sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「新潟の街歩き」を主軸に、
「政令市で都会」、「開港5港の港町」、「大量の水と多様な土から生まれた都市」、「新潟市BRT」など新潟市に関連すること、
「新潟県の鉄道路線網・鉄道駅・鉄道イベント」、「新潟県内を走る鉄道車両・新潟産の鉄道車両」、「日本酒」、「観光地・イベント」、「多数の漫画家の出身地」など新潟県全体に関することなど
「新潟のおもしろいところ」について取り上げた記事を載せていきます。
それらから発展し、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/09/13



  

2019年09月09日

【のってたのしい列車】祝★20周年! ばんえつ物語 その6 完全復活!SLばんえつ物語 沿線の景色 往路 福島県内区間(野沢駅→会津若松駅)編

【その6 完全復活!SLばんえつ物語 沿線の景色 往路 福島県内区間(野沢駅→会津若松駅)編】
SLbanetsu3-10.jpg
SLばんえつ物語の車窓や展望車両から見た磐越西線の景色や見どころ、途中の停車駅での様子を載せていきます。
次は福島県内区間。


【ばんえつ物語】
「ばんえつ物語」は主に毎週土曜日・日曜日や連休に新津駅から磐越西線を経由して福島県会津若松市の会津若松駅までを往復運行するのってたのしい列車です。
1999年4月29日から運行開始したもので、2019年4月29日でちょうど20周年になります。
普段はSL(C57-180)が客車を牽引して運行しており、「森と水とロマンの鉄道」という愛称の付けられた同区間の阿賀野川や五頭連峰などの風光明媚な景色を眺めながら列車旅を楽しむことができます。

快速列車のため特急料金はかかりませんが、全車指定席なので指定席料金が必要になり、普通車指定席の場合はどの区間でも520円、グリーン車の場合は距離によって変動し最低770円、最高1670円かかります。

このばんえつ物語について、車両の外観や車内の様子、車内でのイベント、沿線の風景などの記事をこれから順次載せていきます。


<目次>
その1 DLばんえつ物語 車両の外観・車内の様子
その2 DLばんえつ物語 沿線の景色 往路(新津駅→会津若松駅)
その3 DLばんえつ物語 沿線の景色 復路(会津若松駅→新津駅)
その4 完全復活!SLばんえつ物語 車両の外観・車内の様子・グッズなど
その5 完全復活!SLばんえつ物語 沿線の景色 往路 新潟県内区間(新潟駅→新津駅→日出谷駅)編
その6 完全復活!SLばんえつ物語 沿線の景色 往路 福島県内区間(野沢駅→会津若松駅)編
その7 完全復活!SLばんえつ物語 復路(会津若松駅→新津駅)編



<停車駅と発着時刻>
快速SLリレー
新潟(09:30 発)→ 新津(09:45 着)
SLばんえつ物語
新津(10:05 発)→ 五泉(10:22 着 10:23 発) → 咲花(10:40 着 10:41 発)→ 三川(10:58 着 10:59 発) → 津川(11:12 着 11:28 発)→ 日出谷(11:43 着 11:45 発) → 野沢(12:17 着 12:19 発)→ 山都(12:40 着 12:50 発) → 喜多方(13:06 着 13:08 発)→ 塩川(13:18 着 13:20 発) → 会津若松(13:35 着)


<野沢駅→山都駅>
SLbanetsu3-1.jpgSLbanetsu3-2.jpgSLbanetsu3-3.jpg
SLbanetsu3-4.jpgSLbanetsu3-5.jpgSLbanetsu3-6.jpg
SLbanetsu3-7.jpgSLbanetsu3-8.jpgSLbanetsu3-9.jpg
日出谷駅を出てしばらくすると福島県に入ります。
磐越西線沿線を流れる川は新潟県民にとっては「阿賀野川」の名称で馴染みがあると思いますが、これが福島県に入ると「阿賀川」という名称に変わります。
ここからも引き続き山都駅までは阿賀川と山々に沿って進みます。


<山都駅>
SLbanetsu3-10.jpgSLbanetsu3-11.jpgSLbanetsu3-12.jpg
喜多方市の山都駅では機関車の点検・整備のため約10分の停車時間があります。
この停車時間を利用して点検・整備の様子を見たり、記念撮影をしたりすることができます。


<山都駅→喜多方駅>
SLbanetsu3-14.jpgSLbanetsu3-15.jpgSLbanetsu3-16.jpg
SLbanetsu3-17.jpgSLbanetsu3-18.jpgSLbanetsu3-19.jpg
SLbanetsu3-20.jpgSLbanetsu3-21.jpgSLbanetsu3-22.jpg
SLbanetsu3-23.jpgSLbanetsu3-24.jpgSLbanetsu3-25.jpg
SLbanetsu3-26.jpgSLbanetsu3-27.jpgSLbanetsu3-28.jpg
山都駅〜喜多方駅間の山都駅寄りのところには磐越西線の写真撮影の人気スポットである「一ノ戸川橋梁」があります。(GV-E400系電気式気動車の営業運転開始日にもらったポストカードに写っている橋梁がこの橋梁です。)
上記の写真を見ても分かるように川沿いにはたくさんの撮り鉄の方たちで賑わっています。
ここからしばらく進むと会津盆地に入り、まわりの風景がガラリと変わります。

山都駅から16分ほどで喜多方駅に到着します。
喜多方駅はJR東日本新潟支社と仙台支社の支社境駅で、非電化区間から電化区間へ変わる駅でもありますが、新津駅および新潟駅から発車する津川駅以東へ向かう列車は運行の都合上すべて会津若松駅まで運行し、乗務員の交代もありません。
なお、2番線には「フルーティアふくしま」も止まっていました。


<喜多方駅→会津若松駅>
SLbanetsu3-29.jpgSLbanetsu3-30.jpgSLbanetsu3-31.jpg
SLbanetsu3-32.jpgSLbanetsu3-33.jpgSLbanetsu3-34.jpg
SLbanetsu3-35.jpgSLbanetsu3-36.jpgSLbanetsu3-37.jpg
SLbanetsu3-38.jpgSLbanetsu3-39.jpgSLbanetsu3-40.jpg
SLbanetsu3-41.jpgSLbanetsu3-42.jpgSLbanetsu3-43.jpg
喜多方駅からは会津盆地のほぼ真ん中を南方向へひたすら縦断します。
進行方向左側には会津富士とも呼ばれることのある「磐梯山」が見えます。
途中塩川駅に停車し、その15分後には終点の会津若松駅に到着します。



新潟県内を走る鉄道車両・鉄道イベント・新潟産の鉄道車両 目次
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]