sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「街歩き」を主軸に、
「政令市で都会」、「開港5港の港町」、「大量の水と多様な土から生まれた都市」、
「新潟市BRT」、「県内の鉄道路線網・鉄道駅・鉄道イベント」、
「県内を走る鉄道車両・新潟産の鉄道車両」、
「日本酒」、「観光地・イベント」、「多数の漫画家の出身地」など
新潟に関する興味深いことについて取り上げた記事を載せていきます。
それらから発展し、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは最新の行動や色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/09/13

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



  

2018年05月12日

【大成功の新潟市BRT】G 03 万代シテイ Bandai City

【03 万代シテイ Bandai City】
BRT-bandaicity1.jpg
「03 万代シテイ Bandai City」は新潟市中央区の万代シテイにあるBRT萬代橋ラインの主要バス停のひとつです。
のりかえ拠点のひとつでもあり、東区・北区方面の路線のうち万代シテイを通るE2空港・松浜線とE3河渡線がまち割60の対象になっています。
現在ののりばは既存のバス停を生かした仮ののりばであり、バス専用レーンが導入されると道路の中央にのりばが作られる予定です。
また、万代シテイの核とも言える「万代シテイバスセンター」では多数の郊外路線バスや高速バスが発着しており、郊外線については主に東区、北区、江南区、秋葉区方面のバスが発着しています。



<のりかえ路線(まち割60適用)>
E2空港・松浜線、E3河渡線
東区・北区方面の路線のうち万代シテイを通る上記の路線がまち割60適用ののりかえ路線です。


<のりば>
@BRT-bandaicity1.jpgABRT-bandaicity3.jpg
BBRT-bandaicity4.jpg
@ 古町・市役所方面 A 新潟駅方面 B 郊外路線(E2空港・松浜線、E3河渡線)新潟駅前行きのりば

既存のバス停の施設を生かしたものです。
BRTだけでなく市役所前バス停まで同ルートを走行する郊外路線のW1 有明線、W2 西小針線、C3 浜浦町線のバスもこの場所に発着します。
付近にあるまち割60適用の郊外路線(E2空港・松浜線、E3河渡線)のバス停には古町・市役所方面へ雨や雪に濡れずに移動できるように屋根が設置されています。


<電光掲示板・案内サイン・Wi-fi>
@BRT-bandaicity5.jpgABRT-bandaicity8.jpg
@ 電光掲示板 A 歩道床面にあるのりば案内

電光掲示板が設置されており、BRTだけでなく市役所前バス停まで同ルートを走行する郊外路線のW1 有明線、W2 西小針線、C3 浜浦町線のバスの発車案内も表示されます。
付近にあるまち割60適用の郊外路線(E2空港・松浜線、E3河渡線)のバス停から古町方面へののりかえ用に床面にのりば案内が記載されています。
無料のWi-fi「Niigata city Wi-fi」も利用できます。


<万代クロッシング>
@BRT-bandaicity9.jpgABRT-bandaicity7.jpg
BBRT-bandaicity6.jpgCBRT-bandaicity10.jpg
@A 新潟駅方面バス停側出入口とエレベーター B 古町・市役所方面バス停側エレベーター C 万代クロッシング構内

当バス停と直接関係のある施設ではありませんが、当バス停の直下には「万代クロッシング」という地下道があります。
古町から来るバスは万代シテイと反対側のバス停に停車するため、ここから万代シテイへ行くには歩道橋かこの地下道を使うことになります。
バリアフリー対応としてエレベーターも設置されている上、地下道のため雨に濡れずに横断することができます。


<バス停周辺>
「万代シテイ」は新潟交通と三井不動産が開発・管理しているバスセンタービルを核としたファッション店(ファッションビル)が多く集まる街で、若者が好むお店や施設が多いことから「若者の街」という性格を持っています。
ファッション以外にも、飲食店、ゲーム、映画館、オフィスビル、マンションなども立地しています。
新潟市のシンボル萬代橋や高層ビル新潟日報メディアシップもこの付近にあります。


万代について詳しくは【新潟市中心市街地の街歩き】A 万代



大成功の新潟市BRT・新バスシステム 目次
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]