sidebar_info.png

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟のことをとことん書いて応援していく、
新潟の新潟による新潟のためのブログです

ここでの「おもしろくなる」とは「興味深くなる」という意味のことを指します。 「新潟の街歩き」を主軸に、
新潟市中心市街地の街歩き
街の玄関口であり、街歩きの起点とも言える新潟県内主要駅新潟市BRT
それらから派生して水と土の芸術祭新潟開港150周年などのイベントや観光地
など「新潟のすごいところ」を紹介・応援をし、他の多くの人にも新潟に興味を持ってもらえる、おもしろい、あわよくば移住したいと思ってもらえるようなブログを作っていきます。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただきますのでご了承ください。
また、取り上げて欲しいテーマも募集しています。
記事のコメント欄やメールなどでお知らせください。

Twitterでは常に色々な情報を流してるのでぜひそちらもご覧ください。

2018/11/24

政令市で都会の新潟市

新潟県の主要駅

大成功の新潟市BRT

新潟開港150周年

水と土の芸術祭2018

アニメの聖地の街歩き(聖地巡礼)

新潟県内の観光地・イベント



  

2018年08月31日

【☆Twitterまとめ】2018年08月のツイートまとめ












続きを読む
posted by あおはな at 17:01 | Comment(0) | 2018年のTwitterまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

【水と土の芸術祭 2018】㉑ クルマを使わないスタンプラリーの旅 東区(J2、東1)、北区(北1、J1)、西区(西1)

【クルマを使わないスタンプラリーの旅 東区、北区、西区】
8月18日に徒歩、バス、電車、レンタサイクルを使ってJ2→東1→北1→J1→西1という順番でスタンプを集めてきました。
その様子を写真を添えて掲載します。

<ルート>
mizutsuchi-map-higasi.png
線路上のルートはもちろん電車を利用しています。


@ J2 じゅんさい池
東区松園にあり、新潟交通河渡線「有楽一丁目」から徒歩4分ほどのところにある住宅街に囲まれた池です。
池の名称はこの湖中に水生している植物「ジュンサイ」からつけられました。
mizutsuchi_higashi1-1.JPGmizutsuchi_higashi1-2.JPG
mizutsuchi_higashi1-3.JPGmizutsuchi_higashi1-4.JPG





じゅんさい池から歩くこと約30分。


A 東1 株式会社 博進堂
東区木工新町にあり、新潟交通河渡線「海老ヶ瀬木工団地」から徒歩約5分のところにあり、アルバムや広報物などの印刷・製本を行う会社です。
mizutsuchi_higashi1-5.JPGmizutsuchi_higashi1-6.JPG


博進堂からまずは大形駅まで約30分歩き、大形駅から電車で豊栄駅を目指します。


B 北1 コミュニティスペース とよさかベースキャンプ
豊栄駅南口から新潟駅方面(西側)へ線路に沿って歩いて約10分進んだところにあります。
mizutsuchi_higashi1-7.JPG



J1へは往復で1時間以上歩くのがしんどいので、豊栄駅で無料のレンタサイクルを借りて行きました。
すごく楽です。助かりました(笑)


C J1 水の駅「ビュー福島潟」
ビュー福島潟豊栄駅南口から徒歩約30分のところにある潟湖です。
ビュー福島潟の1階〜3階は無料で入場できますが、4階より上の階は有料で一般料金で400円必要です(ちなみに、スタンプはこの施設の1階にあります)。
mizutsuchi_higashi1-9.JPGmizutsuchi_higashi1-8.JPG


豊栄駅へ戻り、白新線、越後線の電車で内野駅へ行きます。


D 西1 新潟市内野まちづくりセンター
新潟市内野まちづくりセンター」は内野駅南口から徒歩約2分のところにある西区役所西出張所と西地域保健福祉センターとの複合施設です。
mizutsuchi_higashi1-10.JPG








【スタンプラリー】
mizutsuchi-stamp-higashi.png
※実際のスタンプには色が付いています。



水と土の芸術祭 2018 目次
posted by あおはな at 02:34 | Comment(0) | 水と土の芸術祭 2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

