sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地など
「新潟のおもしろいところ」を紹介・応援をし、多くのいろいろな人にも新潟に興味を持ってもらえる、おもしろいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/03/24

政令市で都会の新潟市

新潟県の主要鉄道駅・鉄道車両・鉄道イベント

大成功の新潟市BRT

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

新潟県内の観光地・イベント

日本酒王国にいがた

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)



  

2019年05月01日

【のって楽しい列車】祝★20周年! ばんえつ物語(DLばんえつ物語) 復路(会津若松駅→新津駅)編

【SLばんえつ物語(DLばんえつ物語)】
DLbanetsu53.jpgDLbanetsu52.jpg
DLbanetsu57.jpg
ばんえつ物語は磐越西線の新津駅から福島県会津若松市の会津若松駅の区間を運行するイベント列車です。
1999年4月29日から運行開始し、今回は2019年4月29日に乗車したのでこの日でちょうど20周年ということになります。
普段はSL(C57-180)が客車を牽引して運行しており、「森と水とロマンの鉄道」という愛称の付けられた同区間の阿賀野川や五頭連峰などの風光明媚な景色を眺めながら列車旅を楽しむことができます。
ただ、現在SL(C57-180)と1号車、2号車は車両設備の更新作業を伴う大規模な定期検査が行われているため、しばらくの間はDL(DE10・ディーゼル機関車)が使用され、1号車と2号車は連結されていません。

快速列車のため特急料金はかかりませんが、全車指定席なので指定席料金が必要になり、普通車指定席の場合はどの区間でも520円、グリーン車の場合は距離によって変動し最低770円、最高1670円かかります。
今回は往路・復路ともにグリーン車に乗車しました。

当記事ではDLの車両の外観と客車内の様子、沿線の風景、途中の停車駅での様子などを載せていきます。
なお、たくさん写真を撮ったので外観・車内・往路(新潟駅・新津駅→会津若松駅)編と復路(会津若松駅→新津駅)編の2つに分けて記事を作ります。
この記事は復路(会津若松駅→新津駅)編です。


<会津若松駅>
DLbanetsu53.jpgDLbanetsu50.jpg
DLbanetsu48.jpgDLbanetsu49.jpg
DLbanetsu52.jpgDLbanetsu51.jpg
DLbanetsu71.jpgDLbanetsu54.jpg
往路から1時間50分後には折り返す当列車。
復路では機関車が逆の位置(グリーン車側)に付けられ運行します。
そのため、復路のグリーン車パノラマ展望車からは沿線の風景と共にSL(DL)を間近で見ることができます。
また、当列車が停まっていた2番線の隣の1番線にはJR東日本仙台支社エリアのエースE721系も停まっており、それらが並んでいるところも見れました。


<沿線の風景>
DLbanetsu56.jpgDLbanetsu59.jpg
DLbanetsu60.jpgDLbanetsu61.jpg
DLbanetsu58.jpg
グリーン車パノラマ展望室からはSL(DL)を間近で見つつ、磐梯山や阿賀野川などの美しい景色を楽しむことができます。


<野沢駅・津川駅>
DLbanetsu62.jpgDLbanetsu63.jpg
DLbanetsu64.jpgDLbanetsu65.jpg
DLbanetsu66.jpg
復路では途中の福島県西会津町の野沢駅に10分の停車時間、津川駅で15分の停車時間があります。


<新津駅>
DLbanetsu67.jpgDLbanetsu70.jpg
DLbanetsu68.jpgDLbanetsu69.jpg
あたりが暗くなってきた頃に終点の新津駅に到着しました。






新潟県の主要鉄道駅・鉄道車両・鉄道イベント 目次
posted by あおはな at 11:13 | Comment(0) | 新潟県の主要駅・列車・鉄道イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【のって楽しい列車】祝★20周年! ばんえつ物語(DLばんえつ物語) 外観・車内・往路(新潟駅・新津駅→会津若松駅)編

【SLばんえつ物語(DLばんえつ物語)】
DLbanetsu5.jpgDLbanetsu9.jpg
DLbanetsu15.jpg
ばんえつ物語は磐越西線の新津駅から福島県会津若松市の会津若松駅の区間を運行するイベント列車です。
1999年4月29日から運行開始し、今回は2019年4月29日に乗車したのでこの日でちょうど20周年ということになります。
普段はSL(C57-180)が客車を牽引して運行しており、「森と水とロマンの鉄道」という愛称の付けられた同区間の阿賀野川や五頭連峰などの風光明媚な景色を眺めながら列車旅を楽しむことができます。
ただ、現在SL(C57-180)と1号車、2号車は車両設備の更新作業を伴う大規模な定期検査が行われているため、しばらくの間はDL(DE10・ディーゼル機関車)が使用され、1号車と2号車は連結されていません。

快速列車のため特急料金はかかりませんが、全車指定席なので指定席料金が必要になり、普通車指定席の場合はどの区間でも520円、グリーン車の場合は距離によって変動し最低770円、最高1670円かかります。
今回は往路・復路ともにグリーン車に乗車しました。

当記事ではDLの車両の外観と客車内の様子、沿線の風景、途中の停車駅での様子などを載せていきます。
なお、たくさん写真を撮ったので外観・車内・往路(新潟駅・新津駅→会津若松駅)編と復路(会津若松駅→新津駅)編の2つに分けて記事を作ります。
この記事は外観・車内・往路(新潟駅・新津駅→会津若松駅)編です。


<快速SL(DL)リレー号>
DLbanetsu3.jpgDLbanetsu1.jpg
DLbanetsu2.jpgDLbanetsu4.jpg
元々ばんえつ物語号は新潟駅発着でしたが、昨年4月の在来線高架化によりSLでは高架橋の勾配を登ることができないため新津駅発着になりました。
その代わり運行しなくなった新潟駅から新津駅までの区間はE129系を使用したリレー列車「快速SL(DL)リレー号」が運行されています。
まぁ、新津は鉄道の街ですから、発着駅と停車時間の長い駅が鉄道の街の中心駅である新津駅の方がふさわしいのではないかと思うので、今後も新津駅発着で良いと思います。


<新津駅・ばんえつ物語号の車両の外観>
DLbanetsu5.jpgDLbanetsu9.jpg
DLbanetsu7.jpgDLbanetsu8.jpg
DLbanetsu10.jpgDLbanetsu6.jpg
DLbanetsu11.jpgDLbanetsu12.jpg
DLbanetsu14.jpgDLbanetsu13.jpg
SL(DL)1両、事業用車両(青い12系)1両(客車内スタッフ用控え室として使用)、客車6両で編成され、そのうち客車は3、5、6号車が指定席車両、5号車のうち半分が売店、4号車が展望室、7号車がグリーン席車両とグリーン車専用のパノラマ展望室になっています。
客車は12系を改造したものを使用し、デザインは木目調を多用した内装や車体の配色など、大正ロマンを彷彿とさせるレトロな雰囲気を醸し出したものになっています。


<客車内の様子>
DLbanetsu16.jpgDLbanetsu17.jpg
指定席車両

DLbanetsu20.jpgDLbanetsu20-2.jpg
DLbanetsu22.jpgDLbanetsu21.jpg
展望室

DLbanetsu18.jpgDLbanetsu19.jpg
売店

DLbanetsu23.jpgDLbanetsu27.jpg
グリーン車とパノラマ展望室
2、3、5、6号車は指定席で全席クロスシート(ボックスシート)になっています。
4号車には展望室、5号車には売店があります。
4号車の展望室には郵便ポストや子ども向けの塗り絵、スタンプなどもあります。また、小さい子ども向けにイベントも実施されます。
7号車はグリーン車で全席リクライニングシートになっており、特急列車のグリーン車とほぼ同等のクオリティを持っています。
また、グリーン車には端の方にグリーン車専用のパノラマ展望室があり、往路では阿賀野川や五頭連峰などの沿線の風景を線路と共に広い角度で眺めることができ、復路では景色を眺めつつ、SL(DL)を間近で見ることができます。


<津川駅・山都駅>
DLbanetsu39.jpgDLbanetsu40.jpg
津川駅

DLbanetsu41.jpgDLbanetsu42.jpg
山都駅
途中の阿賀町の津川駅では16分の停車時間が、さらに福島県喜多方市の山都駅では10分の停車時間があります。
この停車時間内にホームへ降りて記念撮影などができます。


<沿線の風景>
DLbanetsu33.jpgDLbanetsu34.jpg
DLbanetsu35.jpgDLbanetsu36.jpg
DLbanetsu37.jpgDLbanetsu38.jpg
ここでは主に阿賀野川の風景を載せます。


<会津若松駅>
DLbanetsu43.jpgDLbanetsu44.jpg
DLbanetsu45.jpgDLbanetsu46.jpg
DLbanetsu47.jpg
終点の会津若松駅です。
会津若松駅はスイッチバックの駅になっているため、写真のように1番線と2番線を見ることができます。






新潟県の主要鉄道駅・鉄道車両・鉄道イベント 目次
posted by あおはな at 10:04 | Comment(0) | 新潟県の主要駅・列車・鉄道イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする