sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地など
「新潟のおもしろいところ」を紹介・応援をし、多くのいろいろな人にも新潟に興味を持ってもらえる、おもしろいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/03/24

政令市で都会の新潟市

新潟県の主要鉄道駅・鉄道車両・鉄道イベント

大成功の新潟市BRT

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

新潟県内の観光地・イベント

日本酒王国にいがた

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)



  

2019年03月05日

【大規模再開発】B (その3・2019年3月5日)中央区古町通7番町地区再開発ビル(旧新潟大和跡地とその周辺)【政令市で都会の新潟市】

【中央区古町通7番町地区再開発ビル(旧新潟大和跡地とその周辺)その3(2019年3月5日)】
furumachi7-20190305-1.pngfurumachi7-map.png
左:西堀通側からの建設状況 右:再開発ビルの位置
前回の2019年2月の時点ではまだ大きな変化がなかったこの再開発エリアですが、それから約2週間後に大きな変化がありましたので状況をお見せします。

住所:新潟市中央区古町通7番町
交通アクセス:新潟市BRT 萬代橋ライン古町バス停から徒歩0〜2分
面積:約8000u

<前後の記事>
その1(2018年12月18日)
その2(2019年2月19日)
その3(2019年3月5日)
その4(2019年3月20日)
その5(2019年4月3日)
その6(2019年5月9日)


<西堀通側からの状況>
furumachi7-20190305-1.png
古町通り側の片隅では建物の建設がすでに始まっています。
今は骨格のみですが地上6階の高さまで建設が進んでいます。


<NEXT21展望室からの状況>
furumachi7-20190305-2.pngfurumachi7-20190305-3.png
上記以外の部分はまだ何も変化はありませんでした。



政令市で都会の新潟市 目次
posted by あおはな at 09:38 | Comment(0) | 政令市で都会の新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【政令市で都会の新潟市】2019年2月の新潟市の降雪・積雪状況レポート

【2019年2月の新潟市の降雪・積雪状況レポート】
201902yuki.jpg
新潟県は日本海側地域であり日本でもトップクラスの豪雪地帯で知られる県ですが、その県庁所在地であり政令指定都市の新潟市については例外で、降雪量・積雪量ともに県内の他の市町村、さらには本州日本海側の他県の市町村に比べても圧倒的に少ないのが特徴です。
道路の中央部などに設置され積雪がある時に地下水を散布する長岡市発祥の「消雪パイプ」は新潟市内では秋葉区以外には設置されていないほどです。

そこで今回はその2019年2月版として、どれくらい雪が少ないのか、あるいは降雪・積雪があるのかないのかを2019年2月中にTwitterで状況をレポートしていましたので、それを全てここでお見せします。
また、冬の降雪量・積雪量が少ないかほとんどないことは「都会」であることの特徴ですから、新潟市もそれに当てはまる街であるということも同時に証明していき、さらに新潟市に進学や就職、転勤などで移住する方々のために冬の状況についての参考になればと思っています。

レポートする日は天気予報で雪マークが付いている日と予報に関わらず降雪・積雪があった日に限定し、それ以外の日はツイートしていません。


<2019年2月の降雪・積雪状況概況>
2月も例年は降雪・積雪の日数も量もそれなりに多いのですが、今年の2月については上旬に少し降っただけでそれ以降は全く雪が降りませんでした。
「春一番」が例年よりも早い2月上旬に吹いたり、晴れの日も例年より多かったり、大雪警報・注意報が出なかったりと、今シーズンは全体的に暖冬だったようです。
しかし、新潟県の魚沼地域などの山間部の地域は例年よりも気温は高かったものの例年通りの積雪量でした。


<雪が降る目安>
どういうことが起こった時に新潟市で雪が降るのか、積もるのか、積雪量が多くなるのか、まとめてみました。
・天気予報で雪マークが出ていても雪は全く降らないか、降っても積もらないか、数センチしか積もらない。
・雪が数センチ積もったとしても翌日か遅くとも数日後にはほとんど溶けてなくなる。
・雪がたくさん降る、最強寒波がやってくるなどのニュースが出ていても雪が降らないことが多い。
・大雪警報か注意報が出ていたらかなり高い確率で30センチ以上積もる。
・30センチ以上の積雪で、電車・バスの遅延や運休、道路の渋滞など交通の乱れが起きやすくなる。
・10年に一度くらいのペースで災害レベルの大雪(80センチ以上)になることがある。ちなみに2018年1月〜2月がちょうどその時期だった。
よって大雪になる目安は大雪注意報・警報が出ている時です。
ただ大雪注意報・警報は頻繁に出ることはなく、多い月でも1月に2、3回程度といったところです。


<Twitterでのレポート>











新潟市以外の他の地域の積雪状況も撮ってあるのでついでにご覧ください。



















政令市で都会の新潟市 目次
posted by あおはな at 04:20 | Comment(0) | 政令市で都会の新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする