sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「街歩き」を主軸に、
「政令市で都会」、「開港5港の港町」、「大量の水と多様な土から生まれた都市」、
「新潟市BRT」、「県内の鉄道路線網・鉄道駅・鉄道イベント」、
「県内を走る鉄道車両・新潟産の鉄道車両」、
「日本酒」、「観光地・イベント」、「多数の漫画家の出身地」など
新潟に関する興味深いことについて取り上げた記事を載せていきます。
それらから発展し、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは最新の行動や色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/09/13

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



  

2019年09月15日

【水と土の文化創造都市】市民プロジェクト2019 潟の記憶展

【市民プロジェクト2019 潟の記憶展】
mizutsuchi-shimin2019-1-3.jpg
「潟の記憶展」は新潟市中央区の砂丘エリアにある砂丘館で2019年8月6日〜10月6日に開催の、かつて新潟市西蒲区にあった潟湖「鎧潟」にまつわる展覧会です。
新潟市にはかつて今よりもはるかに多い数の潟湖が存在していたそうですが、その中でも鎧潟は新潟市西蒲区の現在の巻潟東インターチェンジの北西にあった越後平野で最も大きかった(北区にある福島潟よりも大きい)潟湖で、東西、南北2.5kmもの面積があったそうです。
標高が低いため水害が多かったものの、水を抜くための工事など土地改造や耕地拡大をしながら、農業、漁労、狩猟、採集、舟遊び、釣りなど潟との共生を図ってきました。
しかし、戦後の急速な食糧増産と周辺農家の要望により、1958年に「国営鎧潟干拓建設事業」という全面干拓の工事が実施され、1966年に全面干拓が完了し鎧潟は広大な水田へと姿を変えました。

会場の砂丘館では、その鎧潟の記憶を写真、絵画、文学、ネイチャーアクアリウムなどで探る展覧会として、様々な作品が展示されています。
その作品を写真で撮ってきたので当記事でそれらを載せていきます。


施設については水と土の芸術祭 2018 砂丘エリア NSG美術館(砂9〜砂16)・砂丘館(砂17〜砂21) その1 会場の様子をご覧ください。



★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 08:05 | Comment(0) | 水と土の文化創造都市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする