sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



地域別記事


  

2020年08月20日

【新潟県外の街】新型コロナウイルスを気にしない安心・安全な中央日本四県(新潟県、長野県、山梨県、静岡県)の旅 その2 絶景を眺めながら行く旅情ある特急列車旅&武田信玄の街 甲府市内観光 高田駅→長野駅→甲府駅→静岡駅(リゾートビューふるさと、日本三大車窓、諏訪湖、富士山)

【その2 絶景を眺めながら行く旅情ある特急列車旅 高田駅→長野駅→甲府駅→静岡駅(リゾートビューふるさと、日本三大車窓、諏訪湖、富士山)】
20200808-37.jpg20200808-8.jpg
この記事では高田駅から長野駅→姨捨駅→松本駅→上諏訪駅→甲府駅→静岡駅の列車旅について載せます。
沿線の景色や途中下車した地域の観光地などのオススメの場所を紹介をしていきます。


【新型コロナウイルスを気にしない安心・安全な中央日本四県(新潟県、長野県、山梨県、静岡県)の旅】

新潟県、長野県、山梨県、静岡県の四県では新型コロナウイルスの影響で停滞している経済の回復や宿泊・観光業などへの支援のために様々な取り組みを行っています。
その中でも特に静岡県がおもしろいことをやっているので、ちょうど観光へ行きたかったので静岡県へ行くことにしました。

新潟県から静岡県へ行く場合、上越新幹線or北陸新幹線で東京駅へ行き、そこで東海道新幹線に乗り換えて行くのが普通だと思います。
しかし、上越新幹線と北陸新幹線はトンネルが多く、車窓の流れる速さが速いため、旅情がなく全然おもしろくないですし、それにせっかくこの4つの県がタッグを組んでやっているわけですから、今回は東京を経由しないでこの4つの県だけを経由して行くことにしました。

ルートは新潟駅→信越本線・妙高はねうまライン・北しなの線→長野駅→信越本線・篠ノ井線・中央本線→甲府駅→身延線・東海道本線→静岡駅となります。
途中おススメの列車や風景などを紹介しつつ、長野県、山梨県、静岡県の観光地についても載せていきます。


<目次>
その1 新潟駅から快速らくらくトレイン信越に乗って直江津駅へ行き、23時13分発の臨時列車高田行きに乗り換えて高田駅前のホテルに泊まる
その2 絶景を眺めながら行く旅情ある特急列車旅&武田信玄の街 甲府市内観光 高田駅→長野駅→甲府駅→静岡駅
その3 新潟県民も使える静岡県内宿泊施設5000円引きクーポンとGo To トラベルの併用で超おトクに宿泊、飲食・お土産などで使える2000円分の商品券までもらえて至れり尽くせり静岡旅



<高田駅→長野駅>
20200808-1.jpg20200808-2.jpg
高田駅からは妙高はねうまラインの電車に乗り、妙高高原駅でしなの鉄道北しなの線の電車に乗り換えて長野駅へ向かいます。


<リゾートビューふるさと 長野駅→姨捨駅→松本駅>
20200808-3.jpg20200808-4.jpg
20200808-5.jpg20200808-6.jpg
長野駅からは9時46分発の「リゾートビューふるさと」に乗ります。これが以前から乗ってみたかった列車です。
車両には長野県のゆるキャラ「アルクマ」がラッピングされており、車内にもアルクマの大きいぬいぐるみが設置されています。

この列車の運行区間(長野駅〜松本駅〜南小谷駅)のうち、長野駅〜松本駅の区間には日本三大車窓のひとつ「姨捨(善光寺平)」、スイッチバックの駅「姨捨駅」、梓川などおススメの景色やスポットがいくつかあるんですが、この列車に乗ればそれら3つ全てを楽しむことができます。


姨捨駅到着前の動画を撮っておいたので載せておきます。

20200808-7.jpg20200808-8.jpg
この列車では姨捨駅で13分の停車時間があり、ホームに降りて日本三大車窓の善光寺平の景色を眺めたり、記念撮影をしたりすることができます。


