sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろい」とは「興味深い」という意味のことを指します。
新潟県は非常に興味深いところが多いことからこのようなタイトルにしました。

実際に行ってみる・やってみるをモットーに
● 政令指定都市・開港5港の港町・水と土から成る街 新潟市
● 街歩き・街づくり・再開発
● 鉄道・バス・BRT(公共交通)
● 観光地・イベント
● 美食・美酒
● マンガやアニメを中心としたオタク文化
など新潟県に関するおもしろいこと(興味深いこと)について取り上げた記事を載せていきます。
また、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ずこのブログ名とURLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
感想、応援、意見、反論、情報提供など何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なもののみにさせていただくこともありますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。


2020/01/14



sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。

美食乃国新潟



注目の記事

 

地域別記事


  

2020年03月25日

【新潟県外の街】富山駅路面電車南北接続おめでとう! その2 路面電車が通る道路は渋滞する?道路上にあるのりばは安全? スタンプラリーをしながら路面電車に乗車して確かめてみた【新潟市BRT】

【その2 路面電車が通る道路は渋滞する?道路上にあるのりばは安全? スタンプラリーをしながら路面電車に乗車して確かめてみた】
toyamatram20200321-0.jpgtoyamatram20200321-1.jpg
2020年3月21日に富山県富山市の富山駅では、南口側(繁華街側)と北口側で分断されていた路面電車の線路が駅の高架下で接続し南北直通運転が可能になりました。
この記事ではスタンプラリーをしながら、南富山駅前→富山駅→岩瀬浜駅(繁華街側から郊外側)や岩瀬浜駅→富山駅→環状線・富山大学前方面(郊外側から繁華街側)など南北直通運転をする便を中心に路面電車に乗った感想などを書いていきます。

また、以前あった新潟市BRTの路上バス停の社会実験では、クルマの渋滞への懸念やクルマが走る道路上ののりばの安全性について疑問視する声が多くあったわけですが、富山市の場合、路面電車が通る道路は渋滞するのか、道路上にあるのりばは安全なのか怖くないのか、せっかくの機会なので確かめてみようと思います。



<路線図・時刻表・運賃>
toyamatram20200321-2.jpgtoyamatram20200321-6.jpg
路線図

toyamatram20200321-3.jpgtoyamatram20200321-4.jpg
時刻表

toyamatram20200321-5.jpg
運賃

富山地方鉄道の市内電車の時刻表によると、
富山駅より北側発(岩瀬浜駅発)の便は全て富山駅より南側(南富山駅前駅・富山大学前駅・環状線方面)へ直通運転します。
逆に富山駅より南側発(南富山駅前駅・富山大学前駅・環状線方面)の便は一部が北側への直通で、多くは富山駅止まりになっています。

運賃はどの区間でも一律大人210円、子ども110円です。
ICカードを使うと少し安くなりますが、Suicaなどは使えず、専用のもの(「えこまいか」と「パスカ」)しか使えません。


<1日フリーきっぷ・南北接続記念スタンプラリー>
toyamatram20200321-7-1.jpgtoyamatram20200321-7-2.jpg
1日フリーきっぷ

toyamatram20200321-9.jpgtoyamatram20200321-8.jpg
スタンプラリー

路面電車を何回か乗車するのであれば、路面電車を含む富山市中心部の富山地方鉄道線の一部区間と路線バスの一部区間でも使える「市内電車・バス1日フリーきっぷ(650円)」を買うと良いでしょう。
電鉄富山駅やその近くにある富山地鉄乗車券センターなどで購入できます。

今回はこれを使って、3月21日〜5月8日の期間中に開催する「南北接続記念スタンプラリー」をしながら何回か電車に乗車しました。
路面電車線沿線の6カ所にスタンプが設置されており、それら全てのスタンプを台紙に押すとひとつのイラストが完成します。


<富山駅→南富山駅>
toyamatram20200321-11.jpgtoyamatram20200321-28.jpg
富山駅構内にあるスタンプを押したあと、まずはこのレトロな雰囲気の電車(デ7000形)に乗車して南富山駅前駅まで行きます。
総曲輪や西町などの繁華街を経由する区間ですが、ずっと昔からある路線なので、屋根がなく幅の狭いのりばが多いのも特徴です。

toyamatram20200321-12.jpg
南富山駅に着きました。
スタンプは駅舎の中にあります。


<南富山駅→(富山駅)→東岩瀬駅→岩瀬浜駅>
toyamatram20200321-14.jpg
次に岩瀬浜行きの直通便電車(T100形)に乗車します。

富山駅から北側の区間はかつてはJR西日本の路線でしたが、利用者が少なく赤字が続いていたため一度は廃止されてしまいました。
しかしその後、富山駅までのルートを一部変更してLRT化した上で、富山市が線路などを整備・保有し、第3セクター会社(富山ライトレール株式会社)が電車を運行する「上下分離方式(公設民営方式)」で復活しました。
ちなみに新潟市BRTもこれと同じ方式で運行しています。
現在は3月21日に富山地方鉄道と合併し、富山地方鉄道がこの路線を運営しています。


toyamatram20200321-15.jpg
途中の東岩瀬駅で降りました。

toyamatram20200321-16.jpgtoyamatram20200321-17.jpg
JR時代(国鉄時代)に使われていたこの古い駅舎の中にスタンプがあります。

toyamatram20200321-19.jpg
その後、終点の岩瀬浜駅まで向かいました。


<岩瀬浜駅→(富山駅)→県庁前駅→富山大学前駅>
toyamatram20200321-20.jpg
岩瀬浜駅から折り返し環状線方面への直通便電車(デ9000形)に乗車します。
ちなみにこのデ9000形は新潟産(新潟トランシス製)の鉄道車両です。

toyamatram20200321-21.jpg
スタンプのある「まちなか観光案内所」の最寄り駅である県庁前駅で降ります。

toyamatram20200321-23.jpgtoyamatram20200321-24.jpg
まちなか観光案内所は富山城址公園の付近、メインストリートである城址大通り沿いにあります。

toyamatram20200321-22.jpg
そのあと、県庁前駅の隣の丸の内駅から富山大学前行きの電車に乗車します。

toyamatram20200321-26.jpgtoyamatram20200321-25.jpg
富山大学前駅に到着しました。
スタンプはこののりばのホーム上に設置されています。


toyamatram20200321-27.jpgtoyamatram20200321-10.jpg
最後に富山駅まで戻り、そこからオークスカナルパークホテルまで歩いていき、スタンプを完成させました。


これまでは線路が駅舎で分断されていたので、電車の乗り換えについても階段の昇り降りが必要な地下道を通る必要があり少し面倒でしたが、この日からその必要はなくなったのでかなりラクになりました。


<路面電車が通る道路は渋滞する?道路上にあるのりばは安全?>
toyamatram20200321-25.jpgtoyamatram20200321-28.jpg
路面電車が通る道路は渋滞するのか?
結論から言うと渋滞はしません。
路面電車が通っている道路はほとんどが4〜5車線分の幅で、そのうち2〜3車線分を線路とのりばで占めており、残り2車線は車が通れる車道になっているので一見渋滞してしまいそうに思いがちですが、写真を見ても分かるように渋滞することはありません。

toyamatram20200321-26.jpgtoyamatram20200321-21.jpg
道路の真ん中に設置されているのりばは安全なのか?
安全地帯の標識も立っていますし、横を通る車はゆっくり走っているので、事故でも起こらない限りは安全です。
また、路上ホームで待っている人たちはその横を通る車を怖がっている人は全くいません。


<翌朝の地元紙の反応>
toyamatram20200321-30.jpg
翌朝、地元新聞3紙(北日本新聞、富山新聞、北陸中日新聞)を買いました。
当時たくさんの人が乗車したため大幅な遅延やダイヤの乱れがありましたが、それでもどこかの地元紙と違って全て好印象な内容で書かれていました。

また、北日本新聞の記事によれば森雅志富山市長は開業記念式典で感極まり涙を流したとのこと。
富山市長はコンパクトシティ政策の大きな節目でもある、この路面電車の南北接続事業に特に力を入れていました。
新潟市もBRTを完成させたとき、市長をはじめ、市民みんなが感動し喜べるようになると良いなと思っています。
posted by 黒華走 at 21:01 | Comment(0) | 新潟県外の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]