sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「街歩き」を主軸に、
「政令市で都会」、「開港5港の港町」、「大量の水と多様な土から生まれた都市」、
「新潟市BRT」、「県内の鉄道路線網・鉄道駅・鉄道イベント」、
「県内を走る鉄道車両・新潟産の鉄道車両」、
「日本酒」、「観光地・イベント」、「多数の漫画家の出身地」など
新潟に関する興味深いことについて取り上げた記事を載せていきます。
それらから発展し、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは最新の行動や色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/09/13

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



  

2018年10月03日

【水と土の芸術祭 2018】㉓ クルマを使わないスタンプラリーの旅 秋葉区(秋1、秋2、他1、J5)、南区(南1、南2、J6)

【クルマを使わないスタンプラリーの旅 秋葉区、南区】
8月25日に自宅の最寄駅から自転車を輪行して秋葉区の新津駅まで行き、そこをスタート地点にして以下の地図青線のルートを通ってスタンプを集め、新津駅を目指しました。
(初公開日:2018/09/03)

<ルート>
mizutsuchi-map-akihaminami.png
このルートだけで距離は約30kmでした。


★新津駅をスタート
大雨が降りそうで降らないという不安定な天候の中、新津駅をスタート。
今回のルートにはスタンプラリーや施設自体が平日休みの箇所がいくつかあるので、どうしてもこの日にやりたかったのです。



@ 秋1 秋葉硝子
秋葉硝子」は秋葉区草水町にあるガラス工房で、東新津駅から徒歩約10分のところにあります。
工房の見学は自由にでき、作品の展示販売もされています。
mizutsuchi_akiha1-2.jpg



A 他1 新潟市新津美術館
「新潟市新津美術館(他1)」は秋葉区の新津地域にある美術館で、近現代の日本画や洋画、現代美術や写真展、絵本原画、漫画・アニメーションなどのサブカルチャー展などが開催されています。
作品についてはK その他エリア 新潟市新津美術館、上堰潟公園、角田浜
mizutsuchi_akiha1-3.jpg



B J5 石油の里公園 里山ビジターセンター
「石油の里公園 里山ビジターセンター」は秋葉区金津の石油の里公園内にある、秋葉丘陵の情報発信や登山準備、休憩の場として利用できる施設です。
mizutsuchi_akiha1-7.jpg



C 秋1 町屋ギャラリー薩摩屋
「町屋ギャラリー薩摩屋」は秋葉区小須戸地域にある、小須戸地域の町屋造りのショールームとして活用されている施設です。



★小須戸橋を渡って南区へ
mizutsuchi_akiha1-10.jpg


D J6 しろね大凧と歴史の館
しろね大凧と歴史の館」は南区白根地域にある日本国内や世界の凧を展示している施設です。白根地域の歴史が分かる展示コーナーもあります。
mizutsuchi_minami1-1.jpgmizutsuchi_minami1-2.jpg



E 南2 天昌堂
「天昌堂」は南区白根地域の商店街の中にある地域包括ケア推進モデルハウスです。
mizutsuchi_minami1-3.jpg



F 南1 たぬきの茶の間
「たぬきの茶の間」は南区臼井地域にある、地域住民が集い駄菓子を販売したり、イベントを開催したりする地域の茶の間として活用されている施設です。
mizutsuchi_minami1-4.jpgmizutsuchi_minami1-5.jpg



★スタンプラリーコンプリート
国道460号線新津駅方面をひたすら進み、新津駅に到着。
輪行して新潟駅へ行き、全て揃ったスタンプラリーシートを持って行きました。



★後日談(2018/10/03)
ちなみに、スタンプを全て集め新潟駅まで戻り、自転車を組み立てた直後に雨が降り始め、次第に土砂降りになってきました。
その次の日から9月中はほとんど雨の日が続いていたため、この日にやっておいて良かったし、随分タイミングが良かったんだなと思いましたよ。



【スタンプラリー】
mizutsuchi-stamp-akiha.png
※実際のスタンプには色が付いています。



水と土の芸術祭 2018 目次
posted by 黒華走 at 01:31 | Comment(0) | 水と土の文化創造都市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]