明科駅〜松本駅間では進行方向右側に梓川が見えてきます。
これも動画を撮っておいたので載せておきます。

20200808-9.jpg
この列車では車内販売もあり、限定グッズやお酒、飲み物、お菓子、おつまみなどを販売しています。
僕は長野の地ビール「諏訪浪漫」とじゃがりこを買いました。

20200808-10.jpg
11時20分、松本駅に到着しました。


<特急あずさ 松本駅→上諏訪駅→甲府駅>
20200808-11.jpg20200808-12.jpg
松本駅からは12時10分発の中央本線の特急あずさ26号に乗ります。
2017年にデビューしたまだまだ新しいE353系電車。初めて乗ります。

20200808-13.jpg
車内で松本駅で買った駅弁を昼ごはんとして食べました。

20200808-14.jpg20200808-15.jpg
途中の上諏訪駅で降ります。

20200808-16.jpg20200808-17.jpg
上諏訪駅から歩いて5分くらいのところに、長野県のおすすめ観光スポットのひとつである諏訪湖があります。
ちなみにこの諏訪湖、糸魚川静岡構造線と中央構造線の交差地点にあたる場所だそうです。
この日は午前中に天気が悪かったせいか、残念ながら山のほうに霧がかかっていたのできれいな景色は見れませんでした。
山のほうまで天気が良ければもっときれいな景色が見えると思います。

20200808-18.jpg
13時33分発の特急あずさ30号に乗って甲府駅を目指します。


<武田信玄の街 甲府市内観光>
20200808-19.jpg20200808-20.jpg
14時15分、甲府駅に到着しました。
2時間ほど時間があるので観光することにしました。

20200808-26.jpg
まずは、甲府駅南口にある武田信玄の像を見に行き、

20200808-21.jpg20200808-23.jpg
20200808-24.jpg20200808-25.jpg
次に甲府駅北口からバスに乗って武田神社へ行き、

20200808-27.jpg
甲府駅のすぐ近くにある舞鶴城公園へ行きました。

20200808-28.jpg20200808-29.jpg
公園からは甲府の市街地が一望できます。
富士山もここから見えるらしいんですが、残念ながらこのときは山のほうだけ曇っていてよく見えませんでした。

20200808-33.jpg20200808-34.jpg
おみやげに駅弁「Wワイン弁当」と「桔梗信玄餅」を買いました。



<特急(ワイドビュー)ふじかわ 甲府駅→静岡駅>
20200808-31.jpg20200808-32.jpg
16時34分、甲府駅から身延線の特急(ワイドビュー)ふじかわに乗って静岡駅を目指します。これも初めて乗ります。
ちなみにJR東海の特急車両はいくつか乗ったことがありどれも外観は同じに見えるんですが、この車両については中にテーブル付きの4人がけボックス席(指定席)が付いてます。
JR東日本の「のってたのしい列車」のような観光列車は一切走らせてないJR東海ですが、これについてはそれに近い感じがしました。


沿線には富士川が流れています。
動画を撮っておいたので載せておきます(静岡から帰るときに撮ったものです)。

身延線は全線単線でカーブが多く、山の中を走るためか特急列車のわりにゆっくり走りますが、富士駅から東海道本線に入るとこれまでゆっくり走っていたのは何だったのかと思うくらいすごいスピードを出して進んでいきます。

20200808-35.jpg20200808-36.jpg
18時55分、静岡駅に到着しました。
静岡駅の近くにあるホテルで宿泊しました。
最終的には沼津市まで行くんですがそれについては次の記事で書きます。


20200808-37.jpg
最終目的地の沼津までに使った乗車券と特急券です。
このルートで行くと所要時間は上越新幹線+東海道新幹線で行くよりも3倍以上かかりますが、距離がほぼ同じなので料金もほぼ同じになります。
今回はJR東日本のおトクなきっぷ「週末パス」を利用したので往復分トータルで考えると通常よりも安くなりました。
posted by Blue_hana at 11:48 | Comment(0) | 新潟県外の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]