sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろい」とは「興味深い」という意味のことを指します。
実際に行ってみる・やってみるをモットーに、新潟の街歩き、観光地、イベント、BRT、鉄道、日本酒など
新潟に関するおもしろいことや興味深いことについて取り上げた記事を載せていきます。
また、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、反論、情報提供など何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なもののみにさせていただくこともありますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。


2019/09/13

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



  

2019年12月02日

【のってたのしい高級列車】えちごトキめきリゾート 雪月花 その2 雪コース(午前便) 上越妙高駅→二本木駅→妙高高原駅 沿線の景色、妙高山、スイッチバック、食事など【日本海美食旅】

【その2 雪コース(午前便) 上越妙高駅→二本木駅→妙高高原駅】
setugekka2-14.jpgsetugekka2-28.jpg
この記事では雪月花の雪コース(午前便)のうち上越妙高駅→二本木駅→妙高高原駅の区間の沿線の景色や停車駅での様子、食事の内容などについて書いていきます。
(乗車日:2019年11月23日)


【雪月花】
setugekka1-1.jpg
「雪月花」はえちごトキめき鉄道(以下トキ鉄)の妙高はねうまラインと日本海ひすいラインを運行するリゾート列車です。
新潟の美食とトキ鉄沿線の景色および地域の人々との交流などを楽しむことをコンセプトにしています。

車両はET122系1000番台気動車(新潟トランシス製)2両を使用しています。

基本的な運行形態は
上越妙高駅を発車後、二本木駅→妙高高原駅→(折り返し)→直江津駅→糸魚川駅の順に停車して行く「雪コース(午前便)」と
糸魚川駅を発車後、筒石駅→直江津駅→二本木駅→妙高高原駅→(折り返し)→上越妙高駅の順に停車して行く「月コース(午後便)」の2種類あります。
どれも冬期を除く毎週土曜日と日曜日に運行しています。
食事は雪コースはフレンチ、月コースは和食が提供されます。
料金はどちらも運賃や食事代などを含めて17,500円です(トキ鉄サポーターズクラブ会員の場合1,000円引きの16,500円になります)。
2号車のハイデッキを利用する場合は1グループ(2名〜4名)で15,000円の追加料金が必要になります。

これ以外にも冬期はそれらとは違う沿線地域の観光地や施設の見学なども含んだツアー形式の特別運行もあります。
それから、不定期に北越急行ほくほく線やJR信越本線など他社線へ乗り入れる臨時運行をすることもあります。
この特別運行や臨時運行についてはそれぞれ料金や停車駅、食事内容などが異なるので、公式サイトやパンフレットを確認してください。

予約方法は雪月花予約センターへの電話のみになります。
予約後振込用紙が届き、トキ鉄本社に料金を振り込むと予約完了し、乗車数日前に乗車案内と乗車記念証が届きます。

この雪月花について、車両の外観、車内の様子、売店販売商品、沿線の景色、途中の停車駅での見どころ、提供される食事などいくつかの記事に分けて載せていきます。


<目次>
その1 とことん新潟県産にこだわった 車両の外観・車内の様子・売店販売商品・多数の受賞など
その2 雪コース(午前便) 上越妙高駅→二本木駅→妙高高原駅 沿線の景色、妙高山、スイッチバック、食事など
その3 雪コース(午前便) 妙高高原駅→直江津駅→糸魚川駅



<上越妙高駅>
setugekka2-0.jpg
天気が変わりやすい11月にしては雲がほとんどないとても良い天気になりました。
上越妙高駅西口から見える色付いた山がきれいに見えます。
こんなに天気の良い日に雪月花に乗車できるとはラッキーです^^

