sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろい」とは「興味深い」という意味のことを指します。
新潟県は非常に興味深いところが多いことからこのようなタイトルにしました。

実際に行ってみる・やってみるをモットーに
● 政令指定都市・開港5港の港町・水と土から成る街 新潟市
● 街歩き・街づくり・再開発
● 鉄道・バス・BRT(公共交通)
● 観光地・イベント
● 美食・美酒
● マンガやアニメを中心としたオタク文化
など新潟県に関するおもしろいこと(興味深いこと)について取り上げた記事を載せていきます。
また、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ずこのブログ名とURLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
感想、応援、意見、反論、情報提供など何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なもののみにさせていただくこともありますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。


2020/01/14

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



  

2019年12月31日

【2019年を振り返る】新潟県内の鉄道(公共交通)について考えた2019年

【新潟県内の鉄道(公共交通)について考えた2019年】
2019-2.jpg
今年は新潟県内の鉄道を利用する機会が多かったです。



上記写真は2019年の1年間で購入した新潟県内で使えるおトクなきっぷ「えちごツーデーパス」、「えちごワンデーパス」、「きらきら日本海パス」を全て並べたものです。
合わせて27枚あり、1ヶ月に1〜3枚、多い月で4〜5枚購入し使っていました。
特にえちごツーデーパスは週末の2日間、2,740円で県内のJR東日本だけでなく、えちごトキめき鉄道、北越急行の普通列車・快速列車も乗り放題になり、途中下車ができないSuicaエリアでも途中下車が何度でも可能になり、特急券や指定席券を買えば特急列車、新幹線、のってたのしい列車、全席指定席の臨時列車も乗れるなどとても便利でおトクすぎるきっぷなので県内を移動するのに役立っていました。
また、同じ駅の自動改札を何回でも入場・出場できるので、移動だけでなく、駅の入場券としての利用もでき、これも役に立ちました。


2019-3.jpg
えちごツーデーパスは上越市や柏崎市、魚沼市、湯沢町、十日町市など長岡市よりも遠いところにある地域へ行くときによく使っていましたが、その中でも特に上越市へ行くことが多く、移動を楽にするために県内横断・北陸方面へのアクセス特急としての機能がある特急しらゆきを使うことが多かったです。
上記写真は保管していたしらゆき、いなほ、新幹線の特急券を並べたものです。
回収されたものもあるので実際はこれよりももっと多く購入していますが、これでもしらゆきは特に利用が多かったことが分かりますね。


2019-1.jpg
特急だけでなく、のってたのしい列車や臨時列車にも多く乗っていました。
現美新幹線、海里、きらきらうえつ、SLばんえつ物語、越乃Shu*Kura、おいこっと、雪月花と県内全てののってたのしい列車に乗車しました。
なお、2019年は上越新幹線E7系、GV-E400系、海里など新しい鉄道車両が運行開始する一方、キハ40系気動車、きらきらうえつなど古い車両が引退したので、新潟エリアにおける鉄道車両の転換期でもあったような気がしました。


D0JTEtXVYAIH_R6.jpgsetugekka2-40.jpg
鉄道の利用者数や本数は新潟市を離れれば離れるほど少なくなっていき、一番遠い上越地域や柏崎市、魚沼地域ではほとんどの列車がワンマン運転をしているほどです。
それほど業績が厳しいということですし、下手すれば廃線なんてこともあり得る状況です。
特に北陸新幹線開業後に経営分離されたえちごトキめき鉄道は経営が厳しく、数億もの巨額の赤字を埋めるために県民の税金の負担も大きいことから、応援したいという気持ちになり、2月にトキてつサポーターズクラブに入会したり、11月には雪月花を利用したり、それ以外にも上越に行った時は必ずトキ鉄を利用したり、グッズを買ったりしてました。

最近よく新潟県の財政が厳しいと言われてますが、これはやっぱり公共交通の利用者が少なく、クルマ依存社会であることが大きな原因なのではないかと思ってしまいます。



このブログでも今年は鉄道関連の記事が特に多く、鉄道駅、鉄道イベント、鉄道車両、列車旅など更新分も含めて76記事作ってました。
そのため「鉄道駅・鉄道イベント」と「鉄道車両・列車旅」とカテゴリを2つに分けることもしました。

来年についてですが、来年ももっと鉄道を利用しつつ、今度は鉄道よりも危機的状況にあるであろうバスについても触れていきたいなと考えています。
posted by 黒華走 at 23:19 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]