sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地など
「新潟のおもしろいところ」を紹介・応援をし、多くのいろいろな人にも新潟に興味を持ってもらえる、おもしろいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。
なお、たまに新潟県外の地域の記事を出すことがありますが、新潟との関連性が強い内容のものを出していきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/03/24

政令市で都会の新潟市

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

大成功の新潟市BRT

新潟県の主要鉄道駅

新潟県内を走る鉄道車両・鉄道イベント

日本酒王国にいがた

新潟県内の観光地・イベント

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)



  

2019年02月22日

【のってたのしい列車】現美新幹線

【現美新幹線】
gembi1.jpggembi6.jpg
現美新幹線は上越新幹線の新潟県内区間である越後湯沢駅〜新潟駅間を土日祝日や連休限定で運行するイベント列車(のってたのしい列車)で、「世界最速の芸術鑑賞」をコンセプトにE3系車両を改造した車内に芸術作品の展示とキッズスペース・カフェの設置がされています。
乗車(入場)するには通常の新幹線に乗車する時と同じように該当区間の乗車券と特急券を駅の券売機や窓口などで購入して乗るだけで大丈夫です。
自由席特急券の場合は芸術作品やカフェがある12〜16号車、指定席特急券の場合は左に加え指定席車両の11号車にも乗車できます。

当記事では新幹線車両の外観や車両内の一部、カフェのメニューの一部などを紹介します。
(撮影日:2019年2月15日)


<車両外観>
gembi1.jpggembi2.jpg
gembi3.jpggembi4.jpg
左上:16号車側(新潟方面側) 右上:11号車側(越後湯沢方面側)
左下:現美新幹線ロゴ 右下:ホームの乗車口案内

黒塗りの車体にそれぞれの車両には長岡の花火が描かれています。


<車内>
@gembi10.jpgAgembi9.jpg
Bgembi5.jpgCgembi8.jpg
Dgembi11.jpgEgembi13.jpg
Fgembi6.jpgGgembi7.jpg
@ 車両編成の案内 A 通路 B 11号車 C 13号車(手前からキッズスペース、カフェ) D キッズスペースにあるロゴ入りのトランク E カフェで購入できるツバメコーヒー(ホット) F 12、14〜16号車 G 12、14〜16号車のソファ
11号車は通常の指定席特急料金で乗車できる指定席車両ですが、山形新幹線などで使用されていた時はグリーン車であったため、今でもグリーン車の座席になっています。座席や床を含む車両内全体が芸術作品になっています。
13号車にはキッズスペースとカフェが設置されています。キッズスペースではプラレールで遊ぶことができ、カフェではコーヒーやビール、お菓子などを購入できます。
12、14〜16号車には芸術作品が展示されている車両で、上記のようなソファに座りながら作品鑑賞することもできます。


gembi14.jpg
今回は越後湯沢駅から終点の新潟駅まで乗車しました。



新潟県の主要駅・鉄道車両・イベント 目次
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]