sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



地域別記事


  

2020年11月02日

【バス旅・新潟県外の街】バスに乗ってバスを応援!(高速バス編) その1 開設30周年おめでとう!高速バス新潟−長野線に乗って信州観光をしに行った【中央日本四県】

highwaybus-nagano21.jpghighwaybus-nagano37.jpg
10月25日に新潟市と長野県長野市を結ぶ高速バス新潟−長野線に乗車しました。
バス車内や沿線の風景、ついでに観光や飲食、宿泊などもしてきたのでそれについても簡単に書きます。


【バスに乗ってバスを応援!(高速バス編)】
新型コロナウイルスの影響で新潟県内のバスは厳しい状況になってしまいました。
ただ、バス事業は何も都市内を走る路線バスだけでなく、距離の離れた都市間を走る高速バスもあります。
路線バスだけでなく高速バスにも乗ってバスを応援しつつ、ついでに行った先で観光や宿泊などもして観光業・宿泊業の応援もしていこうと思います。



highwaybus-nagano1.jpg
この路線は新潟交通と長電バスが共同で1日4往復運行(乗客が減っている影響でこの日を含めて現在は1日2往復)しています。
万代シテイバスセンターから新潟駅前を経由し、北陸自動車道と上信越自動車道を通って、長野駅までは約3時間30分で着きます。
インターネットや高速バス予約センターなどでの事前予約制で、運賃は乗車する区間によって変動し、往復乗車する場合は往復割引が適用されます。
今回は万代シテイバスセンターから乗ったので片道3,500円、往復で買うと6,300円になり少し安くなります。

highwaybus-nagano34.jpghighwaybus-nagano35.jpg
なお、1990年10月23日に開業したので、今年で30周年を迎えるとのことです。
30周年記念としてこのバスに乗車した人には、高速バスの案内所で乗車票を見せるとオリジナルのポストカード(数量限定)がもらえます。

highwaybus-nagano5.jpghighwaybus-nagano2.jpg
highwaybus-nagano3.jpghighwaybus-nagano4.jpg
座席は4列シート、各座席にコンセント、テーブル、ドリンクホルダー、読書灯が設置されており、無料のWi-fiも利用できます。
後ろのほうにはトイレも設置されています。

highwaybus-nagano6.jpghighwaybus-nagano7.jpg
7時40分に万代シテイバスセンター、7時45分に新潟駅前で乗客が乗車します。
ちなみにこの時は万代シテイバスセンターの時点で自分も含めて2人、新潟駅前で10人ほど乗車しました。

highwaybus-nagano9.jpghighwaybus-nagano10.jpg
新潟駅前を出ると、明石通り、栗の木バイパス、亀田バイパスを経由して新潟亀田インターチェンジから高速道路に入ります。
ここまでは長野線も含めて全ての県外高速バスがこのルートを通ります。

highwaybus-nagano11.jpghighwaybus-nagano12.jpg
高速道路に入ると新潟中央JCTを通り過ぎ、北陸自動車道に入って鳥原、巻潟東、三条燕、栄と県内各地のバス停にこまめに停まりながらひたすら西のほうへ走行します。
バスセンターを発車してから約1時間ほどで長岡JCTを通過、そこから30分ほど走行すると休憩場所の米山SAに到着します。

highwaybus-nagano13.jpghighwaybus-nagano14.jpg
米山SAでは15分ほどの休憩時間があり、ここでトイレへ行ったり、飲み物や食べ物を買ったりすることができます。

highwaybus-nagano15.jpghighwaybus-nagano16.jpg
米山SAから約30分ほどで上越JCTを通過し、ここからは上信越自動車道に入ります。
上越JCTから20分ほど走ると長野県に入り、すぐに降車専用バス停の柏原に到着します。
ここからは豊田、中野、小布施と長野県内各都市のバス停に停まりながら、須坂長野東ICで高速道路を降ります。

highwaybus-nagano17.jpghighwaybus-nagano18.jpg
highwaybus-nagano19.jpghighwaybus-nagano20.jpg
須坂長野東ICからは長野県道58号線を長野市中心市街地までひたすら進みます。


highwaybus-nagano21.jpghighwaybus-nagano22.jpg
長野駅前からは昭和通り、権堂まで行きますが、今回は長野駅前で降りました。
しかしいつ見ても立派な駅舎ですね。長野市らしさが溢れていてとても良いと思います。


highwaybus-nagano23.jpghighwaybus-nagano24.jpg
長野に着いてからはまず最初に豊野駅の近くにある「りんごの湯」へ行きました。
リンゴの産地長野らしい温泉施設で、毎月5日、15日、25日は本物のリンゴが湯船に浮かんでます。
長野市に行ったらぜひ行ってみてほしい施設のひとつです。

highwaybus-nagano25.jpghighwaybus-nagano26.jpg
highwaybus-nagano27.jpghighwaybus-nagano28.jpg
highwaybus-nagano32.jpg
あとは昼食に信州そばと蕎麦の実アイスを食べたあと、JR長野エリアののってたのしい列車「リゾートビューふるさと」を松本駅から長野駅まで乗車し、夕食に馬刺し丼を食べ、長野駅前のホテルに宿泊しました。

SR1kei2-24.jpghighwaybus-nagano31.jpg
highwaybus-nagano30.jpghighwaybus-nagano33.jpg
泊まったホテルは以前しなの鉄道のSR1系電車に乗った時に泊まったホテルと同じホテルです。
ちょうどホテルの会員限定で2,000円引きのクーポンが配信されていたのでせっかくだから長野で使おうと思ったのです。
朝食付きのプランにし、GoToトラベルとの併用もできたので、さらに割引が入り、地域共通クーポン1000円ももらったので宿泊代は実質無料になりました。

highwaybus-nagano36.jpghighwaybus-nagano37.jpg
帰りも高速バス始発便で帰りました。この便は長電バスの担当でした。


普段僕は長野へ行く場合は快適性を重視してJRを使うんですが、混雑してなければ高速バスで行くのも快適で良いなと思いました。
新型コロナの影響で当面の間1日2往復に減ってしまってますが、一刻も早く通常通りの本数に戻ってほしいですね。
posted by Blue_hana at 17:55 | Comment(0) | バス旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]