setugekka2-3.jpgsetugekka2-4.jpg
setugekka2-1.jpgsetugekka2-2.jpg
setugekka2-39.jpgsetugekka2-40.jpg
雪月花は1人あたり17,500円と決して安くはないものの、4ヶ月前の予約開始からすぐに席が埋まり、運行直前までにはほとんど満席になるほど人気の高いリゾート列車です。
列車や食事に高級感や特別感があることから、喜寿のお祝いや結婚記念日といった特別な記念日に利用する人も多いそうです。
僕は今回は何かのお祝いというわけでも記念日というわけでも何でもなく、ただ「日本海美食旅」がコンセプトの新潟庄内DC開催期間中という理由だけで、かねてより乗ってみたかった雪月花に1人で乗車してみました。
ちなみに僕はトキてつサポーターズクラブ会員なので1,000円引きになり16,500円になりました。ありがとうございます。
乗車数日前に自宅に送られてくる乗車記念証も高級感があふれていますね。
この乗車記念証は記載されている日付に限りトキ鉄全線の普通列車、快速列車が無料で利用できます。


<上越妙高駅→二本木駅>
setugekka2-5.jpgsetugekka2-6.jpg
まず乗車すると自分の席には上の写真のようにいろいろ準備されています。

setugekka2-7-2.jpgsetugekka2-8.jpg
写真の@の赤い冊子は当列車の停車駅と発着時刻、路線図と沿線の見どころ、観光地、車内、食事、売店販売商品などについて詳しく書いてあり、裏表紙は乗車記念スタンプの台紙になっています。
Aの白い冊子はウェルカムドリンク・食事・デザートの内容と追加注文できるアルコール・ソフトドリンクが記載されています。
Bはウェルカムドリンクをのせるためのコースター、Cは紙ナプキン、Dはミネラルウォーター(胎内市・胎内高原の水)、Eはおしぼりです。
そして、下に敷かれているランチョンマットには調理企画・プロデュース アドバイザーの岩佐十良氏によるメッセージが記載されています。

なお、乗車の際やウェルカムドリンクと食後のドリンクの選択、食事・ドリンク・デザート・お土産の提供の際などアテンダントが一人ひとり丁寧に至れり尽くせり接客してくれます。

setugekka2-9.jpgsetugekka2-10.jpg
上越妙高駅を発車してすぐに妙高山や火打山などの妙高連山が見えてきます。すでに雪が積もってますね。
日本最大級のワイドな車窓から見る沿線の景色は普通列車で見ている時のとは格段に違います。
なお、当列車はいろいろなところでトキ鉄の社員やアテンダントの方々によるアナウンスがされるので、この区間に何回か乗っている僕でも知らなかったことを知ることができてとても良いと思いました。


<二本木駅でのスイッチバック・二本木駅>

最初の停車駅二本木駅が近づいてきました。
二本木駅は今では数少ないスイッチバック式の駅になっています。
そのスイッチバックをして駅へ入線する様子を日本最大級の前面展望から動画で撮っておいたのでそれを載せておきます。

setugekka2-11.jpgsetugekka2-14.jpg
setugekka2-15.jpgsetugekka2-13.jpg
setugekka2-16.jpgsetugekka2-17.jpg
setugekka2-18.jpgsetugekka2-19.jpg
setugekka2-20.jpgsetugekka2-21.jpg
setugekka2-22.jpg
二本木駅では約19分の停車時間があります。
ホームでは地元の人たちが地元の特産品やトキ鉄グッズなどを販売しています。
また、この停車時間中にトキ鉄の乗務員による二本木駅に関するミニツアーも行われます。


<食事>
setugekka2-26.jpgsetugekka2-27.jpg
二本木駅発車後に食事とウェルカムドリンクが提供されます。
飯塚隆太氏監修、石塚強氏調理による新潟県産の食材をふんだんに使用した豪華なフレンチです。
ドリンクは新潟市西蒲区のフェルミエのスパークリングワインです。

setugekka2-28.jpgsetugekka2-29.jpgsetugekka2-30.jpg
上記写真の左から1段目、2段目、3段目です。どれも美味いです。



新潟県内を走る鉄道車両・新潟産の鉄道車両 目次
posted by 黒華走 at 23:50 | Comment(0) | 鉄道車両・列車旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]