sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟県の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろい」とは「興味深い」という意味のことを指します。
新潟県は非常に興味深いところが多いことからこのようなタイトルにしました。

実際に行ってみる・やってみるをモットーに
● 政令指定都市・開港5港の港町・水と土から成る街 新潟市
● 街歩き・街づくり・再開発
● 鉄道・バス・BRT(公共交通)
● 観光地・イベント
● 美食・美酒
● マンガやアニメを中心としたオタク文化
など新潟県に関するおもしろいこと(興味深いこと)について取り上げた記事を載せていきます。
ブログを書いている人が新潟市在住ということもあり新潟市に関する記事が多くなってしまいますが、北は村上、南は湯沢、西は糸魚川まで新潟県全域で行動しており、いろいろな地域の内容を扱ってます。
また、新潟との関連性がある内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ずこのブログ名とURLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
感想、応援、意見、反論、情報提供など何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なもののみにさせていただくこともありますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。


2020/01/14



sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。

美食乃国新潟



地域別記事


  

2020年07月25日

【街づくり】人口約18万人の上越市の直江津中心市街地にぽっかり空いた大きな穴が、たった1年で、しかも世界最大級の無印良品の出店で一気に埋まった!これはもう、人口約79万人の新潟市の市民は「古町なんかいらない」とか言ってる場合ではないぞ・・・!

【人口約18万人の上越市の直江津中心市街地にぽっかり空いた大きな穴が、たった1年で、しかも世界最大級の無印良品の出店で一気に埋まった!これはもう、人口約79万人の新潟市の市民は「古町なんかいらない」とか言ってる場合ではないぞ・・・!】
mujirushi-naoetsu1.jpg
上越市の直江津地域の中心市街地にある「エルマール(直江津ショッピングセンター)」の2階に「無印良品 直江津」が2020年7月20日にオープンしました。
この無印良品は新潟県内では初の「直営店」であり、そして何よりもすごいのが店舗規模が「世界最大級」であることです。
元々キーテナントとして1階の一部と2階のほぼ全エリアに「イトーヨーカドー直江津店」が入居していましたが、近年のイトーヨーカ堂の業績不振により全国的に閉店ラッシュが続くなか、こちらの店舗も昨年5月に閉店してしまいました。
それからわずか約1年で、広大な空きスペースのうち2階のほぼ全エリア(スターバックスコーヒー、カルディコーヒーファーム、久世福商店を含む)を埋める形で出店したということになります。
(なお、1階の一部スペースには昨年ピアレマート、マツモトキヨシ、100円ショップワッツなどが出店しており、全てのテナントが埋まっています。)

7月22日に実際にこのお店に行ってみたので、買ったものや食べたものなどを載せ、さらにこれについて(すでにタイトルに書いてありますが)僕が思ったことを書いていこうと思います。


<店舗>
mujirushi-naoetsu3.jpg
上越くらいの規模でかつ地方の車社会の都市の場合、こういうのはたいてい鉄道駅や中心市街地から遠く離れた郊外に出店することが多いのですが、このお店は直江津駅から徒歩約10分、直江津の中心市街地という好立地に出店しています。
駐車場もあるので車でも行きやすいですが、車がなくても行きやすいところが僕にとっては良いと思いました。

mujirushi-naoetsu1.jpg
店舗外観。

mujirushi-naoetsu2.jpg
店内でもらった店舗案内となおえつ良品食堂でもらったメニューです。

mujirushi-naoetsu4.jpg
フロアガイド。
無印良品のほか、スターバックスコーヒー、カルディコーヒーファーム、久世福商店が無印良品に溶け込むように出店しています。
それから、上越地域の農家の人たちが作った野菜などを販売する「なおえつ良品市場」、主に上越地域産の食材を使った料理などを提供するフードコート「なおえつ良品食堂」のような、地元に密着したコーナーもあります。

今回店内の写真は撮ってないので、ほかのウェブサイトやニュースなどを探してご覧ください。
ラブラ万代や長岡駅などにある店舗の何倍もの広さで、品ぞろえも豊富にあります。
ニュースで見るだけでなく、実際に行ってみたほうがどれくらいすごいのかが実感できます。


<食べたもの>
mujirushi-naoetsu7.jpg
スタバでジューシーピーチフラペチーノ(693円)を買いました。
店員さんが今日からの新作でおススメですと言われたので、じゃあ、ということで。

mujirushi-naoetsu8.jpg
なおえつ良品食堂で、上越といえばやっぱりかんずりということで「季節の魚のかんずり焼き定食(700円)」を注文して食べました。
とても美味しかったです。


<思ったこと>
ところで上越市は新潟県第3の規模の都市ですが、人口は約18万人なので新潟市(約79万人)の4分の1くらいです。
その上越市ですら中心市街地や商店街のことをしっかり考え行動し、イトーヨーカドー直江津店が閉店してわずか1年でこの直江津の中心市街地に空いてしまった大きな穴を埋めることができたわけです。
であれば、人口約79万人もいる新潟市が中心市街地や商店街についてしっかり考えることができないわけがないと思いますし、「古町なんかいらない」とか言っている場合ではないと思います(ネットだけでなく、街の中でもちらほらそういう会話を聞くことがあります)。

なので上越市に負けないよう、新潟市では、別に世界最大級のものや大規模なものを誘致しろとは言いませんが、まずは中心市街地、特に古町・本町エリアについての問題を投げ出さず、しっかり向き合っていくことから始めるべきだと思います。



やっぱりニュースやネットで画面越しに見るだけでなく、実際に現地に行って目で見たほうがもっといろいろなことを思ったり考えたりするので良いですね。


posted by 黒華走 at 06:36 | Comment(0) | 街歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]