【水と土の芸術祭 2018】S クルマを使わないスタンプラリーの旅 中央区(中1、中2、中3、J3)、江南区(江1、J4)

【スタンプラリーの旅 中央区、江南区】
8月8日に自転車(クロスバイク)を使って、中3→中2→中1→江1→J4→J3という順番でスタンプを集めてきました。
その様子を写真を添えて掲載します。

<ルート>
mizutsuchi-map-chuu.png
このルートだけで距離は約20kmでした。


@ 中3 八十八本町アトリエ
中央区本町通13番町にある、市民プロジェクト「妖怪祭り2018 in 新潟島」の地域拠点です。
フレッシュ本町商店街にあり、近隣には作品鑑賞パスポートの入場無料特典の施設のひとつでもある「旧小澤家住宅」もあります。
mizutsuchi_chuu3-3.jpgmizutsuchi_chuu3-1.jpg
mizutsuchi_chuu3-2.jpg


A 中2 礎窯(旧礎保育園)
中央区礎町通の柳都大橋付近にあり、元々は保育園だったところを地域に開かれた空間として解放している施設です。
ここでは、作陶体験や窯焚き、お茶会、展覧会など各種イベントを開催しています。
mizutsuchi_chuu2-1.jpgmizutsuchi_chuu2-2.jpg


中2から中1へ行く途中、新潟市の珍スポットとも言えるであろう、国道113号東港線バイパスの「ジャンプ台」の下を通りました。



B 中1 なじらね沼垂・しんこ屋
中央区沼垂東にあり、飲食や物販、展示スペースを備えた多目的施設です。
mizutsuchi_chuu1-3.jpgmizutsuchi_chuu1-2.jpg
mizutsuchi_chuu1-1.jpg


中1から江1へは新潟県道5号線、586号線(いずれも旧国道49号線)をひたすら走って進みました。
新潟県道5号線のうち、新潟バイパス紫竹山IC付近には鳥屋野潟エリアの旧栗ノ木排水機場もあります。
P 鳥屋野潟エリア 旧栗ノ木排水機場(鳥4、鳥5)


C 江1 えんでばよこごし
阿賀野市にほど近い江南区の横越地域にあり、横越地域の特産品の販売や喫茶店、町の人々との交流を目的とした施設です。


D J4 江南区郷土資料館
亀田バイパス茅野山IC付近の江南区文化会館内にある資料館で、江南区全域の郷土資料を展示しています。
この施設ではこの芸術祭のテーマである「水と土」に関連する資料も多く展示されています。
mizutsuchi_J4-1.jpgmizutsuchi_J4-2.jpg


E J3 清五郎八人衆(鳥屋野潟南部)
天寿園やいくとぴあ食花などの施設付近の鳥屋野潟沿いにあり、約400年前に石川県から鳥屋野潟周辺に移り住んできた八人の開拓農民たちの姿を藁で表現した作品です。
ちなみに、このあたりからは中心市街地も一望できます。
この付近には鳥屋野潟エリアの天寿園と清五郎潟もあります。
M 鳥屋野潟エリア 天寿園(鳥1〜鳥3) その1 会場の様子
N 鳥屋野潟エリア 天寿園(鳥1〜鳥3) その2 作品
O 鳥屋野潟エリア 清五郎潟(鳥6)・清五郎さん(中5)・清五郎八人衆(J3)
mizutsuchi-J3-2.jpgmizutsuchi_J3-1.jpg
mizutsuchi-J3-3.jpgmizutsuchi-J3-4.jpg
mizutsuchi-J3-5.jpgmizutsuchi-J3-6.jpg



【スタンプラリー】
mizutsuchi-stamp-chu1-3.png
※実際のスタンプには色が付いています。



水と土の芸術祭 2018 目次
posted by あおはな at 10:13 | Comment(0) | 水と土の芸術祭 2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

【大成功の新潟市BRT】番外編 BRT?LRT?モノレール?新潟市は結局どれがふさわしいか(個人的な見解)(2018/08/21初公開)【失敗はしていない】

新潟市の幹線系統の公共交通は結局BRT、LRT、モノレールのどれがふさわしいのか、これについてもいろいろ意見が分かれるところがあると思います。
というわけで、BRT、LRT、モノレールの中から私自身の個人的な見解を述べたいと思います。

