sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟のことをとことん書いて応援していく、
新潟の新潟による新潟のためのブログです

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指し、
新潟に移住する前、移住を考えるようになるきっかけである朱鷺メッセの展望室からの夜景や古町周辺の街並みを見て感動し「新潟は今後おもしろい街になりそう」と思ったことがこのタイトルの由来です。

「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり、街歩きの起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
それらから派生して水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地
など「新潟のすごいところ」を紹介・応援をし、他の多くの人にも新潟に興味を持ってもらえる、新潟がおもしろいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマも募集しています。
記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2018/11/24

政令市で都会の新潟市

新潟県の主要駅

大成功の新潟市BRT

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)



  

2018年09月08日

【★大成功の新潟市BRT】大成功の新潟市BRT 目次【失敗はしていない】

【大成功の新潟市BRT】


新潟市BRT路線案内(路線図).pngBRTmap2.png
DSC_0390.jpg
上2つ:実際の路線案内を再現したものと自分で作った路線図です 下:古町に停車する連節バス

2015年9月に新潟市BRTと新バスシステムが開業し3年が経ちました(2018年9月現在)。
このシステムによって、減り続けてきた郊外路線の増便と新規路線の開設により市民の移動の足が確保され、遅延の減少と定時性向上、バス停の整備や新型車両の投入などによりサービスレベルも格段に向上しました。
それによって、それまで減り続けてきたバスの利用者は(65歳以上の高齢者の運賃を半額にする「シニア半わり」が導入される前の)開業1年間で増加に転じその後も増加し続けています。

そのおかげか、2018年10月の新潟市長選挙でもBRTを存続し利便性の向上を図るという公約を掲げた候補者が当選し、新潟市BRT・新バスシステムはずっと続くことになりました。
よって、これは大成功で絶好調の公共交通システムと言えます。

私はそれが好きで、ただ単純に好きなものを応援したいという気持ちで、政令指定都市の新潟市にふさわしい都会的なBRT主要バス停や連節バスの設備などについて細かく紹介する記事を作っていきます。
また、バス停も鉄道駅と同じく街歩きの起点となるスポットと言えます。当ブログは新潟の街歩きをテーマにしているため、そういった観点も持ち合わせた記事にしていこうと思っています。
それらに加え、開業時に起こった出来事やBRTの効果などについて個人的な考えを混ぜた記事も書いていきます。
そのため、もし、それぞれの記事の内容に関して反論や間違いなどがあればコメント欄で遠慮なくしてください。

なお、この記事を書いている人は元々あまりバスは好きではなかったのですが、初回の連節バス試乗会に試乗した時に連節バスの良さや魅力を知り、BRT開業前後にBRT・新バスシステムの良さが分かってから、徐々にバスが好きになりました。
そういう人がBRTやそれ以外の色々な路線に乗ってみたり色々な場所で乗り換えをしてみたりといったことを何回もした上でこのテーマの記事を書いています。



【目次】
<第1章 第1期導入から暫定状態の安定まで>
☆★新潟市BRTと新バスシステムに関する基本情報
⓪ 開業当初のBRT反対派市民団体の運行妨害やそのトラブルに対する地元メディアの大げさすぎる批判についての見解と新潟市BRTが失敗していないと言える理由
@ 08 市役所前 Shiyakusho-mae[City Office]
A 10 白山駅前 Hakusan-eki-mae[Hakusan Sta.]
B 16 青山 Aoyama
C 01 新潟駅前 Niigata-eki-mae[Niigata Sta.]
D BRTは財政難の大きな原因であるクルマ依存問題を解決する
E 都会的でカッコいい連節バスと導入のメリット
F 高齢者のバスの運賃を半額にするだけでは終わらない「シニア半わり」
G 03 万代シテイ Bandai City
H 05 本町 Honcho
I 06 古町 Furumachi
J その他のバス停@(01 新潟駅前〜10 白山駅前)
K その他のバス停A(11 高校通〜16 青山)
L 「以前のバス」と「BRT・新バスシステム」を比較

番外編1 BRT?LRT?モノレール?新潟市は結局どれがふさわしいか(個人的な見解)
番外編2 新潟市BRT・新バスシステムの現時点(2018年10月時点)の課題
番外編3 直通便はこれ以上増やす必要はない、その理由
番外編4 BRTによって中心市街地は衰退しているわけではない、その理由
番外編5 第2期は必ずやるべき、その理由


<第2章 第1期完成>
@ 新潟駅前〜古町のバス専用レーン
A 01 新潟駅前 Niigata-eki-mae[Niigata Sta.]
B 02 駅前通 Ekimae-dori
C 03 万代シテイ Bandai City
D 04 礎町 Ishizue-cho
E 05 本町 Honcho
F 06 古町 Furumachi


<第3章 第2期導入から完成まで>



【バス関連の記事】
万代シテイバスまつり2018


上記以外にも何かネタがあれば随時追加していきます。
posted by あおはな at 17:10 | Comment(5) | 大成功の新潟市BRT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連接バスですか。乗った事ないので興味ありますね。
ところで新潟市のBRTは定時性はどんな感じでしょうか?
さすがに朝夕は定刻通りは厳しいとは思いますが、昼間帯はほぼ時間通りにバスは来ますか?
ほぼ定刻通りであれば、鉄道に変わるコスト安の交通と言う事で、全国から注目されるかもです。
あとは適度に本数があれば(できれば10分以内に1本)理想的ですね。
Posted by アムシー at 2018年08月02日 00:35
アムシーさん
コメントありがとうございます。

今の新潟市のBRT及びそれ以外の郊外方面のバスは、ほとんど時刻表通りか多少遅れても3分以内には来ています。
ただ、渋滞や悪天候などでそれ以上遅れることもありますが、「珍しく遅れてるなぁ、まぁ落ち着いて待とうか」くらいの感覚ですね。
以前は3分以上遅れてることが多く、「早く来ないかな〜」とイライラすることが多かったですが。
朝夕のラッシュ時もほぼ上記のような感じです。
Posted by あおはな at 2018年08月04日 00:48
新潟のBRT、すごく良いですよね。
Posted by TOLS at 2018年09月04日 05:14
新潟BRT3周年なんですね!
おめでとうございます!
Posted by TOLS at 2018年09月05日 16:28
>TOLSさん

コメントありがとうございます。
そうなんです。新潟市のBRTはすごいんですよ。
Posted by あおはな at 2018年09月06日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]