sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろい」とは「興味深い」という意味のことを指します。
新潟県は非常に興味深いところが多いことからこのようなタイトルにしました。

実際に行ってみる・やってみるをモットーに
● 政令指定都市・開港5港の港町・水と土から成る街 新潟市
● 街歩き・街づくり・再開発
● 鉄道・バス・BRT(公共交通)
● 観光地・イベント
● 美食・美酒
● マンガやアニメを中心としたオタク文化
など新潟県に関するおもしろいこと(興味深いこと)について取り上げた記事を載せていきます。
また、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ずこのブログ名とURLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
感想、応援、意見、反論、情報提供など何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なもののみにさせていただくこともありますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。


2020/01/14



sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。

美食乃国新潟



注目の記事

 

地域別記事


  

2020年01月25日

書いている人の移動手段を紹介(クルマとタクシーは選択肢にはありません)

【僕の移動手段を紹介(クルマとタクシーは選択肢にはありません)】
bycicle.jpg
このブログの筆者は県内のいろいろな場所を移動する際、どのような移動手段で移動しているのかを紹介します。
今年は深刻なクルマ依存社会に対して意見する、切り込む記事を多めに作るつもりなので、そういうのを語る上でもこの記事はとても重要なものになります。



@ 徒歩
自宅などからバス停や鉄道駅まで行くとき、近所のスーパーなどへ買い物へ行くとき、街歩きをするとき、観光地やイベントでの移動手段は徒歩です。


A 自転車
bycicle.jpg
少し遠いところへ行きたいときは自転車を使います。
最近ロードバイクを買ったので、移動がさらに楽に速くできるようになりました。


B バス・高速バス
DSC_0343.jpg
自宅や鉄道駅などから少し遠いところへ移動するとき、県内各地・県外へ行くときに利用します。


C 鉄道
niigatasta-E129kei-11.jpgE7kei-2.jpg
県内各地・県外へ行くときに使います。
【2019年を振り返る】新潟県内の鉄道(公共交通)について考えた2019年の記事にも書きましたが、えちごツーデーパスなどのおトクなきっぷを利用することが多いです。


タクシーも公共交通のひとつですが、なるべく使わないようにしています。
というか新潟に移住してからは一度も使ったことがありませんけどね。
今後もなるべく使わないようにしたいと思います。


このように新潟県内各地、北は村上、南は湯沢、西は糸魚川までクルマとタクシー以外の方法で行き、このブログのネタを探して記事を書いています。
特に不便と感じたことはありません。むしろ楽しいし助かってますよ。

上記の方法で移動するメリットをあげていきます。

全体
・クルマの購入費・維持費・税金・駐車場代などは必要ない
・ガソリンがなくなったら補充しにいくという面倒なことをする必要がない
・環境に優しい

徒歩
・運動不足になりにくい
・周辺の風景を眺めながら移動することが楽しい

自転車
・運動不足になりにくい
・ストレス発散にもなる
・クルマと同じ「車両」ではあるものの、路側帯(と歩道)を通るので渋滞知らず
・自転車保険に加入すれば万が一事故を起こしても安心(加入してます)
・ロードバイクであれば輪行もできるので遠いところへ自転車旅行もできる
・車両がカッコいい

バス・鉄道
・自分が運転しなくて良いから移動中に読書、パソコン作業、ネットや動画の閲覧などができる
・疲れて眠い時は寝ることができる
・職場への通勤の場合、職場から交通費を全額もらえる
・事故が起こっても少なくとも加害者にはならない
・車窓を眺めながら移動できるのは楽しい
・車両がカッコいい


新潟県はクルマ依存社会なので多くの人は「クルマ以外の選択肢はない!」なのかもしれませんが、僕の場合は「クルマの選択肢はない!」です(笑)

今後も上記の移動手段で、なるべくタクシーも使わないで移動していきたいと思います。
【ブログ管理人の最新記事】
posted by 黒華走 at 08:13 | Comment(0) | ブログ管理人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]