結論から言うと、私自身の個人的な考えではBRTが一番ふさわしいと思っています。
理由を以下に述べたいと思います。


@ 新潟の中心市街地を通る公共交通は昔から実質JR(国鉄)とバスだけで、実質それらだけで街が発展してきており、今後もそれで行った方が良いから
新潟交通電車線は中心市街地の手前で止まったままそこから延伸されずに廃止されたので、新潟の中心市街地の発展を支えてきた公共交通は実質的にはJR(国鉄)とバスだけということになります。
これだけで本州日本海側一番で政令指定都市にもなれる都市へと発展できるというのは他の政令市にはない大きな強みだと思います。今後もそれを強みにして街づくり・再開発などを進めて行ったほうが良いのでは?と思います。


A 福岡市や名古屋市、大阪市などの大規模都市も選ぶ、これからの時代に合う都会にふさわしい公共交通だから
今の時代、新しい公共交通を作るあるいは作り直す際、富山市や宇都宮市などの中規模都市はLRTを、福岡市や名古屋市などの大規模都市はBRTを選択する傾向にあるようです。
さて、新潟市はどの規模の都市ですか?大・中・小でいうと大規模都市のほうだと思いますので、BRTがふさわしいと思います。


B 費用が安価な上、道路やルート、車両など色々融通が効くから
3つの中で一番費用が安価なのは言うまでもありません。これからのためにも他のことにも税金をかけて行かないといけないですし。
ちなみに、現在の財政状況を抜きにして考えてもこういう考えになります。
それから、専用レーン化すると街の発展や景気などに効果のある一部区間だけに専用レーンを引く、一部区間が不通になってしまった場合にルート変更がしやすい、道路に問題が起きても道路を直すだけなので早期復旧がしやすい、車両に問題が起きても代替がききやすいなど色々融通が効くのが良いと思います。


C 街の景観を損ねないどころか、雰囲気が良くなるから
LRTは路面に線路を引いたり、頭上に架線を張ったりしなければならないため、景観を損ねる恐れがあります。
それから、モノレールはLRT以上に著しく景観を損ねる恐れがあるのであまり良くないのでは?と思っています。
それらに比べ、BRTは道路の真ん中にのりばを設置するだけ、専用レーンも路面の色を変えるだけで済むので上記2つに比べれば景観を損ねることがなくなります。
それどころか、路上バス停の社会実験の際に、その路上バス停と街の景観がうまいことマッチしており、それだけで周辺の雰囲気が良くなったように感じられたので、本格的に設置すればもっと良くなるかもしれません。



と、私個人的な考えを書いてみました。
もし、反論があればコメント欄に書いてもらっても良いですよ。
posted by あおはな at 21:37 | Comment(0) | 大成功の新潟市BRT・バス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

【水と土の芸術祭 2018】P 鳥屋野潟エリア 旧栗ノ木排水機場

【鳥屋野潟エリア 旧栗ノ木排水機場】
「旧栗ノ木排水機場(鳥4、鳥5)」は新潟バイパス・栗の木バイパス(国道7号、国道49号)紫竹山IC付近にあり、かつては湿地が広がっていた旧亀田郷の水を人工的に排水する施設として活躍していました。
鳥4、鳥5の作品は無料で鑑賞できます。

<写真>
mizutsuchi_toyano2-1.jpgmizutsuchi_toyano2-2.jpg
mizutsuchi_toyano2-3.jpgmizutsuchi_toyano2-6.jpg
mizutsuchi_toyano2-7.jpgmizutsuchi_toyano2-8.jpg
mizutsuchi_toyano2-5.jpgmizutsuchi_toyano2-4.jpg

<Twitter>



【スタンプラリー】
mizutsuchi-stamp-tori4-5.png
※実際のスタンプには色が付いています。



水と土の芸術祭 2018 目次
posted by あおはな at 02:30 | Comment(0) | 水と土の芸術祭 2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする