sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地など
「新潟のおもしろいところ」を紹介・応援をし、多くのいろいろな人にも新潟に興味を持ってもらえる、おもしろいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/03/24

政令市で都会の新潟市

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

大成功の新潟市BRT

新潟県の主要鉄道駅・鉄道車両・鉄道イベント

日本酒王国にいがた

新潟県内の観光地・イベント

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)



  

2019年04月23日

【日本酒王国にいがた】越後長岡蔵開き その5 朝日酒造株式会社「蔵フェス2019in朝日山」

【越後長岡蔵開き】
kurabiraki5-1.jpgkurabiraki3-1.jpg
「越後長岡蔵開き」は2019年4月20日に長岡市にある4つの酒蔵(吉乃川株式会社、長谷川酒造株式会社、お福酒造株式会社、朝日酒造株式会社)が同時に蔵開きを開催するイベントです。
長岡市内には県内の自治体で最も多い16の酒蔵があることから全国屈指の酒どころであり、地域の観光資源としても注目されています。そのため、これまでに独自に蔵開きを開催していた吉乃川と朝日酒造がそれをアピールしよう、盛り上げようと考え、このような複数の酒蔵が蔵開きを同日開催するイベントを発案し、今回初めて開催に至ったとのことです。
イベント内容は各会場で若干異なる部分はあるものの、大体は無料の振る舞い酒の提供、有料での日本酒の試飲、酒蔵や工場内の見学、日本酒や飲食物などの販売が行われていました。
どの会場もたくさんの人で賑わっていたため、大成功のイベントだったのではないかと思いました。
また、新潟駅〜長岡駅・宮内駅・来迎寺駅の区間の臨時快速列車や各酒蔵間を結ぶシャトルバスも運行されていました。
当ブログではその臨時快速列車と各酒蔵のイベントの様子を5つの記事に分けてお見せしていこうと思います。

当記事はその5 朝日酒造株式会社「蔵フェス2019in朝日山」です。


<目次>
その1 臨時快速「越後長岡蔵開き号」
その2 吉乃川株式会社「吉乃川蔵開き2019」
その3 長谷川酒造株式会社「長谷川酒造蔵開き2019」
その4 お福酒造株式会社「お福酒造蔵開き2019」
その5 朝日酒造株式会社「蔵フェス2019in朝日山」

【その5 朝日酒造株式会社「蔵フェス2019in朝日山」】
kurabiraki5-1.jpgkurabiraki5-2.jpg
kurabiraki5-3.jpgkurabiraki5-4.jpg
kurabiraki5-5.jpgkurabiraki5-6.jpg
kurabiraki5-7.jpgkurabiraki5-8.jpg
kurabiraki5-9.jpgkurabiraki5-10.jpg
kurabiraki5-11.jpgkurabiraki5-12.jpg
kurabiraki5-13.jpgkurabiraki5-14.jpg
kurabiraki5-15.jpg
朝日酒造株式会社は長岡市の越路地域にある酒蔵で、来迎寺駅から西方向に徒歩約10分で着きます。
真新しい頑丈そうな建物が立ち並ぶ酒蔵で、蔵開きのイベントは昨年から独自に開催していましたが、今回はこの合同開催のイベントに合わせる形になるようです。
他の3つの酒蔵では年配の方が多い印象でしたが、こちらでは子連れのファミリーも多い印象でした。
イベント内容は甘酒を含む無料の振る舞い酒、酒粕詰め放題、有料でのおつまみ付きの試飲、物販、酒蔵見学、キッズコーナーなどがありました。



日本酒王国にいがた 目次
posted by あおはな at 06:02 | Comment(0) | 日本酒王国にいがた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]