sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろい」とは「興味深い」という意味のことを指します。
実際に行ってみる・やってみるをモットーに、新潟の街歩き、観光地、イベント、BRT、鉄道、日本酒など
新潟に関するおもしろいことや興味深いことについて取り上げた記事を載せていきます。
また、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、反論、情報提供など何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なもののみにさせていただくこともありますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。


2019/09/13

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



  

2019年11月07日

【大規模再開発】@ 中央区万代5丁目再開発エリア(アパホテル&マンション) その2(2019年11月7日)【政令市で都会の新潟市】

【中央区万代5丁目再開発エリア その2(2019年11月7日)】
banidai5_20181218_2.jpg
前回からすでに1年近く経ち、このエリアについて詳しい情報がいろいろ出てきたのでそろそろこの辺で一度まとめてみたいと思います。
写真は前回の2018年12月からほとんど変わっていないのでその時のものをそのまま使っています。


<過去の記事>
その1(2018年12月18日)
その2(2019年11月7日)



@banidai5_20181218_2.jpgA万代5丁目再開発(アパホテル&マンション)
B新潟日報メディアシップから見た万代5丁目再開発エリア(アパホテル&マンション)C新潟日報メディアシップから見た万代5丁目再開発エリア(アパホテル&マンション)
@ ホテル・マンション建設予定地 A 付近の歩道橋から見た再開発エリア BC 新潟日報メディアシップ20階展望室から見た再開発エリア

まずは建設場所の様子から。
新潟市中央区の新潟駅から歩いて約7分、万代シテイ近くの流作場五差路交差点付近にあり、現在はコインパーキングになっています。
今も前回とはほとんど変化がないので、上記の写真は前回の2018年12月のものを使っています。


次に建設場所や住所、面積、高さ、階数、客室数、戸数などの情報をまとめてみます。

<基本情報>
ホテル・マンション共通
建設場所:
万代5丁目再開発エリア(アパホテル&マンション)の場所
住所:新潟市中央区万代5丁目
交通アクセス:JR新潟駅から徒歩約7分、BRT万代シテイバス停から徒歩約3分
駐車場台数:両施設合わせて280台

ホテル
名称:アパホテル&リゾート新潟駅前大通
面積:約3,180u
高さ:約60メートル
階数:地上19階
客室数:1001室
着工:2020年1月中旬
完成:2021年11月

マンション
名称:未定
面積:約2,370u
高さ:約60メートル
階数:地上19階(地下1階)
戸数:212戸
着工:2020年1月中旬
完成:2022年3月

高さは残念ながら100m超えにはなりませんでしたが、これでもそれなりに高いと思いますし、メインストリート沿いのぽっかり空いた大きな穴が埋まるだけマシですね。
それに1000室以上作るというのは決まっているようで、1000室前後のホテルは国内では東京都や大阪市のような大都市に特に多く、それ以外の政令市では数えるほどしかないことを考えると、1個でもあると自慢できるんじゃないでしょうか?
あと、ホテルだけを無駄に多く乱立するよりも、1000室の大規模ホテルを1個だけポンと建てて、それ以外はオフィスビルやマンション、商業ビル、専門学校などいろいろな建物が建っている方が街として良いと思いますし。


建設が始まったら随時記事を作っていきたいと思います。
そして、完成したら実際にホテルで1泊してみたいなと考えてます^^



アパ複合施設は19階建てツインビル 新潟・万代 20年1月着工
↑最新の情報は新潟日報のこの記事に載っています。

アパホーム鰍フ万代5丁目ホテル・マンション事業計画説明会が開催
↑ホテル・マンションの建設予定地図とそれぞれの平面図はにいがた経済新聞のこの記事に載っています。



政令市で都会の新潟市 目次
posted by 黒華走 at 13:43 | Comment(0) | 政令市で都会の新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]