sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「新潟の街歩き」を主軸に、
「政令市で都会」、「開港5港の港町」、「大量の水と多様な土から生まれた都市」、「新潟市BRT」など新潟市に関連すること、
「新潟県の鉄道路線網・鉄道駅・鉄道イベント」、「新潟県内を走る鉄道車両・新潟産の鉄道車両」、「日本酒」、「観光地・イベント」、「多数の漫画家の出身地」など新潟県全体に関することなど
「新潟のおもしろいところ」について取り上げた記事を載せていきます。
それらから発展し、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/09/13



  

2019年05月29日

【新緑の飯山線の列車旅】おいこっと 車両の外観・車内の様子編【のってたのしい列車】

【おいこっと】
oykot1-1.jpgoykot1-11.jpg
「おいこっと」は長野県長野市の長野駅からしなの鉄道北しなの線、JR飯山線を経由して十日町駅までの区間を主に土曜・日曜・祝日にJR東日本長野支社が往復運行するのってたのしい列車です。
快速列車なので特急料金はかかりませんが、全車指定席なので指定席料金がどの区間でも520円かかります。
「おいこっと」の名前は大都会を象徴する東京をローマ字表記した「TOKYO(とうきょう)」を逆にした「OYKOT(おいこっと)」から来ており、飯山線沿線の景色が大都会東京とは真逆の田舎であるという意味が込められています。
実際飯山線の沿線は日本一長い信濃川(長野県内では「千曲川」と呼ぶ)や山々、田園風景などといった、いわゆる田舎の風景がずっと続きます。

このおいこっとについての記事を「車両の外観・車内の様子」と「車内のお楽しみ・イベント・沿線の風景」の2つの記事に分けて作っていきます。
当記事は「車両の外観・車内の様子」です。


<目次>
車両の外観・車内の様子編
車内のお楽しみ・イベント・沿線の風景編


【おいこっと 車両の外観・車内の様子編】

<車両の外観>
oykot1-1.jpgoykot1-8.jpg
oykot1-27.jpgoykot1-26.jpg
oykot1-9.jpgoykot1-10.jpg
oykot1-11.jpgoykot1-12.jpg
車両はキハ110形気動車を使用しており、外観は「ふる里」や「おばあちゃんの家」を連想する茅葺き屋根の民家の襖や障子などをイメージしたデザインになっています。


<車内の様子>
oykot1-13.jpgoykot1-14.jpg
oykot1-15.jpgoykot1-16.jpg
oykot1-17.jpgoykot1-22.jpg
oykot1-18.jpgoykot1-21.jpg
oykot1-20.jpgoykot1-23.jpg
oykot1-19.jpgoykot1-24.jpg
oykot1-25.jpg
車内は子供のころ、夏休みに遊びに行っていたおばあちゃんの家のような、懐かしさ、楽しさを感じさせる「古民家」風のデザインに改造されています。
椅子はおばあちゃんの家にある座布団のようなデザインになっており、テーブルも設けられ、ブラインドも障子のようなデザインになっています。
天井にはモニターが設置されており、飯山駅を過ぎたあたりから沿線の観光案内の動画が流れます。


<電光掲示板>
oykot1-2.jpgoykot1-3.jpg
oykot1-4.jpgoykot1-5.jpg
oykot1-6.jpgoykot1-7.jpg
長野駅の電光掲示板のおいこっとの英語表記も「OYKOT」になっています。



新潟県内を走る鉄道車両・鉄道イベント・新潟産の鉄道車両 目次
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]