sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地など
「新潟のおもしろいところ」を紹介・応援をし、多くのいろいろな人にも新潟に興味を持ってもらえる、おもしろいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/03/24

政令市で都会の新潟市

新潟県の主要鉄道駅・鉄道車両・鉄道イベント

大成功の新潟市BRT

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

新潟県内の観光地・イベント

日本酒王国にいがた

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)



  

2018年06月12日

【政令市で都会の新潟市】新潟市は都会なのか?もう面倒なので都会で良いと思います^^

(初掲載2018年6月12日)
IMG_0020.jpg

<関連記事>
【政令市で都会の新潟市】新潟市は都会なのか?新潟市と他の政令市の中心市街地をGoogleの航空写真で比べてみる
→こちらも必ず併せてご覧ください。


新潟市は都会なのか?
新潟県外出身の僕がいきなり結論から言いますが、めんどくさいのでもう「都会」で良いと思います^^
厳密に言ってほしいなら「都会の仲間入りを果たしている」という感じでしょうか。

では、完全に私自身の考えになってしまうかもしれませんが、上記の結論に至る理由を以下に書いていきます。


<大都市制度>
・政令指定都市である。


<人口・面積・人口密度>
・人口約80万人、面積726.45ku、人口密度1,102人/ku
(平成の大合併前は人口約50万人、面積231.91ku、人口密度2,435人/ku)




<天候>
・日本海側地域にあり、トップクラスの豪雪地帯の県にある都市ではあるが、冬は県内や日本海側の他の都市に比べ降雪量・積雪量が圧倒的に少ない。大雪の予報が出ていても全く降っていないことが多い。
→都会と言われる都市のほとんどは降雪量・積雪量が少ない。



<街の雰囲気・規模>
・中心市街地にビルやマンションが密集しており都会の雰囲気

・中心市街地のエリアが大きく分けて3つ(新潟駅周辺、万代、古町)ある上、それぞれの規模が大きいこと
新潟市と他の政令市の中心市街地をGoogleの航空写真で比べてみる
→政令市(都会)ではない都市は中心市街地のエリアが1つか2つしかないことが多い。
→新潟駅の高架化やBRT・郊外路線バスの南北直通、高架下の道路開通などにより、新潟駅南口(笹口)側の規模が大きくなり、今は「新潟駅周辺」と一括りにされているエリアが2つの大きなエリアに分かれる可能性が大きい(すでにそういう動きが出ている)。


<施設>
・規模の大きい都市・都市圏にしか出店しない都市型商業店舗や中心駅駅前・中心市街地にしか出店しない店舗が多数ある。
(ジュンク堂書店(11)、紀伊国屋書店(11)、ヨドバシカメラ(22)、ビックカメラ(11)、メロンブックス(9)、らしんばん(9)、とらのあな(7)、Loft(11)、三越(38)、伊勢丹(34)、ディズニーストア、イトーヨーカドー(28年以上)、ドン・キホーテ、デコホーム(ニトリ)など)
→以上()内の数字は2018年現在の出店してからの年数。

・上記の店舗が最低9年以上と長続きしている。
→もしも新潟が都会ではないと言うのであればここまで長続きはしない。

・繁華街型の大規模書店が2店舗ある(ジュンク堂書店、紀伊国屋書店)。
・中心駅駅前立地の都市型家電量販店が2店舗ある(ヨドバシカメラ、ビックカメラ)。
・百貨店が2店舗ある(伊勢丹、三越)。
→政令市(都会)ではない都市にはこれらの店舗は全くないかあるとしてもそれぞれ1店舗しかないことが多い。

・アニメ系のチェーン店が4店舗ある(アニメイト、メロンブックス、らしんばん、とらのあな)。
→政令市(都会)ではない都市には全くないかあるとしても1店舗、多くても2店舗しかないことが多い。

・総合ディスカウントストアのドン・キホーテが中心駅の近く(繁華街)にある。
→政令市(都会)ではない都市には集客が見込めないため駅前や繁華街にはないことが多い(その代わり広大な駐車場を作れる郊外にはあることが多い)。
→新潟市もクルマ依存社会ではあるものの郊外には出店していない。

・上記以外で「郊外のロードサイドを中心に多く出店する商業店舗」が中心駅駅前や繁華街にもいくつかある。
(ゼビオスポーツエクスプレス、エニタイムフィットネス、イオン、ミスタードーナツ、サンマルクカフェ、スターバックス、タリーズ、デコホーム(ニトリ)など)

・地下街(西堀ローサ)がある。

・JRAの大規模競馬場(新潟競馬場)がある。
・4万人以上収容できる大規模スタジアム(デンカビッグスワンスタジアム)がある。
・3万人収容できる大規模野球場(HARD OFF ECOスタジアム)がある。
・1万人収容できるコンベンションセンター(朱鷺メッセ)がある。
→政令市(都会)ではない都市にはこれくらいの規模の施設はないことが多い。

・高さ100m以上の超高層ビル・マンションが5つある(朱鷺メッセ万代島ビル、NEXT21、LEXN1、グランドメゾン西堀通タワー、新潟日報メディアシップ)。
→政令市ではない都市は全くないかあっても1つか2つくらいしかないことが多い。
ただし、首都圏や近畿圏などの大都市圏にある中規模都市にはそれ以上ある場合がある。

