sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地など
「新潟のおもしろいところ」を紹介・応援をし、多くのいろいろな人にも新潟に興味を持ってもらえる、おもしろいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。
なお、たまに新潟県外の地域の記事を出すことがありますが、新潟との関連性が強い内容のものを出していきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/03/24

政令市で都会の新潟市

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

大成功の新潟市BRT

新潟県の主要鉄道駅

新潟県内を走る鉄道車両・鉄道イベント

日本酒王国にいがた

新潟県内の観光地・イベント

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)



  

2018年11月26日

【アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)】その1 新潟県新潟市「新潟市マンガ・アニメ情報館」「新潟市マンガの家」

【新潟市マンガ・アニメ情報館】
anime-seichi1-2.JPGanime-seichi1-1.JPG
anime-seichi1-3.jpggatafesvol9_1-7
上:新潟市マンガ・アニメ情報館(写真の建物は万代シテイビルボードプレイス2でこの建物内に当施設があります)
左下:新潟市マンガ・アニメ情報館出入口と万代シテイPRキャラクターのばんにゃい 右下:名誉館長の花野古町と笹団五郎

新潟市マンガ・アニメ情報館」は新潟市中央区の万代シテイにあるマンガ・アニメ関連の施設です。
2018年と2019年に一般社団法人アニメツーリズム協会が実施したアニメファン対象の投票により、「日本のアニメ聖地88」のひとつに選ばれています。


新潟県および新潟市は多数の有名漫画家を輩出していることから、そういったことを全国にアピールするため、新潟市が「新潟市のマンガ・アニメを活用した街づくり構想」を策定しており、この施設はそのひとつの取り組みとして作られた施設です。
当施設では新潟出身およびゆかりのある漫画家やアニメクリエイターの紹介、マンガやアニメの基本的なことやそれらができるまでの行程の紹介、声優体験などを常設展示しています。
それと、1〜2ヶ月ほどのサイクルで様々なマンガ・アニメ作品の企画展示や漫画家・イラストレーターによるサイン会なども開催されています。

入場料は基本的には有料ですがかなりリーズナブルな価格となっています。
入場料については公式サイトを確認してください。


【新潟市マンガの家】
anime-seichi1-4.JPGgatafesvol9_1-7
左:新潟市マンガの家 右:名誉館長の花野古町と笹団五郎
新潟市マンガの家」は新潟市中央区の古町にあるマンガ・アニメ関連の施設です。
こちらも「日本のアニメ聖地88」のひとつに選ばれており、新潟市が策定した「新潟市のマンガ・アニメを活用した街づくり構想」のひとつの取り組みとして作られた施設です。
 
当施設では赤塚不二夫先生や魔夜峰央先生など新潟ゆかりのギャグ漫画家の作品世界に触れることができるとともに、マンガ制作体験や講座なども毎日開催しています。
入場料は無料です。


【Twitter】




【関連記事】
<がたふぇす Vol.9>
その1 古町エリア 会場の様子(古町通6、7番町)
その2 古町エリア 会場の様子(古町通5、1〜3番町)
その3 古町エリア 新潟痛車フェス 古町通5〜7番町
その4 古町エリア 新潟痛車フェス 古町通1〜3番町



アニメの聖地の街歩き 目次
posted by 黒華走 at 07:51 | Comment(0) | アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]