sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟県の「おもしろい!」を発信していきます。
ここでの「おもしろい」とは「興味深い」という意味のことを指します。
新潟県は非常に興味深いところが多いことからこのようなタイトルにしました。

実際に行ってみる・やってみるをモットーに
● 政令指定都市・開港5港の港町・水と土から成る街 新潟市
● 街歩き・街づくり・再開発
● 鉄道・バス・BRT(公共交通)
● 観光地・イベント
● 美食・美酒
● マンガやアニメを中心としたオタク文化
など新潟県に関するおもしろいこと(興味深いこと)について取り上げた記事を載せていきます。
ブログを書いている人が新潟市在住ということもあり新潟市に関する記事が多くなってしまいますが、北は村上、南は湯沢、西は糸魚川まで新潟県全域で行動しており、いろいろな地域の内容を扱ってます。
また、新潟との関連性がある内容に限り県外についての記事も載せていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ずこのブログ名とURLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
感想、応援、意見、反論、情報提供など何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なもののみにさせていただくこともありますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマがあれば記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。


2020/01/14



sidebar_info.png

ブログを書いている人の最新の行動や最新情報についてはツイッターもご覧ください。

美食乃国新潟



地域別記事


  

2018年09月23日

【イベント】万代シテイバスまつり2018

【万代シテイバスまつり2018】
busfestival1.jpg
2018年9月23日に新潟市中央区の万代シテイで「万代シテイバスまつり2018」が開催されました。
新潟市BRTの連節バス、新潟開港150周年記念の企画で制作されたNegiccoラッピングバス、新潟交通のノンステップバス、かぼちゃ電車デザインのバス、乗務員研修車、銀バスデザインの軽自動車、南区バス(泉観光バス)、新潟交通観光バス、越後交通、頸城自動車の各車両、おえかきバスが展示されており、一部を除いてバス車内に入って見学もできました。


★記事全文を読む☆

2018年09月20日

【水と土の芸術祭 2018】B 公式グッズ、スタンプラリー景品

【水と土の芸術祭 2018 公式グッズ、スタンプラリー景品】
メイン会場 大かま(万代島多目的広場)の前には公式ショップ「橋、私。」があり、芸術祭の公式グッズを多数販売しています。
この記事ではそこで買ったグッズの一部を紹介し、今後も順次追加して紹介していきます。
また、スタンプラリーのスタンプを集めるともらえる限定グッズもここで紹介します。



★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 17:52 | Comment(0) | 水と土の文化創造都市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

【★政令市で都会の新潟市】政令市で都会の新潟市 目次


東大通り流作場五差路から新潟駅方面niigatacity-toshin.jpg
新潟市は人口約80万人の政令指定都市であり、中心市街地については同じ政令指定都市の千葉市、川崎市、仙台市、岡山市、熊本市などの中心市街地と比べても良い勝負ができそうな規模である上、都会にしか出店しない都市型店舗や施設も多くあり、そして高層ビルやマンションなども多くあることから「都会」と言えると思います。
その新潟市が都会だと言える根拠を説明したり、どのくらい都会なのか検証をしたり、実際に中心市街地を歩いて確認したり、その様子を写真や地図を使って紹介したりしたいと思います。
それから、ここ数年間のうちに急激に増えてきた再開発ビルやマンションなどの建設状況、新潟市内の冬の降雪・積雪状況(都会によくある傾向として降雪量・積雪量が少ないことが挙げられますが、新潟市もその傾向に当てはまるため)もここで載せていきます。



<新潟市は都会なのか?>
本州日本海側最大の都市で唯一の政令指定都市である新潟市。
実際どのくらいの都会度なのか、様々な視点から考えてみたいと思います。





 


<新潟市は都会なのか?実際に街を歩いて確かめてみる>
東大通り流作場五差路から新潟駅方面新潟市萬代橋通り
新潟市柾谷小路
実際に新潟市の中心市街地を歩いてどのくらい都会なのか確かめてみたいと思います。















E 東中通・市役所・白山駅(東中通・白山浦エリア)
F 新潟駅南口(新潟駅・新潟駅周辺エリア)


 


<完成および着工予定の高層ビル・マンション一覧>






 


<大規模再開発エリアの工事進捗状況>
新潟市内ではここ最近の数年間のうちに高層ビルやマンションの建設・再開発が増えてきていますが、そのうち面積が広い大規模な再開発や建物の建設についていくつか取り上げて建設状況を載せていきたいと思います。

@ 万代5丁目再開発エリア(アパグループ1000室大規模ホテル&マンション)















 


A 上所3丁目 旧中央卸売市場跡地大規模再開発エリア「Dia Land(ディアランド)」(テーマタウン「ユーロランド」構想)

































 


B 古町通7番町地区再開発ビル「古町ルフル」(旧新潟大和跡地とその周辺)









































 


C 万代シテイ再開発・リニューアル












 




















 


<高層ビル・マンションの建設状況>















 


<新潟市内の積雪状況>
新潟市は本州日本海側でなおかつ豪雪県である新潟県に所在する都市であるのにも関わらず、本州日本海側のそれ以外の都市よりも降雪量・積雪量がはるかに少ないのが特徴の都市です。
そんな新潟市は冬はどのくらい雪が降り積もるのか、毎年冬季限定で検証していきたいと思います。




  



タグ:新潟市
posted by 黒華走 at 18:14 | Comment(0) | 政令市で都会の新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【観光地】上越市立水族博物館 うみがたり

【上越市立水族博物館 うみがたり】
umigatari2.jpg
上越市立水族博物館は2018年6月26日に上越市の直江津地域にオープンした水族館です。
直江津駅から徒歩15分程の距離にあるため、交通アクセスの利便性が非常に高いことも特徴です。
入館した日は2018年8月13日です。



★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 07:00 | Comment(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

【開港5港の港町新潟市】新潟市歴史博物館 みなとぴあ

【新潟市歴史博物館 みなとぴあ】
minatopia1.jpg
「新潟市歴史博物館 みなとぴあ」は開港当時の姿のまま唯一現存する国指定重要文化財「旧新潟税関庁舎」を中心に、その周辺を一体的に整備して開館された歴史博物館で、新潟市の歴史が詳しくわかる施設になっています。
また、周りにはかつての新潟市の象徴でもある「堀」が復元されており、近くの早川堀通りまで堀が続いています。



★記事全文を読む☆
posted by 黒華走 at 09:09 | Comment(0) | 開港5港の港町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする