ブログインフォメーション

当ブログは新潟県外出身の人が好き勝手に新潟のことをとことん書いて応援していく、新潟の新潟による新潟のためのブログです
Twitterでツイートした内容もまとめられて記事になります。

当ブログの記事や画像は自由に利用いただいて構いませんが、
必ず出典・URLを明記してください。


各記事へのコメントは大歓迎です。
意見、感想、応援、情報提供、反論などなど何でも受け付けておりますので遠慮なくどうぞ。
ただし、返信に関しては返信可能なコメントのみにさせていただく場合がありますのでご了承ください。

2018/07/17

注目のコンテンツ
カテゴリ
タグクラウド
新着記事
メイン記事
  

2018年03月31日

【Twitterまとめ】2018年03月のツイートまとめ

menubutton_twitter.png







★★続きを読む☆☆
posted by あおはな at 17:01 | Comment(0) | 2018年のTwitterまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

<再掲>(新潟vs金沢ならぬ)富山vs金沢?【金沢市が富山市に抜かれるのは時間の問題か?】

かつては(金沢が新潟にちょっかいをかけることにより)本州日本海側で新潟市と金沢市どちらが都市規模が上か?なんて争われていましたが、もうそんなの過去の話。
今や新潟の方が賑わいも都市規模もはるかに上であり、金沢市は
北陸新幹線開業後3年間(とその前後)の新潟市と金沢市【金沢市が富山市に抜かれるのは時間の問題か?富山vs金沢】
の記事で北陸新幹線が開業したのにも関わらずそれを生かせず、開業3年で中心市街地の衰退が加速してしまい、賑わいもさらに失ってきています。

そもそも金沢が新潟に対抗するのは完全に間違っており、それよりも我が地元富山県の富山市に追い抜かれることに危機感を持つべきではないのでしょうか?


富山市は
・平成の大合併に成功している。
・人口が41万人台
・中核市
・無料で誰でも入れる高層展望台(富山市役所)が富山駅から徒歩圏内の市街地の中にある。
・自動改札機が金沢より先に導入された。
・元JR富山港線のライトレール化と利便性向上。
・路面電車の増便・環状線化や富山駅高架下南北直通(富山駅全面高架開業後)。
・JR高山本線の増便社会実験やあいの風とやま鉄道の新駅設置。
→2018年3月には高岡市の高岡駅〜西高岡駅間に「高岡やぶなみ駅」開業。
 第3セクターに経営が移っても、何も言い訳せずに文句も言わずに新駅を設置してるのはすごいですし頑張ってると思います。
・G7環境大臣サミットが開催された。
・北陸3県の電力を管轄する「北陸電力」本店と北陸3県(と北海道)に銀行の支店を多数置く「北陸銀行」本店がそれぞれある。
・北陸新幹線開業後もJR在来線(高山本線)が残っている。
(金沢は敦賀まで開業後JR在来線がすべてなくなる)
・「コジマ×ビックカメラ」という名前のコジマの店舗が2店舗ある
(店舗名に「ビックカメラ」が入り、ビックカメラのポイントカードも使え、ビックカメラの雰囲気のある店舗。石川県にはひとつもない。)

また、富山県レベルでは、
・移住先希望ランキングで富山県が過去5年間のうち3回10位以内にランクインしており、石川県はすべてそれ以下。
(ちなみに、新潟県も3回ランクインしている)
新潟県、「移住したい」5位に上昇 若者の希望者増 県のセミナー注力奏功ー産経ニュース
・高速道路の北陸道・東海北陸道・能越道のジャンクションが金沢ではなく富山県にある
・コストコとアウトレットが金沢市ではなく富山県にある(石川県内では金沢市ではなく野々市市にある)

以上、富山が金沢に差を縮めている、あるいは勝っている項目をいくつか挙げてみました。
南北の市街地一体化に向けた富山駅高架化はあと数年後に完了しますし、それに伴って路面電車が南北を直通できるようになるので、その利便性向上の効果が今後でてくる可能性があります。
(→実はこれ、新しい新潟駅に共通していて、他にも在来線ホームのりばの数も同じ5つ(ただし、新潟駅は隣の白山駅に1つ増線することで輸送力を補完している)、全て完成する時期もほぼ同時期となってます。)

最近のYahoo!の混雑レーダーを見ていると、富山駅をはじめとした富山市の中心市街地の混雑度がアップしていますし、この調子で行けば富山市が金沢市を追い抜くのは夢ではなく、もうすでに時間の問題かもしれません。
「富山vs金沢」てことになれば、僕は当然地元富山の自慢をしまくって勝ちに導きますけどね(笑)
posted by あおはな at 00:33 | Comment(0) | 新潟vs金沢は「富山vs金沢」へと変わる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする