注目の記事

 

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



地域別記事


  

2021年03月31日

【新潟産の鉄道車両・列車旅】E129系と似ているようでどこか違う新潟産の新型車両E131系電車に乗って千葉・房総の各駅停車3時間の列車旅

E131kei25.jpg
2021年3月13日に千葉県の内房線や外房線などの路線で新型車両E131系電車がデビューしました。
これは新潟産(総合車両製作所新津事業所)の鉄道車両です。
車両の形式的には新潟県内で走るE129系の次にあたるものですが、E129系電車とは似ているようでどこか違うといった感じだと思いました。

3月14日にこの車両に乗って車内探検をしつつ、千葉県の君津駅から安房鴨川駅を経由し上総一ノ宮駅までの房総半島の列車旅をしてきました。



E131kei-0-1.jpgE131kei-0-2.jpg
3月13日に長野県のしなの鉄道でデビューした新型車両SR1系200番台に乗車して上田駅前のホテルで1泊し、9時12分発の北陸新幹線はくたか554号東京行きに乗車して東京へ行きます。
東京駅からは総武快速線君津行きに乗車して君津駅まで行きます。

E131kei2.jpg
12時31分に君津駅に到着し、すぐ向かい側に今回のお目当ての車両が停まっていました。
12時37分発の内房線・外房線上総一ノ宮行きです。

E131kei1.jpgE131kei3.jpg
前面はE129系によく似ています。

E131kei4.jpg
総合車両製作所新津事業所製、つまり新潟産の鉄道車両です。

E131kei5.jpgE131kei6.jpg
ドア上部にあるディスプレイです。
路線図や次の駅の案内、運行情報などが表示されます。広告は表示されません。

E131kei7.jpgE131kei8.jpg
上総湊駅付近の車窓です。
これまでは東京駅〜千葉駅の都会の風景、千葉駅〜君津駅の住宅街の風景でしたが、ここからは田舎と海の風景へと大きく変わりました。
とても心が癒される風景です。

E131kei9.jpgE131kei10.jpg
途中の浜金谷駅では約5分の停車時間があります。
内房線は蘇我駅〜君津駅間は複線ですが、君津駅〜安房鴨川駅間は単線になっているので、どこかの駅で列車交換が行われることがあります。
停車時間中に一旦ホームへ降りて写真撮影しておきました。

E131kei11.jpg
13時36分、内房線沿線の主要駅である館山駅に着きました。
この駅では約8分の停車時間があったので、ホームへ降りて写真撮影しました。

E131kei12.jpgE131kei13.jpg
E131kei14.jpgE131kei15.jpg
ここで少し車内の様子でも。
今回は残念ながら終点の上総一ノ宮駅まで常に乗客がそれなりに乗車しており、その後も折り返し木更津行きとして運行していたのでじっくり車内の様子を撮影することはできませんでしたが、少しだけ撮影することができたのでそれらを載せます。
パッとみた感じE129系に似ているんですが、座席の色は黄色と青色で、E129系に比べてドアの数が2つ多いので、その分クロスシートが少なくなっています。
トイレも設置されており、昨年12月に乗車した横須賀線E235系のトイレと同じ感じでした。


E131kei16.jpgE131kei17.jpg
田舎と海の風景から徐々に住宅街の風景に変わってくると、

E131kei18.jpgE131kei19.jpg
内房線と外房線の接続駅である安房鴨川駅に到着しました。
ここまで約2時間ほどかかりました。終点の上総一ノ宮駅まではあと約1時間あります。
この駅では約7分停車時間があったので、ホームへ降りて写真撮影しました。


E131kei20.jpg
ここからは外房線に入ります。
安房鴨川駅の次の安房天津駅では約4分の停車時間があったので、ホームへ降りて写真撮影しました。
ここから途中の大原駅までは引き続き田舎と海の風景が見られますが、大原駅あたりからは住宅街の風景に変わっていきます。


E131kei21.jpgE131kei23.jpg
E131kei22.jpgE131kei24.jpg
15時37分、終点の上総一ノ宮駅に到着しました。
このあとは東京まで行き、東京都内で少し遊んでから新幹線に乗って新潟へ帰りました。


E131kei25.jpg
今回乗車したE131系電車は車両形式的にE129系の次にあたる車両ということもあってか外観・中身ともによく似ていたので親近感が湧きました。
それから、各駅停車で約3時間という長い列車旅でしたが、沿線の景色がとてもきれいで心が癒される風景だったのでとても楽しく満足できました。



鉄道車両・列車旅 目次
posted by 八七 at 07:05 | Comment(0) | 鉄道車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]