sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟の「おもしろい!」を発信していくブログです。

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。
「新潟の街歩き」を主軸に、
「政令市で都会」、「開港5港の港町」、「大量の水と多様な土から生まれた都市」、「新潟市BRT」など新潟市に関連すること、
「新潟県の鉄道路線網・鉄道駅・鉄道イベント」、「新潟県内を走る鉄道車両・新潟産の鉄道車両」、「日本酒」、「観光地・イベント」、「多数の漫画家の出身地」など新潟県全体に関することなど
「新潟のおもしろいところ」について取り上げた記事を載せていきます。
それらから発展し、新潟との関連性が強い内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2019/09/13



  

2018年10月08日

【鉄道イベント】にいつまるごと鉄道フェスタ2018 その2 レールフェスタinにいつ2018(総合車両製作所(J-TREC)新津事業所)

【にいつまるごと鉄道フェスタ2018】
「にいつまるごと鉄道フェスタ2018」は鉄道の街である秋葉区新津地域にある新津駅周辺、総合車両製作所新津事業所、新津鉄道資料館の大きく分けて3つの会場で2018年10月6日に行われた鉄道イベントです。
新津駅周辺では「第30回 にいつ鉄道まつり」、「新津駅ぷらっとホームBAR」、新津運輸区でのイベント、総合車両製作所新津事業所では「レールフェスタinにいつ2018」、新津鉄道資料館では「新幹線軌道確認車GA-100贈呈式」をはじめとする各種イベントが行われました。

その1 第30回 にいつ鉄道まつり・新津鉄道資料館
その2 レールフェスタinにいつ2018(総合車両製作所新津事業所)
その3 新津駅ぷらっとホームBAR


【その2 レールフェスタinにいつ2018(総合車両製作所新津事業所)】
「レールフェスタinにいつ2018」は鉄道車両を製造する会社である総合車両製作所(J-TREC)の新津事業所で行われたイベントです。
新潟はお米やお酒だけでなく、総合車両製作所新津事業所や新潟トランシスの工場があることから、鉄道車両の一大産地でもあります。特にこの総合車両製作所新津事業所では、今やJR新潟エリアのエースE129系やJR首都圏エリアを走るE231系、E233系、E235系などの車両、東急や小田急などの私鉄の車両を製造しています。
普段はこの敷地内は関係者以外は絶対に立ち入れないのですが、年に1回のこのイベント時のみ一般の人も入れますので、貴重な機会となります。
今回はJR山手線を走る新型車両E235系の製造過程の見学や東京急行鉄道2020系、バラストレギュレーターなどの車両展示、その他一部工場内の見学、Nゲージ鉄道模型の運転体験、駅弁や鉄道グッズなどの物販ブース、E235系ペーパークラフトの配布がありました。



★記事全文を読む☆

【鉄道イベント】にいつまるごと鉄道フェスタ2018 その1 第30回 にいつ鉄道まつり・新津鉄道資料館

【にいつまるごと鉄道フェスタ2018】
「にいつまるごと鉄道フェスタ2018」は鉄道の街である秋葉区新津地域にある新津駅周辺、総合車両製作所新津事業所、新津鉄道資料館の大きく分けて3つの会場で2018年10月6日に行われた鉄道イベントです。
新津駅周辺では「第30回 にいつ鉄道まつり」、「新津駅ぷらっとホームBAR」、新津運輸区でのイベント、総合車両製作所新津事業所では「レールフェスタinにいつ2018」、新津鉄道資料館では「新幹線軌道確認車GA-100贈呈式」をはじめとする各種イベントが行われました。

その1 第30回 にいつ鉄道まつり・新津鉄道資料館
その2 レールフェスタinにいつ2018(総合車両製作所新津事業所)
その3 新津駅ぷらっとホームBAR


【第30回 にいつ鉄道まつり】
niitsu_rail20181-4.jpg
「にいつ鉄道まつり」は新津駅東口広場でステージイベント、物販・飲食ブースの出店、鉄道関連の展示、ミニSLの運行、新津運輸区での各種イベントなど、鉄道関連の催し物が開催されるイベントです。
毎年地元の小・中学生や団体、鉄道好きな芸能人などが出演しています。


★記事全文を読む☆