1000室規模のホテル(アパホテル)が進出予定。
→1000室前後のホテルのほとんどは東京や大阪などの大規模都市に集中して立地している。


<インフラ>
・開港5港のひとつであり、国際拠点港湾、中核国際港湾に指定されている新潟港がある。
→今もそうだけど、江戸時代のころから日本にとって超重要な港湾都市と位置付けられている。

・35年前から新幹線がある。
→それくらい昔から大都市と新幹線で繋げる価値がある都市であるということ。

・JRの大都市近郊区間がJR東日本新潟エリア内で設定されている。
・トレインチャンネル(CM放送用のLCDディスプレイ)が電車内に設置されている。
→上記2つは東京や大阪などの大都市圏にしかない上、JR東日本仙台エリア(宮城県だけでなく福島県と山形県も含むエリア)よりも先に設定・設置されている。

・起点および終点となる
 一桁国道、二桁国道(7号、8号、17号、49号)
 高速道路(北陸自動車道・日本海東北自動車道・磐越自動車道)
 鉄道路線(上越新幹線、信越本線、越後線、白新線、羽越本線、磐越西線)が多く、それぞれ周辺県に伸びている。
・都市高速並みの高規格バイパス網がある(新潟バイパス、新潟西バイパス、新新バイパス、亀田バイパス)。
・高速道路のインターチェンジの数が多い(新潟中央IC、新潟西IC、黒崎SIC、巻潟東IC、新潟亀田IC、新潟東SIC、新潟空港IC、豊栄SIC、豊栄新潟東港IC、新津西SIC、新津IC)。



これだけの都会的な要素が揃ってる都市ってあまり多くないですし、むしろ「都会」じゃないとそういう要素が揃うことはないので、「田舎」あるいは「都会ではない」などとは言い難くなると思います。

また、新潟市はJR以外の軌道系交通がなく、さらにトップクラスのクルマ依存率であり、山間部が少なく平野部が多いことが影響して郊外型の大型店舗も多いという田舎によくありがちな大きなハンデを抱えているのにも関わらず、上記のような都会的要素を持っているというのはむしろポイントがさらに高くなってくると思います。


だから「面倒なのでもう『都会』で良いと思います^^」という結論になるんですよね。



政令市で都会の新潟市 目次
タグ:新潟市
posted by あおはな at 20:43 | Comment(4) | 政令市で都会の新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちなみに仙台駅前地下の構造をご存知?地下1階がコンコース、地下2階がJR仙石線、地下3階が地下鉄南北線、地下4階が地下鉄東西線です。これで新潟駅前が都会とか、バカバカしいレベルですよ。
Posted by 仙台人 at 2018年07月04日 23:28
仙台人様。
コメントありがとうございます。

仙台の地下の構造も知ってますよ。
仙台には何度か遊びに行ってますし、地下鉄や仙石線も何度か乗っていますし。
Posted by あおはな(Blue_hana) at 2018年07月04日 23:32
新潟市と金沢市は正直とんとん。
新潟市中央区うまれまれで金沢に転勤で一年目です、繁華街や駅前の賑わいで新潟は断然金沢に負けてます。
経済規模では今の所新潟が勝ってるけど将来性で確実に逆転されます。
金沢は景観での建物による高さや色合いでの規制が厳しいですが今後の再開発の数が凄すぎます。
郊外は確実に新潟市が勝ってます!
Posted by 関東新潟号 at 2019年01月29日 23:39
>関東新潟号さん
コメントありがとうございます。

金沢市は自分の地元が近いこともあり地元に住んでいたころに何回も行ってますし、最近行ったのは昨年の夏で、確かに近江町市場や兼六園周辺などの観光地に限っては以前よりもさらに賑わってますし、中心市街地の再開発も多くなってるようですね。それはとても良いことだと思います。

ただ冷静に考えれば、もう一度言いますが金沢市が賑わってるのは観光地だけです。ホテルの建設が異常に多いこともそれを裏付ける根拠になっていますし、地元客向けの商業施設や商店街に来る客の数は以前とあまり変わっていませんでした。
しかもその観光地自体が中心市街地のすぐ近くにある上、中心市街地自体は規模・範囲がそんなに大きくないこともある影響で一定の箇所に人が集中してしまうから、賑わいが増してるように見えるだけのようにも思えました。

再開発の数に関しても北陸新幹線開業の2015年から新潟市は金沢市以上に増えてるので、差は縮まってないどころか開いていると思われます。
それについては近いうちに当ブログで新潟市の新築のビル・マンション建設数を地図などを使っていくつあるのか記事にしようと思ってます。
ちなみに新潟市は金沢市のようにホテルばかりでなく、マンションやオフィスビル、複合商業施設などバリエーションが豊富なこともそれでわかると思いますよ。

郊外については確かにそうかもしれませんが、全体の面積が違いますし、人が住みにくく商業施設が出店しづらい山間部の割合も違うので当たり前のような気もします。
その代わり金沢市については付近の自治体に新潟市以上にイオンモールのような郊外型の大規模商業施設がたくさんオープンしてますよね。

あと、新潟市出身の方がコメントしてくださってちょうど良かったなと思います。なぜなら、これは金沢市の人ではなく、新潟市の人に伝えたいことだし、理解していただきたいなと思っていることだからです。
Posted by あおはな at 2019年01月30日 14:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]