注目の記事

 


にいがたガイダンス YouTubeチャンネル

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはXもご覧ください。





  

2019年02月01日

【新潟市の天気】2019年1月の新潟市の降雪・積雪状況レポート

【2019年1月の新潟市の降雪・積雪状況レポート】
sekisetsu201901.jpg
↑最も積雪量が多かった日の様子
新潟県は日本海側地域であり日本でもトップクラスの豪雪地帯で知られる県ですが、その県庁所在地であり政令指定都市の新潟市については例外で、降雪量・積雪量ともに県内の他の市町村、さらには本州日本海側の他県の市町村に比べても圧倒的に少ないのが特徴です。
道路の中央部などに設置され積雪がある時に地下水を散布する、長岡市発祥の「消雪パイプ」は新潟市内では西蒲区と秋葉区以外には設置されていないほどです。

そこで今回はその2019年1月版として、どれくらい雪が少ないのか、あるいは降雪・積雪があるのかないのかを2019年1月中にTwitterで状況をレポートしていましたので、それを全てここでお見せします。
また、冬の降雪量・積雪量が少ないかほとんどないことは「都会」であることの特徴ですから、新潟市もそれに当てはまる街であるということも同時に証明していき、さらに新潟市に進学や就職、転勤などで移住する方々の冬の状況についての参考にもなればと思っています。

レポートする日は天気予報で雪マークが付いている日と予報に関わらず降雪・積雪があった日に限定し、それ以外の日はツイートしていません。


<2019年1月の降雪・積雪状況概況>
1月は新潟市でも例年積雪量が比較的多い時期ですが、今季は全体的に積雪量が少なく過ごしやすい月でした。
月末に「今季最強の寒気で全国的に雪と寒さ注意」とのニュースがありましたが、30cm以上の積雪量になる可能性の高い大雪警報・注意報は出ていなかったため、最も積雪量の多かった月末ですら10cmほどしかありませんでした。
ちなみに、新潟県の魚沼地域や妙高市、阿賀町などの山間部に関しては例年と変わらない積雪量のようです。


<Twitterでのレポート>




























政令市で都会の新潟市 目次
posted by 八七 at 03:16 | Comment(0) | 新潟移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]