線特急として新潟と上野を結んだ「特急とき」や上越新幹線で活躍していた200系も展示されています。

E4kei10-12.jpgE4kei10-14.jpg
E4kei10-16.jpgE4kei10-17.jpg
オール2階建て新幹線の元祖であるE1系新幹線は屋外に展示されています。
塗装は朱鷺ピンクのラインに朱鷺のイラストが描かれた上越新幹線仕様になっています。
こちらも車輪やスノープラウ、機器類、連結部分などをじっくり観察することができます。
また、この施設は4階建てなので、高いところから車両を見ることもできます。

E4系は先頭が丸みをおびていますが、E1系は先頭がとがっていることや、E4系はヘッドライトの形が丸みをおびていますが、E1系は四角いことなど、同じオール2階建て新幹線でも姿形が違うことが分かります。

この記事では簡単に紹介しましたが、実際に現地に行って見ることをオススメします。
今までは気づかなかった新たな発見があるかもしれません。
posted by Blue_hana at 20:42 | Comment(0) | 鉄道車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]