sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろい」とは「興味深い」という意味のことを指します。
実際に行ってみる・やってみるをモットーに、新潟の街歩き、観光地、イベント、BRT、鉄道、日本酒など
新潟に関するおもしろいことや興味深いことについて取り上げた記事を載せていきます。
また、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、反論、情報提供など何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なもののみにさせていただくこともありますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。


2019/09/13

sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。



  

2019年09月29日

【新潟市の主要駅】2−5 新津駅

【新津駅】
niitsusta1.jpgniitsusta2.jpg
左:東口 右:西口
新津駅は新潟市秋葉区の新津地域にある駅で、信越本線、羽越本線、磐越西線が乗り入れています。
特急や快速を含めた全ての列車が停車し、多くの列車が当駅始発・終点になっています。
信越本線に関しては当駅を境に本数が大きく変わり、長岡方面は本数が少なくなります。
それに対し、その逆方向の当駅〜新潟駅間は新潟県内および本州日本海側地域で一番運行本数が多く、毎時約3〜5本、朝ラッシュ時の7時台には8本、8時台には6本運行されています。
2003年に現在の橋上駅舎になり、さらに2017年に省エネルギー、再生可能エネルギーなど、さまざまな環境保全技術が導入された「エコステ」のモデル駅に選ばれたため一部分リニューアルされています。


<更新履歴>
2018年6月15日 初投稿
2019年9月29日 写真(観光案内所「あ!キハ」、雨水のろ過装置、ホーム)を追加



★記事全文を読む☆

【アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)】その7 富山県 高岡市 「ドラえもんの作者 藤子・F・不二雄先生のふるさと」 A 万葉線、藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

【A ドラえもんトラム、藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー】
takaoka-doraemon11.jpgtakaoka-doraemon28.jpg
この記事では「ドラえもんトラム」と「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」について書いていきます。


【その7 富山県 高岡市 「ドラえもんの作者 藤子・F・不二雄先生のふるさと」】
富山県第二の都市である高岡市は国民的人気作品「ドラえもん」の作者の藤子・F・不二雄先生のふるさとで、学生時代も高岡市で過ごしてきました。
その高岡市では近年先生のふるさとであることをもっとアピールしようといろいろなことに取り組んでいます。

当ブログではまず高岡市にあるドラえもんスポットや関連施設について2つの記事に分けて紹介していきます。
さらに富山県にはマンガやアニメの聖地が多いことについても触れ、なぜ富山県はアニメの聖地が多いのか、一方で新潟県は多数の漫画家を輩出しているのにも関わらずなぜアニメの聖地がないのかについても考えてみたいと思います。



★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 12:29 | Comment(0) | アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)】その7 富山県 高岡市 「ドラえもんの作者 藤子・F・不二雄先生のふるさと」 @ 新高岡駅、高岡駅

【その7 富山県 高岡市 「ドラえもんの作者 藤子・F・不二雄先生のふるさと」】
takaoka-doraemon31.jpgtakaoka-doraemon2.jpg
富山県第二の都市である高岡市は国民的人気作品「ドラえもん」の作者の藤子・F・不二雄先生のふるさとで、上京する20歳まで高岡市で過ごしてきました。
その高岡市では近年先生のふるさとであることをもっとアピールしようといろいろなことに取り組んでいます。

当ブログではまず高岡市にあるドラえもんスポットや関連施設について2つの記事に分けて紹介していきます。
さらに富山県にはマンガやアニメの聖地が多いことについても触れ、なぜ富山県はアニメの聖地が多いのか、一方で新潟県は多数の漫画家を輩出しているのにも関わらずなぜアニメの聖地がないのかについても考えてみたいと思います。



【@ 新高岡駅、高岡駅】
この記事では高岡駅・新高岡駅周辺のドラえもんがいるスポットを載せていきます。



★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 12:26 | Comment(0) | アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

【のってたのしい列車】現美新幹線

【現美新幹線】
gembi1.jpggembi6.jpg
現美新幹線は上越新幹線の新潟県内区間である越後湯沢駅〜新潟駅の区間を土日祝日や連休限定で運行するのってたのしい列車で、「世界最速の芸術鑑賞」をコンセプトにE3系車両を改造した車内に芸術作品の展示とキッズスペース・カフェの設置がされています。
乗車(入場)するには通常の新幹線に乗車する時と同じように該当区間の乗車券と特急券を駅の券売機や窓口などで購入して乗るだけで大丈夫です。
自由席特急券の場合は芸術作品やカフェがある12〜16号車、指定席特急券の場合はそれらに加え指定席車両の11号車にも乗車できます。

当記事では車両の外観や車内、売店で販売されているグッズの一部を紹介します。


<更新履歴>
2019年2月22日 初投稿
2019年9月28日 写真を追加



★記事全文を読む☆